07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

外は乱れ髪のような雨

乱れ髪

1972年、大瀧詠一のファースト・ソロにひっそりと収録されています。

名曲です。



ごらん きみの髪がふる

↓ひっそりと応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

大瀧詠一大瀧詠一
(2012/10/03)
大瀧詠一

商品詳細を見る
関連記事
tb: 0 |  cm: 4
go page top

コメント

名曲っすね(シミジミ...)。

ただ当時の自分は「日本のロック」なんて小馬鹿にしてまして、
「何が悲しゅうて、洋楽に注ぎ込むべきレコード購入資金を、
出来損ないな日本のロック、もとい四畳半フォークなんかに
裂かねばならぬのか、その心理が理解出来ぬ!」と、早い話が
偏見と食わず嫌い(おなじ?)と、「損得勘定」...。
しかも「リズム乗りの悪い日本語でロックなんか!」という
クチ....それが当時の大勢の意見でもありました。
ですから大瀧さんを真面目に聴くのは、CMソング→ナイアガラ
って順番でした。

URL | pipco1980 #JalddpaA
2014/09/19 09:14 * edit *

面白半分様 こんばんは

このファースト・ソロは
かなり英ロックの影響が感じられて
後のソロとは雰囲気が違うのが魅力ですよね。

クサクサした気分も穏やかになりました。

URL | GAOHEWGII #-
2014/09/19 17:27 * edit *

Re: タイトルなし

pipco1980 さん
こんばんは

しみじみいい曲です。

これもリアルタイム世代の方のまさに実感といったとこなんでしょうね。
70年代前半でしょうか。洋楽はハードロック/プログレ/SSWと
洋楽名盤続出の時代だったでしょうからなおさらなんでしょうね。

私はロング・バケーションやYMOからのさかのぼりですが
すでにはっぴいえんどは”伝説”でしたので非常にすんなりと入りました。
むしろその日本語の深さにしびれたクチです。

洋楽、邦楽にしろロックの表現の可能性を広げていったスゲエ時代だったんですね

URL | 面白半分 #-
2014/09/20 01:55 * edit *

Re: タイトルなし

GAOHEWGII さん
こんばんは

そういわれればまったくその通りで
”アメリカン・ポップス”ではないサウンドでかげりがあります。

ナイアガラの原点ではなく、はっぴいえんどの延長なんですね。

気分が穏やかになって何よりですが
このアルバムこのアルバム「びんぼう」とか「あつさのせい」とか
なかなか尖った曲も多くそれも魅力ですね

URL | 面白半分 #-
2014/09/20 02:00 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1651-4f835f7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話