09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

憑き者

『憑き者』
5cm位の分厚さのノベルスです。

中身はホラー・アンソロジー
しかも全編書き下ろし。

書下ろしとのことで名作の評価が確定した作品を編んだわけではないので
大した期待もせずに数年積んでいたのですが(4cmに気後れもあり)
ちょっと読んでみたら傑作ぞろい。
面白いのなんの。
コワいのなんの。

すごいアンソロジーです。
よくもこんなにすごい作品が集まったもんだなあと感心するほどです。

版元はアスペクトのA-NOVELS
恥ずかしながら私は始めて手に取ったノベルスです。

心霊的なコワさというよりは
人間の心の闇を描いたコワさ
なんだかわからないコワさ
異形のモノのコワサ
うすきみわるい話
が主です。

スプラッター的なものは少なめで良かったです。

本当にすべて傑作と言い切っていいのかもしれませんので紹介しますと

「最後の楽園」服部まゆみ
「ママ」水城嶺子
「水晶の部屋にようこそ」藤木凜
「理想の物件」楠木誠一郎
「マン・トラップ」梅原克文
「ハリガミ」牧野修&水玉蛍之丞
「ゴージャス・ムッちゃん」犬山りん
「家に棲むもの」小林泰三
「馘」谷甲州
「未開封」西澤保彦
「ランブリング・ローズ」中山千夏
「顔」柴田よしき
「バベル島」若竹七海
「地下室」図子慧
「白い診療所」米山公啓
「スティーム・コップ」霞流一
「はかない願い」田中哲弥&朱目牌
「スッキリさせたい」山田宗樹
「甘い風」津原泰水
「熱帯夜」北原秋彦
「卵」新津きよみ
「いとしのアン」山崎洋子
「バーバー」山田正紀
「木突憑」とりみき
「求婚者たち」菊池秀行

発行は2000年なので
2014年時点での作家さんで編むとまた別の顔ぶれになるかもしれませんが
すごい面子のすごい作品群です。

見つけたら”5cm”と気味悪い表紙におののかず速攻買いです。

↓速攻で応援よろしくお願いします
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


憑き者 (A‐NOVELS)
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1645-e0b8ac8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話