09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

黒猫の遊歩あるいは美学講義

黒猫の遊歩あるいは美学講義 (ハヤカワ文庫JA)黒猫の遊歩あるいは美学講義 (ハヤカワ文庫JA)
(2013/09/05)
森 晶麿

商品詳細を見る


『黒猫の遊歩あるいは美学講義』


でたらめな地図に隠された意味、
しゃべる壁に隔てられた青年、
川に振りかけられた香水、
現れた住職と失踪した研究者、
頭蓋骨を探す映画監督、
楽器なしで奏でられる音楽……。

日常のなかにふと顔をのぞかせる、幻想と現実が交差する瞬間。
美学・芸術学を専門とする若き大学教授、通称「黒猫」は、
美学理論の講義を通して、その謎を解き明かしてゆく。

第1回アガサ・クリスティー賞受賞作!




ということです。
どこらへんがアガサ・クリスティ賞の狙いかはわからないのですが
とても面白かった。

”日常の謎”をポオの作品をからめて推理(美学講義)していくのですが
ポオだけでなくいろいろな芸術分野のペダントリーにあふれ
わけがわからないながらもキャラクターの良さもあり
楽しく読めました。

語り手であるポオ研究者の女子大学院生と「黒猫」のやりとりは
なかなかユーモラスでここらへんはいい味だしています。

衒学趣味あふれる内容と
伏線がきちんとと回収されていく様式美みたいなものは
私は好きなので本作は大変満足だったのですが
ダメな人はダメみたいでアマゾンレビューだと思いのほか評価は低いです。

↓ダメな人も応援よろしくお願いします
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1643-6aef7eff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話