09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

If I Fell

If I Fell

邦題「恋におちたら」
1964年『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』収録

基本ジョンの作品のようです。
そして本作はなんといってもジョンとポールのコーラスが絶品。

出だしはちょっと不思議な感じのメロディ。
このイントロ部のみで使われるメロディです。

続いて美しい2声ハーモニーで進行していきますが

'Cause I couldn't stand the pain 部へつながっていくところから
複雑でめくるめくハーモニーになっていきます。

さらに~ was in vain でのジョンのパートがとてもかっこいい。

そしてまた(普通に)美しい部分のパートに戻っていきます。

温かみのあるポールの楽曲とはまた違った
ちょっと冷たい、あるいは線の細いイメージがある
これまた名曲の一つです。

↓おちたら応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

ハード・デイズ・ナイトハード・デイズ・ナイト
(2009/09/09)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る
関連記事
tb: 0 |  cm: 6
go page top

コメント

↑ ↑ ↑ 
ここにも来てますね、悪質偽アフィリ。
気にせずいきましょう!

映画のこの曲を歌うシーンをもって、
ビートルズが世界の頂点に立った瞬間だと
私は勝手に思ってます。

>温かみのあるポールの楽曲とはまた違った
>ちょっと冷たい、あるいは線の細いイメージがある

ちょっとこの意見には承服しかねますねえ、
ジョン推しとしましては....(笑)。



URL | pipco1980 #JalddpaA
2014/08/29 21:30 * edit *

Re: タイトルなし

pipco1980 さん
こんばんは。

悪質偽アフィリは即刻削除だ!

”映画のこの曲を歌うシーンをもって、
ビートルズが世界の頂点に立った瞬間”

ここらへんは同時代の方々だけが感じられた瞬間なんでしょうね。

私もオジサンですが完全に後追いなのでこのような
感覚はうらやましいです。

さてさて
”ちょっと冷たい、あるいは線の細い”
ではこう言い換えてみます。

”クールで硬質”

どうです(笑)

URL | 面白半分 #-
2014/08/29 23:50 * edit *

Baby's in Black も美コーラス

この曲のハモはちょっと常人では思いつかんでしょうねえ。
天才の仕事ってのは、まさしくこういうものだと感じております。
変わった進行ではあるけど、美しさもピカイチ。スゴイですわ。
そもそも、曲としてイイというのがありますけどね。

URL | ふじつぼだんき #LWshcgts
2014/08/30 14:07 * edit *

Re: Baby's in Black も美コーラス

ふじつぼだんきさん
こんばんは

魔術的なコーラスですね。
まだまだ若造だった彼らはどこからこんなコーラスを思いついたんでしょうか
まさしく天才の仕事ですね。

Baby's in Black
これもそうですなあ。

低いパートのジョンのこぶしみたいのも効いてますね

URL | 面白半分 #-
2014/08/31 19:57 * edit *

ロマンチックで天真爛漫なアルバム
『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』を
イメージ付ける重要曲ですね♪

ポールとジョンのハモリメロディで
2曲分の名曲だと思います。
大好きな曲です(^^♪

URL | るいちゃんぱぱ #xxZpd5tk
2014/08/31 22:31 * edit *

Re: タイトルなし

るいちゃんぱぱさん
こんばんは

このアルバム、地味な雰囲気もありますが
確かに天真爛漫で キャッチーな曲が多いですね。

天才があまり真剣にならずにその天才性の勢いで作った感じでしょうか。

しかしこの二人、ハモリでも最高のパートナーなんですねえ!

URL | 面白半分 #-
2014/09/01 19:38 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1631-6e99659d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話