09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

猫は知っていた

江戸川乱歩賞全集(2)猫は知っていた 濡れた心 (講談社文庫)江戸川乱歩賞全集(2)猫は知っていた 濡れた心 (講談社文庫)
(1998/09/14)
仁木 悦子、多岐川 恭 他

商品詳細を見る

『猫は知っていた』
1957年第3回江戸川乱歩賞受賞作です。

第1回受賞は『探偵小説事典』
第2回受賞が”「ポケットミステリ」の出版”なので
本作が小説では初の受賞となります。

個人病院で起る殺人事件を
仁木雄太郎と悦子の兄妹が探偵役となり解決します。

作者は登場人物と同名の仁木悦子さん

伏線が巧みに張られたオーソドックス(なにしろ昭和32年)な作品です。

見取り図がでてきたり
人間消失から物語がスタートしたり
かなりサービス旺盛な作品です。

トリックも機械的なものもあったりなかったりといろいろやってます。

地味なのは地味なのですがしっかりと伏線が回収され
本格推理になっています。

犯人も悪い人じゃなさそうなのですが
ちょっとひと殺しすぎ。

タイトル「猫は知っていた」
どう知っていたかは読んでからのお楽しみです。

↓知っていた方は応援よろしくお願いします
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

関連記事
tb: 0 |  cm: 4
go page top

コメント

これ、「恐怖劇場アンバランス」の第一回として、確か円谷が映像化してるんですよね。

この原作小説は、とにかく話が暗くて陰惨で、あまり面白いとは思えなかったなあ……。どうも仁木悦子氏の小説はのれないであります。

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2014/07/01 22:57 * edit *

Re: タイトルなし

ポール・ブリッツさん
こんばんは

恐怖劇場アンバランス、ですか。
なにやら凄そうですね。

私はそれほど陰惨な影響は感じませんでした。
しかし記事でも書きましたとおりあまりにも安易に人を殺しちゃってるなあ、
と感じました。

仁木さんのは最近(でもないかもしれない)ポプラ社文庫でポップな表紙で再販されています。

URL | 面白半分 #-
2014/07/03 22:19 * edit *

ちなみにキャストと監督。

http://nikietsuko.com/drama2.html

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2014/07/05 16:23 * edit *

Re: タイトルなし

ポール・ブリッツさん
こんばんは

ダメだ誰も知りません。
花柳幻舟?何かあった人ですね。

URL | 面白半分 #-
2014/07/06 21:19 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1567-085c5c21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話