02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

詠時感~時へのロマン

詠時感~時へのロマン詠時感~時へのロマン
(1995/10/04)
エイジア

商品詳細を見る

詠時感 ~時へのロマン

1982年発表のエイジアのデビュー作です。
デビューといってもメンバーはベテラン勢。

しかもプログレ者たち

・ジョン・ウェットン ヴォーカル/ベース(元キング・クリムゾン)
・スティーヴ・ハウ ギター(元イエス)
・ジェフ・ダウンズ キーボード(元イエス)
・カール・パーマー ドラム(元エマーソン、レイク&パーマー)

このバンドが紹介される際は
かならずこの”元○○”で語られます。

発表当時はプログレなんて(!)知らなかったので
なんだこの元○○って!そんなにエライのか!
って思っていましたが今見るとやはりエライです。

このデビュー盤はチャートで
ポール・マッカートニー(タッグ・オブ・ウォーです)と争い、

”大掛かりなプロモーションをするポールに
ほとんどプロモーションしない新人バンドが勝った”


的な記事をみかけビートルズ・ファンとしては
むしろエイジアは仮想敵でもありました。

歌もの中心であり、しかもポップなヒット曲ありで
従来の元○○ファンからは批判をうけたであろうアルバムですが
今改めて聴いてみるとプログレ臭はかなり残っている気がします。

聴き処はスティーヴ・ハウのギターでしょうか。
ただし従来の、リードかバッキングかカントリーかフラメンコか
なにを弾いているのかわからない独特のスタイルではなく
かなりフツーのロック・ギターではありますが大活躍です。

まだ”臭み”が残っているタイプのSole Survivor


↓臭み好きはに応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村

詠時感=エイジアの当て字は日本盤担当者の心意気?
関連記事
tb: 1 |  cm: 8
go page top

コメント

いちおう、メンバーの経歴を知っていましたので
当時は、このバンドのキャッチー(過ぎる?)なサウンドには驚きましたw。
ハウ先生が、自分の思い通りにギターを弾いていたら
どうなっていたことでしょうね(^_^)

URL | るいちゃんぱぱ #xxZpd5tk
2014/05/27 21:23 * edit *

Re: タイトルなし

るいちゃんぱぱさん
こんばんは

私はこのメンツのすごさは当時は知らなかったので
その知ってる方々の感覚はつかめなかったのですが
やはりそういうことなんですね。

ウェットン先生も男くささを抑えてますし
物足りない部分はやはりあったんでしょうね

ハウ先生ですが
いわゆる普通のロック・ギターですが
わかりやすい上手さ、というかクセは少ないですね。

好き勝手に弾かせたら売れてなかったりして

URL | 面白半分 #-
2014/05/28 21:47 * edit *

エイジアの功績は、エイジアのメンバーのルーツを追って、プログレにはまった方々もいるという事ですよね。

デーモン閣下が影響を受けたアルバムの一つに挙げていましたね。

URL | torioden #-
2014/05/29 11:26 * edit *

臭みも灰汁も味のうち

懐かしか~ ですね。
元●●メンツにしてはポップというのも驚きでしたが、
当時の世相を反映したような明るさにもビックリでした。
当時はちょっと…と思ってたけど、今聴くとヨイですね。
わたくし、結構ジョン・ウェットンのボーカル好きなんです。
UKの時もカッコよかったしなあ…。

URL | ふじつぼだんき #LWshcgts
2014/05/29 21:29 * edit *

Re: タイトルなし

toriodenさん
こんばんは

なるほど、ここから遡ってイエス、ELP、クリムゾンを知るという
素晴らしい体験をした人もいたんですね。

しかしメンバーも過去が凄すぎるだけに
エイジアではかなりの批判を覚悟でやったのかもしれませんね。

閣下の愛聴盤だったとは意外といえば意外
でも様式美というのであれば通ずるのかも


URL | 面白半分 #-
2014/05/29 22:52 * edit *

Re: 臭みも灰汁も味のうち

ふじつぼだんきさん
こんばんは。

臭みも灰汁も味のうち・・・なるほどです。

過去の作品を聴きこんだ方々からみると
ちょっと明るさにアレレの部分もあったんでしょうが
普通に80年洋楽として聴くとむしろ陰鬱さもて感じられますね。

当時は売れましたが30年経った今こそ評価すべきアルバムかもしれませんね。

URL | 面白半分 #-
2014/05/29 22:56 * edit *

こんばんは。
私は元のバンドをほぼ知ってたクチでしたが、その頃傾倒してた渋谷陽一が「産業ロックバッシング」してたので、乗っかって批判してました。 今聴くとそんなに悪くはないですが。
しかし、このエイジアとイエスのロンリーハーツによって、私の中でプログレは産業ロックの手先という負のイメージが付いて、その後プログレ嫌いが長く続くのでした。
と言った意味で、マイルストーン的アルバムと言える?
ちなみにプログレを見直し始めたのはつい最近で、ビートクラブを見たことからです。

URL | yuccalina #qhVXTLRM
2014/06/01 21:01 * edit *

Re: タイトルなし

yuccalinaさん
こんばんは

いわゆる産業ロックですが元プログレだけでなく
ハードだったバンドをバラード・バンドにさせてしまうなど
まあいろいろあったようですよね。

yuccalinaさんも
そういったところの不満もいろいろあったんではないでしょうか。

それで矛先がプログレへ向かった?!

まずはビートクラブでプログレ見直しが始まったとのことで
なによりです。

ビートクラブって知ってる人はもちろん
70年代の熱い音楽を知らない世代にとってもすごく良い教材かもしれませんね。


URL | 面白半分 #-
2014/06/02 21:55 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1534-b7afd9e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

私的青春のラヂオ「サウンドストリート」の思い出と「SONG TO SOUL~アイム・ノット・イン・ラヴ編」

平日の朝、トモローを学校へ送り出した後は8時から、インターFMの「バラカン・モーニング」(詳細は下記ホームページへ)で音楽を楽しみながら、家事をするとこが多いブログ主です。放送は月から木曜日の7~10時ですので、すべて聴いてる訳ではないんですけどね。 インターFM 「バラカン・モーニング」 で、本日は自分とラジオの付き合いについて振り返ってみたいなあと。以前お笑いのエントリーでは、「...

ユッカリーナのノタリノタリヨガ日記
2014/06/08 07:12
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話