09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

Guitar Drums N Bass ~ デレク・ベイリー

Guitar Drums N BassGuitar Drums N Bass
(1997/03/18)
Derek Bailey

商品詳細を見る


Guitar Drums N Bass
1996年作品。

デレク・ベイリーは英国ギタリスト。
1930年生まれですのでこの作品はなんと66歳のときの作品。
ドラムンベースに彼のギターが乗っかるということで
このサウンドは私としてはは全く違和感ないです。

といいますかドラムンベースもデレク・ベイリーも実は詳しくないので
「ブリティッシュ・ジャズ・ロック」という本から引用します。

フリー/アヴァンギャルドの我が道を行く鬼才デレク・ベイリーが
96年に踏み込んだ新たな領域が、ドラムンベースとの邂逅だった。

混沌としたスピード感にあふれる倍速ブレイクビーツに
ベイリーは一歩も引かず、絶妙の間合いでハイテンションの
即興演奏を繰り広げている。


しかしこのような評価のある一方、
ここでの”ビート”が
むしろ往年のファンからは不評だったようでもあります。

↓これが本領のようです。ぶったまげました。


↓絶妙の間合いで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村

デレク・ベイリーは
キング・クリムゾンのパッカーション、ジェイミー・ミューアとも
競演アルバムを残してますがこちらは未聴。
プログレ専門店でも見かけた事さえありません。

関連記事
tb: 0 |  cm: 4
go page top

コメント

近所の中学生の男の子が
最近エレキギターを始めたようで
ぴよ~んぴよ~んと聞こえてきます。

どちらも、たどたどしく聴こえますが
デレクさんの方が明らかにお上手です(^_^)

URL | るいちゃんぱぱ #xxZpd5tk
2014/05/23 20:23 * edit *

デレク・ベイリーは一瞬のひらめきや衝動を即座に音にできるフリージャズの名手ですね。

URL | わんわんわん #-
2014/05/23 21:19 * edit *

Re: タイトルなし

るいちゃんぱぱさん
こんばんは

何点か映像をみましたが
このぴよーんぴよーんか、がしゃがしゃとかき鳴らすのばっかりで手ごわいです。

そんな中本作はドラムンベースと相性が合ってしまった作品のようです。
私はわかりやすくでむしろOKですがうるさがたはそうではないようです

URL | 面白半分 #-
2014/05/24 18:01 * edit *

Re: タイトルなし

わんわんわんさん
こんばんは

フリージャズ界というのは恐ろしいところですねえ。
まだまだ私は理解が足らぬようです。

それゆえ本作の聴きやすさはありがたい感じです。

デレク・ベイリーはキング・クリムゾンのメンバーとの共作アルバムの件で
名前を知りましたがそのアルバムは聴き易いほうなのかどうか。

衝動がぶつかりあって音楽を作っていたら
凄いものが出来上がっているのかもしれませんね

URL | 面白半分 #-
2014/05/24 18:06 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1530-12cc6f2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話