09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

迷える僕

迷える僕 I Can't Tell The Bottom From The Top

1970年のホリーズのシングル曲。

ホリーズはグラハム・ナッシュがいたバンドというくらいで
全く詳しくないのですが、調べたところ、
この曲はガイ・フレッチャー&ダグ・フレット作、という事です。

さらにはこの二人ホリーズのメンバーでもないようです。

ホリーズ・ファンの中で
メンバー意外が作ったこの曲の位置付けがわからないのですが
私はこの曲が大好き。

なぜかずっとエルトン・ジョンが作った曲と思っていたほど
出だし、サビのメロディと盛り上がり方はエルトン・ジョンっぽいです。
(ストリングスの入れ方もそんな感じ)



↓迷ったら応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 6
go page top

コメント

No title

面白半分さま こんばんは

HOLLIESはかなり好きです。
コーラス・グループとしては英ビート随一ですね。

作曲についてですが特に初期はグラハムナッシュ始め、メンバーはほぼ関与しておらず、
純然たるアイドル売りがされていたと思います。
職業作家黄金時代ですし。

「butterfly」辺りでサイケ・ビートルズに感化されて作曲を積極的にしていましたが、
すぐに渡米。→CSN&Y。

この頃のHOLLIESはやや地味かもしれません。
コーラス・グループとしても初期の方がみずみずしいですし。

しかし、この曲、特段意識していませんでしたが確かにいいですね。

さて作曲家コンビですが、この二人はベイ・シティ・ローラーズやフランク・ヴァリのいたフォー・シーズンスにも曲を提供しているようです。アメリカのバブルガム・ポップの影響を受けた、コーラスが入ったポップ・ナンバーを得意としていたのでしょう。
ガイ・フレッチャーはキーボード奏者で
ロキシー・ミュージックやダイアー・ストレイツで活躍します。



URL | GAOHEWGII #-
2014/04/23 17:32 * edit *

No title

ホリーズはビートルズ関連本によく登場しますので
バンド名だけは知っています。
グラハム・ナッシュが在籍していたとはビックリですw。

この曲、たしかにエルトン・ジョン調です(^^♪

URL | るいちゃんぱぱ #xxZpd5tk
2014/04/23 19:20 * edit *

Re: No title

GAOHEWGII さん
こんばんは。

細かい情報ありがとうございます。
作曲家コンビなんですね。イイ曲作りますね。

こんどこの人たちをキーワードに曲を探してみいます。
結構知らずにいるだけで好きな曲がいっぱいあったりしそうです。

ホリーズはベスト盤1枚だけのつきあいですが
バス・ストップだけは前から知っていました。
この曲は英国っぽいですね。そして日本人好みのメロディです。

URL | 面白半分 #-
2014/04/23 22:25 * edit *

Re: No title

るいちゃんぱぱさん
こんばんは

わたしはCSNからホリーズに遡ったようなものです。

ヒット曲もおおい名グループですね。

この曲のエルトンっぽさってわかったいただけましたか。
エルトン・ジョン本人に歌ってほしいところです。

URL | 面白半分 #-
2014/04/23 22:29 * edit *

No title

面白半分様 こんばんは

ちなみにバス・ストップは後に10ccに加入するグレアム・グールドマンが作っています。

URL | GAOHEWGII #-
2014/04/24 18:46 * edit *

Re: No title

GAOHEWGIIさん
こんばんは

おっ!アイム・ノット・イン・ラヴの人ですね

バス・ストップも優れたライター起用ってことなんだなあ。

URL | 面白半分 #-
2014/04/24 21:25 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1496-2f6826e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話