07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

歌に愛をこめて

ふとした時とあるメロディが頭の中を駆け巡るときってありませんか。
しかもその曲のタイトルなど諸情報が抜け落ちてる。

最近のそんな曲こそ
ポール・マーカートニーの「歌に愛をこめて」

サビ近辺のメロディと
はぴねすいーあほーほー(詩がわからなかった)のメロディ。

名盤『ヴィーナス&マース』の3曲目という位置にありながら
普段はあまり意識しない曲でした。

意識していなかったせいか
このメロディは何だったっけと思った時に
『バック・トゥ・ジ・エッグ』あたりではないかとあたりをつけました。
「ラヴ・アウェイク」のメロディの一部分かなと思ってみたり。

今日改めて聴きましたが
これは名曲です。

実に地味な出だしからはじまりますが

I can see the places that
We used to go to now
Happiness in the homeland

とくるあたりのメロディはトリハダものです。

全体的には東洋的なアレンジもあるこの曲。
実はポールもお気に入りの曲だそうです。

再来日時はこの曲も演奏してくれないかなあ。



↓愛をこめて応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


Venus And MarsVenus And Mars
(1975/01/01)
Paul McCartney and Wings

商品詳細を見る
関連記事
tb: 0 |  cm: 4
go page top

コメント

No title

いやいや嬉しい限りです!!
これは間違いなく大名曲です。
I can see the places~の一節には
私も毎度の鳥肌状態ですw。

Happiness in the homelandの部分につきましては
私は子供の頃に野球をやっていた関係で
「はっぴねす・いず・あ・ほーむらん」と聞こえました(^^)v

〝幸福とはホームランを打つことなり〟

URL | るいちゃんぱぱ #xxZpd5tk
2014/04/19 12:19 * edit *

Re: No title

るいちゃんぱぱさん
こんばんは

おお!!!!
どうやらるいちゃんぱぱさんもこの曲お好きなようで。
タイトル等すぐ出てこなかったのは情けない限りですが
もう忘れません!

「はっぴねす・いず・あ・ほーむらん」
歌詞を確認したいまでもこれで覚えちゃいそうです!

ポールにはヒット曲やメジャーな曲以外で
聞き流してしまっている曲がまだまだありそうです。

記事にも書いた「ラブ・アウェイク」もいい曲ですしね。

URL | 面白半分 #-
2014/04/19 21:19 * edit *

No title

シングル、「あの娘におせっかい」のB面

人生の10枚に、ビューナス&マースを入れるにあたり、
この曲はA面で重要な位置を占めているとつくづく思うのである。

ボックスでたら有無を言わず買いたいと思っていたのに、
なぜか、バンド・オン・ザ・ランボックスから、ウイングスUSAライヴボックスへとワープした。

あぁ、そういえば、仕事で聞きそびれたラジオ特番の「プログレ三昧」の何度目かで、
この曲を一部流していたとか。

間奏のキーボードの部分の音色がプログレっぽいので、取り上げたのだと思います。

URL | torioden #-
2014/04/23 16:20 * edit *

Re: No title

triodenさん
こんばんは

人生の10枚の「ヴィーナス&マース」
びしびし重いが伝わってきます。

出ないわけないですよ。ボックス。すごい企画を練っているのでは!

「あの娘におせっかい」のB面だったとは気づいてませんでした。
やはりお気に入りの曲なんですね。

「プログレ三昧」での放送も知りませんでしたが
たしかにあの部分はソレっぽいですね。
あそこも好きなんだよなあ。やっぱり名曲ですね

URL | 面白半分 #-
2014/04/23 22:20 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1494-d5865095
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話