09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

緋色の研究

緋色の研究 (シャーロック・ホームズ 6)緋色の研究 (シャーロック・ホームズ 6)
(2012/10/25)
アーサー・コナン・ドイル

商品詳細を見る


『緋色の研究』

記念すべきシャーロック・ホームズ譚の第1作。

知らなかったのですがホームズとワトソン博士って旧知の仲ではなくて
共通の知り合いの紹介でルームシェア(そこがベーカー街)してからの仲なんですなあ。

本作ではホームズもワトソンもまだギクシャクとした関係です。

内容はというと
前半のいかにもホームズらしい決め付け方?推理譚部分も面白く
また後半の真犯人の動機を描く冒険小説的な部分も面白く
まったく飽きさせられないで読み終えました。

短編集「シャーロック・ホームズの冒険」も未読ですし
これからホームズ譚を読むのが楽しみです。

いやあ古典にはやはり魅力がありますなあ。

↓ギクシャクと応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

No title

面白半分様
こんばんは

自分の音楽ブログでも本紹介をしていたのですが
最近サボりがちで・・・。

これからホームズが楽しめるとは羨ましいです。
僕が読んだ頃は新潮文庫の文字がやたら小さくて、
苦労した思い出があります。

URL | GAOHEWGII #-
2014/02/09 13:47 * edit *

Re: GAOHEWGII さん

はい。羨ましいでしょう。
といいますか今まで読んでいなかったのがマズイですよねえ。

読んでいなくても誰でもイメージで語れる偉大な人物であります。

昔の新潮文庫は文字が小さかったですね。
たしかに活字として読みやすい本と読みにくい本ってありますね。

GAOHEWGIIさんの記事は内容が濃いから
結構記事作成に時間がかかるのでは。
オススメ本ご紹介楽しみにしています。

URL | 面白半分 #-
2014/02/09 17:28 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1423-f0bbfe5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話