09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ベガーズ・バンケット ~ ザ・ローリング・ストーンズ

ベガーズ・バンケットベガーズ・バンケット
(2010/11/24)
ザ・ローリング・ストーンズ

商品詳細を見る



『ベガーズ・バンケット』

1968年発表。
あの「サタニック・マジェスティーズ」の次のアルバムで
その反動もあるのか評価の高いアルバムです。

カントリー調のブルース(こういう表現ありましたっけ)が多いような気がします。
普通のロックタイプの曲もありますが
ある種の胡散臭さがみなぎっています。

「悪魔を憐れむ歌」
ロックンロールではない絶妙の塩梅さを持つ不思議な曲です。
途中切り込んでくるギターも強烈ですが
一番のポイントは
延々繰り返される「フッフー」というコーラス。
この単純な、まるでリフのようなフッフーがいいですね。
主のメロディはどうなっていたかなんて思い出せないくらいです。

「ストリート・ファインティング・マン」
これはカッコいい。
サイケ感や民族音楽感が滲み出てきて
独特の世界を作っています。
なんだかつんのめりそうなリズムもイイ。

ちなみにビートルズの「ホワイ・ドント・ウイ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード」は
この曲の返答歌としてポールが作ったなんていわれています。



↓道端で応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 8
go page top

コメント

No title

こんにちは。「悪魔を憐れむ歌」は西インド諸島(カリブ周辺?)音楽の影響があると、どこかで読んだことあります。ビートクラブ見てても、エディ・グラント(ガイアナ出身)のバンドThe Equarlsが出てきたり、60年代後半から既にワールドミュージックの萌芽が見られるんですよね。東洋思想を含め、インドの影響も強かったと思います。

URL | yuccalina #qhVXTLRM
2014/02/14 09:08 * edit *

No title

この作品から数年間のストーンズは
もしかしたらビートルズと同じくらい好きかもしれませんw。

「悪魔を憐れむ歌」を最初に聴いた時なんかは
聴いてはいけないものを聴いてしまったような
そんなヘンな感動がありました(^_^)

URL | るいちゃんぱぱ #xxZpd5tk
2014/02/14 19:09 * edit *

No title

面白半分様

こんばんは

僕はストーンズはスティル・ライフから入って
それをベスト盤感覚で捉えていました。

なのでガンズが「悪魔を憐れむ歌」をカバーした時が本当のストーンズへの目覚めだったかもしれません。
黒魔術的な感じがたまらないですよね。

基本的にはスワンプ方面へ向かっている作品ですが、
仰るとおりサイケやインド要素の名残が感じられるのは
過渡期ならではの味わい。僕も大好きです。

URL | GAOHEWGII #-
2014/02/14 22:01 * edit *

Re:yuccalina さん

yuccalinaさん こんばんは。

60年代後半からのロック・シーンというのはいろいろ面白い動きをしていたんですね。

西インド諸島ってところでいえば
打楽器の扱いあたりがそのような気もします。

ストーンズも敏感に時代に対応していると思いますが
本作でのワールド的な視野はかなり早いもののようですね。

URL | 面白半分 #-
2014/02/14 22:40 * edit *

Re: るいちゃんぱぱさん

るいちゃんぱぱさん こんばんは。

るいちゃんぱぱさんがビートルズと同じくらい、というのだからよほどのものですね。

「悪魔を憐れむ歌」のうさんくささ(もちろん褒め言葉)は
ブルース延長上のロックから逸脱した何かを感じます。

ここらへんになにか感じるものがあったのかもしれませんね。

URL | 面白半分 #-
2014/02/14 22:44 * edit *

Re: GAOHEWGII さん

GAOHEWGII さん

スティル・ライフって聴いた事は無いのですがライブですよね。

私は同じくライブの「フラッシュポイント」を持っているのですが
シンプルに観客をノセるのもウマイし
本作のようにサイケ感やインド風味もいれたりと
やはりただものではないですなあ

URL | 面白半分 #-
2014/02/14 22:50 * edit *

No title

度々失礼します。後で気が付いたんですけど、歌のコンセプトがハイチのブードゥー教の影響受けてるのかもしれませんね。

URL | yuccalina #qhVXTLRM
2014/02/15 09:18 * edit *

Re: yuccalina さん


”ブードゥー教”ってなにやら秘密めいたイメージがあります

後にストーンズは「ブードゥーラウンジ」なんてアルバムを出していますが
それも似たコンセプトなのかな?

URL | 面白半分 #-
2014/02/16 07:40 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1421-3c29f5b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話