FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

こんなに使える経済学

こんなに使える経済学―肥満から出世まで (ちくま新書)こんなに使える経済学―肥満から出世まで (ちくま新書)
(2008/01)
大竹 文雄

商品詳細を見る

『こんなに使える経済学』

サブタイトルが 肥満から出世まで。

経済学というよりは各種データから
身近なことについてひとつの結果を導き出す(これが経済的手法?)
というなかなか面白い本でした。

それだけで結論付けていいのだろうかという
疑問もなくはありませんが
データを基に言い切るところがなかなか勉強になります。

もともと雑誌連載記事とのことで
ひとつのトピックが少ないページにまとめられており
そこらへんも簡潔でよかったです。

肥満、たばこ中毒、容姿による収入差、出世、教師の質
なんてトピックがありました。

非常にためになったトピックもありました。
「お金の節約が効率を悪化させる」

景気良くても悪くてもお金の総量は同じ。
景気良いときは使った分だけ誰かの収入になるが
景気悪いときはその使う額が少ないので誰かの収入も減る、

というのいわゆるお金が回ることについての説明ですが
本書での説明はとてもわかりやすかったです。

ついでに夕張市の財政破綻についても述べていますが
あれは単純に夕張市が悪いのではなく
夕張市だけ経済の積極策をとり、他が行わなかったので
結果的にお金が他の市町村へ流れてしまったからだとの事。
なるほどなあ。
夕張市以外もお金を使ってれば
それが夕張市にも流れていてあんなことにはならなかったんですね。

と、経済問題はもちろんそれだけの要因で片付くわけではないのでしょうが
ちょっとものしりになった気分です。

↓ちょっと応援お願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1402-34a70bed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話