09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

パイプス・オブ・ピース

パイプス・オブ・ピース(紙ジャケット仕様)パイプス・オブ・ピース(紙ジャケット仕様)
(2000/04/26)
ポール・マッカートニー

商品詳細を見る

「パイプス・オブ・ピース」

1983年発表。

初めてリアルタイムで購入したポールのLPが本盤でした。
(その際、ジョージの「ゴーン・トロッポ」も買ってます)

その際の第一印象は”地味”でした。

このときまでには
ウイングス等での最強の楽曲群を聴きこんでいたので
それらから比べると
地味だし何しろ豪快なロック的な曲がありませんでした。

ロックンロールやある種のバラードでの
絶叫ヴォーカルが好きだった私は若干の失望を覚えていました。
(「ソー・バッド」なんて対極ですよね)

またマイケル・ジャクソンとの競演も
話題づくりか、なんて思ってしまってもいました。

当事の音楽誌の評も
私の感想と同じようなものが多かったように思えます。

そして曲構成の不統一感。
競演、共作、お遊び的なものなど取り入れていますが
なにかちぐはぐです。

どうしてもそんな風に感じてしまうアルバムですが
実は芳醇なメロディで埋め尽くされる「パイプス・オブ・ピース」
確か”息をのむほど美しい”というコピーがあった「ソー・バッド」
どう聴いてもポール節の「スウィート・リトル・ショー」
なんていい曲もやはり存在します。

そしてあるとき以降
大好きになってしまった「もうひとりの僕」
派手な展開もなく淡々と進みますが
こういうキャッチーな曲もポールの得意分野ですね。

↓いま改めて聴きましたが本当にイイ曲です!


↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

No title

AOR路線というかロックしていない作品で
私も当時困惑してしまいましたw。
「ソー・バッド」はファルセットでなくても…もったいない
とかいろいろあります。
ただ、ポール節は随所にみられるので
いまは楽しんで聴けますけどね(^^♪

URL | るいちゃんぱぱ #xxZpd5tk
2014/01/04 09:12 * edit *

Re: るいちゃんぱぱさん

まさに”困惑”という言葉が当事のファンの気持ちを言い表していますね。

やはり若干の停滞期ではあったのかもしれません。

しかしこれが30年前!

ニューアルバムは好調で、すごいね。ポール!


URL | 面白半分 #-
2014/01/05 10:01 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1385-98eb4f32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話