09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

孔雀の道

孔雀の道 (双葉文庫―日本推理作家協会賞受賞作全集)孔雀の道 (双葉文庫―日本推理作家協会賞受賞作全集)
(1996/05)
陳 舜臣

商品詳細を見る

「孔雀の道」

毎度御馴染み日本推理作家協会賞受賞作全集です。

英国人の父と日本人の母とのあいだに生まれた日英混血女性ローズ・ギルモアは、13年ぶりに日本の地を踏んだ。
5歳のとき神戸で起こった母の焼死事件の真相を知ろうとしたが、関係者の反応は不可解なものだった。
やがて、亡き父を巻き込んだ戦前のスパイ事件の影が浮かび上がる。


という事でいろいろ当時の社会情勢がわかっていないと読むのが大変なスパイものかと思い
読んでいなかったのですが、
このスパイ事件そのものは物語の核ではありませんでした。

それほどストーリーに複雑な展開を持たせないで
すこしづつ物語の全体像が見えてきたり、
登場人物もエキセントリックな人物など配さないところなど
地味ながら良い作品と感じました。

これはこの時代の新しく強い母と娘の物語であったようです。

↓強い応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1373-05f5d6ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話