07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

MM9

MM9 (創元SF文庫 )MM9 (創元SF文庫 )
(2010/06/24)
山本 弘

商品詳細を見る


地震、台風などと同じく自然災害の一種として“怪獣災害”が存在する現代。
有数の怪獣大国である日本では気象庁内に設置された怪獣対策のスペシャリスト集団“特異生物対策部”
略して“気特対”が、昼夜を問わず駆けまわっている。
多種多様な怪獣たちの出現予測に、正体の特定、自衛隊と連携しての作戦行動…。
相次ぐ難局に立ち向かう気特対の活躍を描く本格SF+怪獣小説。


ということでそれほど”怪獣”に愛着もないし
なんとなくオチャラケたヒロインものかと思い、ずっと積んでいたのですが
ようやく読んでみたところ本格SFテイスト十分の傑作でした。

実際はこのような巨大な怪獣が
生物学上”いかにも怪獣”という形で生存できないところを
多重人間原理なるものを持ち出して
理屈付けしているところなどこれはSFならではの面白さです。

また現実の世界(ビッグバン宇宙)と対比し
怪獣が生存する「神話宇宙」なんてものを持ち出してみたり
大法螺吹きまくりの楽しさです。

さすが「と学会」会長!

↓吹いて応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

No title

続編も面白いですよ。新たなキャラクターも登場し、ファンは第三巻が出るのをイライラしながら待っています(^^)

テレビドラマもツボをついたつくりで、SFファン涙ものです。

まあ、このシリーズにハマると、「こないだの埼玉の竜巻では気特対はたいへんだったろうな」などと不謹慎に盛り上がってしまうので、話す相手には注意が必要ですが(^^;)

テイストはまったく異なりますが、「ウルトラマン」について恐ろしいほどのSF考察をした作品に、小林泰三先生の「ΑΩ」という怪作があります。なぜウルトラマンがあの大きさなのか、なぜ身体が銀色なのか、スペシウム光線とはなんなのか、なぜ三分間しか戦えないのか、ということにすべて回答してしまっているそうです。何度か挑戦していますが、ホラータッチなので読んでてつらくてまだ未読了……(^^;)

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2013/10/05 16:34 * edit *

Re: ポール・ブリッツさん

続編あり、ドラマ化ありと人気の作品なんですね。

怪獣、多次元、古代史とどんどんネタを放り込んでくるあたり
楽しく読了しました。

近年の気象状況をみていると
気特対って活躍の場がありそうだな、などと確かに思ってしまいますね。

さて「AΩ」って気になってはいるのですが
グロい要素が大きそうで恐ろしくて購入していないのですが
そういうことであればぜひ読んでみたいと思います。

URL | 面白半分 #-
2013/10/06 16:14 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1286-328e2dd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話