09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

エマーソン、レイク&パウエル

エマーソン、レイク&パウエル+2エマーソン、レイク&パウエル+2
(2013/03/20)
エマーソン、レイク&パウエル

商品詳細を見る

毎度お馴染みEL&Pの1986年の作品です。
お馴染みいっても”はP”のドラムはカール・パーマーでなくコージー・パウエルです。

本作は、当事エイジアに参加し調子のよかったパーマーが参加しなかったため
パウエルが呼ばれたようで
ともに略語は EL&Pとなりました。

しかしこのフォーマットは本作1作で案の定解散し、
今度はグレッグ・レイク抜きで
キース・エマーソンとカール・パーマーとロバート・ベリーで ”3”なんてバンドに生まれ変わります。

グレッグ・レイクもライヴでジョン・ウェットンの代役でエイジアに参加したりして
カール・パーマーと組んでみたり
このエマーソンとレイクとパーマーの3人はいろんな組み合わせを実践していたんですなあ。

さて本作は
いかにもキース・エマーソンのシンセ・ソロ・アルバムといった趣ですが
グレッグ・レイクもなかなかの歌いっぷりです。

コージー・パウエルは詳しくないのですが
本作ではそれほど張り切っていないような気がします。

全盛期が凄すぎたEL&Pなので
それらの作品と比べるのは酷ですが
予備知識なしで聴けばわりと80年代ロックとしてはいいのではないでしょうか

↓応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 4
go page top

コメント

No title

私も、バンド名のPがコージー・パウエルという話題性
に釣られて本作を買ってしまいました♪
当時、威勢の良かったエイジアのシワ寄せが
このバンドに及んでいたんですね(^_^)

URL | るいちゃんぱぱ #xxZpd5tk
2013/09/08 07:28 * edit *

Re: るいちゃんぱぱさん

ここらへん商売上手ですね。

カール・パーマーはここで再結成させるより
エイジアのほうが儲かると踏んだんでしょうね。

割と彼らはお金の問題を気にしてる、
と書かれてしまうタイプの人たちみたいですね。

URL | 面白半分 #-
2013/09/08 18:24 * edit *

No title

私の記憶に間違いがなければ、グレッグとしては、時系列的には、まだ70年代の声の最終スタジオ盤という事になりますよね。
その点においてはとても意義のあるアルバムだと思います。
シンセ音やフレーズは、幻魔大戦のサントラからの流用も見受けられ、今一つの感じがしました。
けっこう褒めている人が多いんですが、正直、自分はファンだから聞いているようなところもあります。
本作は、コージーの経歴を少しは飾る事にはなっているみたいですね。
この時点で来日したら、コージーの名前も加わって、武道館クラスの演奏会場は確保できたようにも思います。
ちなみに近々、ライヴ盤の紙ジャケットCD(音は既発)がでるようです。これはEL&P時代の曲も入っていて、評判が良いですね。

URL | torioden #-
2013/09/10 08:10 * edit *

Re: triodenさん

久々に聴いてグレッグの声もまだまだイケテル声であるなあ、といのが印象的でした。

ちょっとひねりのないシンセ音はそういった理由があったんですね。

この時期のライヴ盤がすでにでているとは知りませんでした。
そこへ紙ジャケ再発とは結構驚きです。

コージー・パウエルを追っかけている人から見ると
EL&P参加ってのはどういう位置になるんでしょうね

URL | 面白半分 #-
2013/09/10 22:13 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1262-5bce7bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話