09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

白い仮説・黒い仮説

白い仮説・黒い仮説白い仮説・黒い仮説
(2008/02/21)
竹内 薫

商品詳細を見る

定説を白 ウソを黒 として いろいろな仮説を説明した科学の本です。
わかりやすい文章で読みやすいです。

さて個別の内容はおいておいて
エピローグが面白い。
なぜ日本では科学の人気が低迷しているか、についての著者の見解です。

日本の科学は、敵がいないために、
かえって国民の関心を呼ぶことができない

という見解です

例えばアメリカの場合、
宗教右派(原理主義者)との聖書見解をめぐる争い
環境左派との環境問題めぐる争い
などが国民の関心事であり、科学への関心が高まるのに対し
日本では科学の一人勝ち状態になっているので
結果的に関心が低くなっているのではないか、という見解です。

なるほど、といった感じですね。

ただ「仮想敵」として「疑似科学」をあげています。
しかしそれによって科学という営為が危険にさらされることはない
、という事ですが。

↓応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

「疑似科学」ってビジネスとの親和性は良さそうですね。
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1203-22310abb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話