07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

作家の本棚

作家の本棚 (アスペクト文庫)作家の本棚 (アスペクト文庫)
(2012/05/31)
ヒヨコ舎

商品詳細を見る

タイトルどおり作家の本棚を公開しつつ
その作家が読書遍歴を語るという好企画本です。

あっ。アレがある(国書刊行会の世界探偵小説全集:有栖川有栖さん)とか
もうちょっと整理すればいいのに、とか
広い本棚でうらやましい、とか
見ていて楽しいです。

桜庭一樹さんの本屋での本の選び方が楽しい。

大きな本屋さんだと、隅っこの人のいないようなところに、
ちょっと自己主張の強い本が置いてあったりしますよね。

新刊じゃないのに、店員さんで個人的に気に入っている人がいるな、っていう。

何かどさくさにまぎれて置いてあるなっていうのがすごい気になるので、
そういうのを見たりします。


そしてやはりみうらじゅんさんはすごい人です。

もしかしたら興味あるんじゃないかなーっていうのが欲しくて。
当時、なる気はなかったけど『ふぐ調理師入門』とか買うんだよね。
何かグッとくるんだよね。いつか役に立つと思って。


さらに

大きい本屋さんは一番上から下までぐーっと見てまわります。
『イカ大百科』とかあると嬉しいじゃないですか。
でもこっちに『イカ大百科』の度量がないときには目に飛び込んでこない。



本を買うのも度量が試されているんですなあ。
確かに私も狭い分野でしか本を買わないし探さないし。反省しました。

でも『イカ大百科』は買いません。たぶん。

↓大きい度量で応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1197-4fe60a01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話