FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

セント・ラディガンズ ~ スパイロジャイラ

セント・ラディガンズセント・ラディガンズ
(2005/03/29)
スパイロジャイラ

商品詳細を見る

1971年発表。
英国フォークの割と有名どころのようです。

バーバラ・ガスキンの美しい歌声ともうひとりの男性ヴォーカルの2声体制ですが
そのもうひとりの声が美しくなく
しかもわざとヘンなように歌っている(特に1曲目の出だし)ので
ちょっと聴いて拒否反応をおこしほとんど聞いていませんでした。

しかし最近ふと聞いてみたらその出だしのヴォーカルにはやはり拒否反応がでますが
その後の展開にはなにやら和むところも感じられ
結構気に入ってしまいました。
和むとはいってもやはりブリティッシュ。
蔭りも感じられ深いものを感じます。

奇跡的な美しさのこの曲をどうぞ
「We Were A Happy Crew」


↓深く応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 4
go page top

コメント

No title

バンド名は昔から知っていましたが
イメージ的に
今の今まで、ディスコ・ミュージック・バンドかと思っていましたw。

ホントに、せっかくの綺麗な女性ボーカルを、もう1人の男性ボーカルが…。
日本のチェリッシュというデュオを思い出してしまいました(^_^)

URL | るいちゃんぱぱ #xxZpd5tk
2013/07/11 06:29 * edit *

Re: るいちゃんぱぱさん

米国に同名のフュージョン・バンドがあり
検索するとそちらが先にきます。

この男性ヴォーカルはちょっと残念ですね。
せっかくの女性ヴォーカルをねえ。

チェリッシュは・・・思い出せない!

URL | 面白半分 #-
2013/07/11 21:30 * edit *

No title

バーバラ・ガスキンはデイヴ・スチュワートと組んだテクノ・ポップ・ミュージック時代で知りました。

ポップ・シンガーとしてのバーバラはよくも悪くものっぺりした抑揚の無い感じでしたが、なるほどトラッドを歌うと、確かに美しいですなあ。デイヴさんもそこに惹かれのでしょうか。

URL | 実験鼠 #jQGwdBnc
2013/07/15 08:38 * edit *

Re: 実験鼠さん

後にはテクノ・ポップへ進んでいたんですか。
コメントから察すると
バーバラ・ガスキン狙いで聴くには微妙な感じですね。

URL | 面白半分 #-
2013/07/15 22:02 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1196-f696dd7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話