07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

もう読みたい本がない!

もう読みたい本がない! (幻冬舎ルネッサンス新書)もう読みたい本がない! (幻冬舎ルネッサンス新書)
(2011/10/25)
齊藤 祐作

商品詳細を見る


「新刊洪水」「出版物の軽薄化および消費財化」をはじめとする多くの問題から抜け出せずにいる出版業界。
出版物全体の売上が長期低落傾向を続けているのに、それを止めることができない業界の体質は、
どう考えても異常である。
本をこよなく愛する著者が、近代出版史をふまえ、出版業界が抱えている諸問題の解決策を提言し、
不況という言葉に甘んじている出版業界に喝。


という内容です。
いろいろなデータを実証として出版業界の現状を論じています。
我々が知らない出版事情まで触れていたりして
著者は本当にまじめに論じているのだと思います。

がいろいろと内容以前のところであれれと思う部分もあります。

あるブロガーの本書に対するコメントに
”悪いプレゼンの見本”とありましたが
正直なところそのような感想を持ってしまいました。

また本人の思い込み?も素晴らしく
自分の主張について

自民党や、民主党や、経団連や、連合や、
アメリカなどからは超強力なバッシングを確実に受けることが
予想されますが・・・・


なんていうところまでいってしまってます。

そういった観点で読むと意外と面白いかも。

↓バッシングせずに応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1185-c2c1c395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話