09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

騙し絵

騙し絵 (創元推理文庫)騙し絵 (創元推理文庫)
(2009/10/30)
マルセル・ラントーム

商品詳細を見る

第二次大戦末期、本格マニアのフランス人が捕虜収容所で書き上げた、
という本格ミステリです。

うさんくさい登場人物に屋敷の見取り図、
といかにもの古典的な本格モノで読んでいて楽しいです。
ユーモアある筆致もうれしいところです。

事件はダイヤモンド《ケープタウンの星》が警官たちの厳重な監視の中
偽物にすり替わってしまった、というのがメインの犯罪&トリックになります。

このトリックについては一歩間違えれば、というすでに間違っている感もありますが
バカミスと称してもいいくらいの出来ではないでしょうか。

文庫解説での表現によれば
”犯人の奇怪なトリックは、まさに ファンタジーの領域 に近づいている”

これは是非一読していただきたい作品であります。

この作者マルセル・F・ラントームですが
本人が期待するほどの評価を受けなかったらしく
フランス国内においても忘れられた作家なんだそうな。

それなら日本で再評価してあげようじゃありませんか!

↓再評価の前にこちらの応援をよろしくお願いいたします。
関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

No title

読みたいなこれは。フランスミステリけっこう好きです(^^)

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2013/06/10 19:25 * edit *

Re:ポール・ブリッツさん

おっ!

まだ読まれていないんですね。

紹介した甲斐がありました!

読了の場合はもうファンタジーの領域なトリックをご堪能ください

URL | 面白半分 #-
2013/06/10 19:35 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1168-b6437987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話