09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

裁くのは誰か?

裁くのは誰か? (創元推理文庫)裁くのは誰か? (創元推理文庫)
(1992/07)
ビル プロンジーニ、バリー・N. マルツバーグ 他

商品詳細を見る

物語は任期終盤を迎えた合衆国大統領の身辺を襲う連続殺人です。

文庫解説はこうあります。

結末の大胆さに、髪を振り乱して怒り心頭となるか、
感極まって本書を神棚に供えるか、~


さてこの結末は私は予想できませんでしたが
フェアか否かでいろいろ論議される作品ではあるようです。

本当につじつまが合っているかは再読しないとわからないかと思いますが
けっこうアヤシイのではないかなあ。

本書の惹句”技巧派ミステリの極北”が気になり手にしたわけですが
ラストの数ページ以外に至るまでの部分(大統領の苦悩やその世界)が
結構面白いのでまあ読んでみてもわるくはない作品かと思います。
なにしろ35年前の作品で
いまはこういったタイプも多そうな気もするので
衝撃度は当時と比べると落ちるかもしれませんが・・・

とすれば当時はかなりの衝撃作だったんでしょうなあ。

↓衝撃的に応援よろしくお願いいたします。

関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

No title

この小説、バカなのでわたしは大好きです。

個人的には、このコンビでは「嘲笑う闇夜」よりは「激戦! プローズ・ボウル」のほうが好きだなあ。

マルツバーグ単独作品の「アポロの彼方」はSFのマイベストです。もうムチャクチャな話(^^)

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2013/06/05 13:46 * edit *

Re: ポール・ブリッツさん

私はたまたま手に取ったわけですが
こういったところまで読み込んでいるとはさすがですねえ。

文庫の解説でもべた褒めですが
何をしでかすかわからない
すごい人たちのようですね。

教えていただいた3冊、気になるところですが
「激戦!~」はタイトル自体はさみしい感じですなあ
(そこが仕掛けだったりして)

URL | 面白半分 #-
2013/06/05 19:50 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1161-227bd758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話