09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

厭魅の如き憑くもの

厭魅の如き憑くもの (講談社文庫)厭魅の如き憑くもの (講談社文庫)
(2009/03/13)
三津田 信三

商品詳細を見る


神々櫛村。谺呀治家と神櫛家、
二つの旧家が微妙な関係で並び立ち、神隠しを始めとする無数の怪異に彩られた場所である。
戦争からそう遠くない昭和の年、ある怪奇幻想作家がこの地を訪れてまもなく、
最初の怪死事件が起こる。
本格ミステリーとホラーの魅力が圧倒的世界観で迫る「刀城言耶」シリーズ第1長編。


とのことでこのミステリーとホラーの融合ですが
何度もひどい作品に当たってきたので多少の疑いを持って読み始めました。

まずこの字ズラ(神々櫛村とか)からアヤシイ雰囲気に巻き込まれていきました。
この禍々しい旧村の世界観には圧倒させられました。

本作は
・神の視点(全体を俯瞰でき人の心も記せる)
・谺呀治紗霧の日記
・刀城言耶の取材ノート
・神櫛漣三郎の記述録
を組み合わせる構成となっていますが時系列的に並んでいるので
そこはわかりやすかったです。

ただこういう場合思わぬ仕掛けが隠されている場合もあるのでご用心・・・・

結構なヴォリュームの小説ですが
いわゆる謎解きは最後に集中します。
刀城言耶が探偵役ですが
二点三点するこの部分は大変なの面白さで、
ミステリーとして見事に収束しています。
貼られた伏線も見事に回収してるようですが
あまりに周到すぎて確認しようという気もなくなるほどです。

全体の土着ホラー的な雰囲気は大満足ですし
ミステリーとして大満足。
素晴らしい作品でした。

↓応援よろしくお願いいたします。


「カカシ様はいつでも見ている。」これ文庫の帯の惹句らしいです・・・きわどい
関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

No title

このシリーズ好きです~(´∀`)
二転三転しすぎるのがやや難点なのですが(笑)
どんでん返しモノは大好きなのですが、
どんでん返し返しして更に返すと最初の方が「???」となる悲しい脳みその私です(笑)

図書館に1冊だけなくて(なんでなんでしょう?)その1冊だけ抜けてて
どうしても読みたいんですけどね~。1冊だけ買うのも悲しいので未読です(^^;)
「鳥」がタイトルにつく本だったと思うのですが・・・

URL | igaiga #-
2013/05/09 09:36 * edit *

Re: igaigaさん

そうですか!
好きだけど、あまりの凄さにちょっとひいてしまうくらいの作品群なんですね。

わたしもぜひとも読んでみたいところです。

図書館の件ですが
シリーズ物の一冊だけない、ってのは”日常の謎”として出てきてもいい謎ですね。

ちなみに我が地域の図書館には
三津田さんの作品は一冊もありません。

URL | 面白半分 #-
2013/05/09 21:30 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1133-484ea0a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話