07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ハーツ・アンド・ボーンズ ~ ポール・サイモン

Hearts & BonesHearts & Bones
(2011/10/28)
Paul Simon

商品詳細を見る

1983年発表。
セントラル・パークでのS&G再結成コンサートが好評だったこともあり
ソロ・アルバムで制作はスタートしたが
一時はS&Gのアルバムとしての制作も考えられていたアルバムのようです。

結果的にはアート・ガーファンクルのコーラスを消して
ソロ・アルバムにおちついたせいか
S&Gファンやアートにもあまりいい評価を残していないアルバムのようです。
(ポール・サイモンのアルバムの中では売れていないようです)

私は上記のいきさつは知らずに聴いていたのですが
好きなアルバムです。
ポール・サイモンのキャリア上、決して劣るものではないと思っています。

ジャケットもサウンドも暖かみは感じにくいので
そこらへんも敬遠されている要因かもしれませんがねえ。

アレジー
いきなりモダンな冷たい音作りで
ポールらしくない曲を冒頭にもって来ました。
S&Gを期待していたむきへの反抗かとも思えますが
23年後(!)に『サプライズ』を作るポールにとっては
普通に興味のある音だったんでしょうなあ。
ギター・ソロはアル・ディ・メオラ

ハーツ・アンド・ボーンズ
美しいアコースティック・ギターの響きとゆったりとしたリズム。
ちょっと変わったメロディとともにポールがじっくりと歌い上げます。
心と骨、
ポールはなにかとBonesという単語を使うような気がするのですが
特別ななにかがあるのかもしれません。
名曲です。

ナンバーズ・ゲット・シリアス
アップテンポの明るめの曲。
エンディングのバラード調になるところが味わい深い

考え過ぎかな (b)
本アルバムには、考えすぎかな(a)もありますが
まったく別の曲です。
原題 Think Too Much で、
邦題 考えすぎかな の ”な”の部分が
ポールのイメージっぽい。

月に捧げる想い
これまた名曲。
ミディアムテンポの曲。
後半力強くなっていくボーカルも良い。

考え過ぎかな (a)
シングルで出しているかは知りませんが
キャッチーなメロディと切れのよいリズムで
シングル向きの曲。
考えすぎのラヴソング?

遙かなる汽笛に
アリスの、遠くで汽笛を聞きながら
を思い浮かべてしまいますが当然別の曲。
結婚を歌った曲のようですがここでの夫婦はすべてがうまくいっているわけではないようです。
これはポールの私小説的な歌でしょうか。
メロディは美しくサウンドはクール。これまた名曲です。
現代は Train IN The Distance
遠くに聞こえる列車の音はなにか哀愁を感じさせます。

犬を連れたルネとジョルジェット
非常に地味でスローテンポな曲です。
普通なら聞きとばしそうな曲ですが
実はこういうタイプはポールのつぶやくような美声とあいまって
結構印象に残ります。

カーズ・アー・カーズ
これは印象に残らない!
声もなにか別人っぽい。

レイト・グレイト・ジョニー・エイス
三人の偉大なジョニー(一人はジョン・レノン)を歌った曲。
イントロの不思議なアコースティック・ギターの響きは
サイモンならではの気がします。
セントラル・パークでのS&G再結成コンサート時にこの曲を演奏中、
興奮した観客がステージに飛び出すというアクシデントも起こりました。



↓考えすぎないで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ

関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

No title

良い評価を残していない作品ということですが
これまでご紹介されたポールの作品の中では
1番ピッタリきました♪

ポールが「Bones」を多用する理由が気になりますね(^_^)

URL | るいちゃんぱぱ #xxZpd5tk
2013/04/22 21:17 * edit *

Re: るいちゃんぱぱさん

本曲は
結構ファンの間では人気の曲です。

目立つ曲ではないですがしみじみいい曲です。

bonesについては調べてみたいところであります。

URL | 面白半分 #-
2013/04/22 22:03 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1115-8965c4c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話