07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

Keys to Ascension ~ イエス

Keys to Ascension 1Keys to Ascension 1
(2009/12/01)
Yes

商品詳細を見る

Keys to Ascension 2Keys to Ascension 2
(2009/12/01)
Yes

商品詳細を見る

1が1996年 2が1997年の発表です。

もはやメンバーがどうなっているのか追っかけるのもメンドーなイエスですが
本作では トニー・ケイ(Kb)とトレバー・ラビン(G)が抜け
リック・ウェイクマン(Kb)とスティーヴ・ハウ(G)が再加入しています。

ということで”黄金期”イエスです。

1,2とも半分がライヴ、半分がスタジオ新曲という
変則構成であり購入当初はライヴの方ばかり聴いていました。
(なにしろ黄金期の曲を演奏していますからね)

しかし発表から15、6年たち、うまい具合に寝かせておいた所
いよいよスタジオ新曲(もはや新曲ではないですが)に味が出てきました。
お得意の長尺曲もあります。

いまいちリック・ウェイクマンはめだっていませんが
その分スティーヴ・ハウががんばっています。
とにかく最初から最後までリズム・ギター的なことは一切せず
オブリガード的というか装飾的なフレーズを弾きまくっています。
これでこそスティーヴ・ハウです。

ジョン・アンダーソンのヴォーカル・パートも美しいだけでなく
メロディの起伏のないこれまた打楽器的というか装飾的なパートが多数でてきます。
ジョン・アンダーソンの声を楽器のひとつと捉えたかのような部分が
私にとってはイエスの魅力のひとつです。

クリス・スクワイアのベースですが
前作では力が抜けていた感があったのですが
ここではゴリゴリ弾いており完全復活です。
やはりベースがこうでないとイエスではありませんなあ。

そしてアラン・ホワイトは・・・元気に叩いてます。

本作の良さに気づくのに10年以上かかってしまったわけですが
次作「オープン・ユア・アイズ」の良さに気づくのにはどのくらいかかるのだろう。
・・・これは気づかずに終わりそうな予感です。

↓気づいたら応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

No title

私も、1&2の両方を所有しているのですが
スタジオ新曲をあまり聴いていないので
ブログで取上げるには期が熟していない状態ですw。

私の場合、スタジオ新曲は
この先も当分の間、寝かせておいて
イイ味が出てくるのを待つことになりそうです♪

本作のライブ、スッキリ良い音質ですね(^^♪

URL | るいちゃんぱぱ #xxZpd5tk
2013/04/07 11:51 * edit *

Re: るいちゃんぱぱさん

やはり1&2もってらっしゃいましたか!!

ライヴの方は確かに音がすっきりしていますね。
イエスソングスと比べるとクリアな音質です。

”新曲”は
あと2,3年くらい熟成させるとさらにいい味出てきそうですよ。

URL | 面白半分 #-
2013/04/08 21:31 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1103-cfbfdbd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話