07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

奇妙な論理〈1〉―だまされやすさの研究

奇妙な論理〈1〉―だまされやすさの研究 (ハヤカワ文庫NF)奇妙な論理〈1〉―だまされやすさの研究 (ハヤカワ文庫NF)
(2003/01)
マーティン ガードナー

商品詳細を見る

「相対論は嘘である」「進化などなかった」「虹彩を見れば病気がわかる」など、
壮大な科学理論から健康上の身近な問題まで、奇妙奇天烈な説を標榜する者は跡をたたない。
なぜそれらにたやすく騙されるのか?世に蔓延する擬似科学の驚くべき実態を、
科学解説書の第一人者がシニカルかつユーモアあふれる筆致で描く。
「トンデモ科学を批判的に楽しむ」態度の先駆を成す不朽の名著。


ということで、現代教養文庫から出ていたのを持っていたのですが
どこかで紛失してしまいました。

今回ハヤカワ版Ⅰ(Ⅱもあり)を入手出来ましたがいい本ですね。
解説は、と学会の山本弘。彼もここからスタートしたんですね。

マーティン・ガードナーの原本(IN THE NAME OF SCIENCE)は1952年刊行です。
よって当時の疑似科学への反論で、
現在ではさすがに廃れていると思われるものもありますので
もともとのネタ自体をしらないものが多かったです。
(現代教養文庫版で何度も読んだはずでしたが・・・)

現代は疑似科学も多い代わりに、
それに反論する本も多少なりとも出ているので
選択の余地があると思いますが、
気づかなかっただけかもしれませんが、昔はあまり反論本はなかったように思います。

私としては中高生あたりの時にこの本を読めてよかったと思っています。
うさんくさい本も堂々と出版されている、ということもわかりましたし。
ただ周りが、占い等で盛り上がってる中、輪に入れない、という副作用はあります。
その結果、浮いた存在になっていきます。

とすると、本書は捻くれた青年を作り出す悪書といえないこともないのか!

↓捻くれずに応援よろしくお願いします。
関連記事
tb: 0 |  cm: 16
go page top

コメント

No title

 面白半分さん

 たびたび失礼します。今日は長丁場。

 面白そうな本ですね!ひねくれるのかどうか知りませんが、現実だって、目の前にある何気ない日常だって、ふと見るといびつだったり、どう考えても矛盾してたりすることありますからね。ですから、だまされない注意、と言うのも必要かもしれないと思います。単純な僕には、キツイ箴言に見えました。

 またお願いします。もうちょい、ここをふらふらさせていただきます。

URL | satoris #-
2013/03/09 05:14 * edit *

No title

それはそれとしてツボと多宝塔いりませんか(←コラ(笑))

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2013/03/10 15:16 * edit *

Re: satorisさん

個別の中身は難しいですが
面白い本だと思います。

これを薄めたのが 初期のトンデモ本(の疑似科学の部分)なんでしょうね

URL | 面白半分 #-
2013/03/10 16:45 * edit *

Re: ポール・ブリッツさん

あっ。買います。買います。いくらですか。
保険とり崩して買います。

URL | 面白半分 #-
2013/03/10 16:54 * edit *

No title

面白半分さん

 そうですか、成程、機会があったら探してみます。なんか自分に必要な本に思えてきた(笑)。

 またお願いします。

URL | satoris #-
2013/03/10 18:55 * edit *

Re: satorisさん

私はこれからⅡ巻のほうを読んでみます。

URL | 面白半分 #-
2013/03/10 19:28 * edit *

No title

面白半分さん

お願いします。

 ただいま早速、「教養文庫」の方を、購入手続きしました。

 読んでない本が「ごろごろごろ~」っと大量にあるので、それらを片付けてから、になりますが、とにかく読んでみますね。またお願いします。

URL | satoris #-
2013/03/11 17:58 * edit *

Re: satorisさん

教養文庫 を選ばれるとは 渋いですね

URL | 面白半分 #-
2013/03/11 19:06 * edit *

No title

中身違うんでしょうか???

 理由は、何のことはない、一番安いのがあったからです。

 また、お願いします。

URL | satoris #-
2013/03/12 05:00 * edit *

Re: satorisさん

違いは・・・・

あとがきに、
”教養文庫で廃刊になったがこの度ハヤカワで・・・”

なんてコメントが追加された程度かな?

URL | 面白半分 #-
2013/03/12 21:34 * edit *

No title

 了解です。全く同じと言うことですね。安心しました。

 昨日は久しぶりに古本屋によって

 「フランス名詩選」(岩波文庫)
 「悪童日記」(ハヤカワepi文庫)

 の二冊買いました。読むのはずっと未来になりそうですが…。

URL | satoris #-
2013/03/13 05:27 * edit *

Re: satorisさん

読まずとも気になる本を買っておくのも古本道であります。

URL | 面白半分 #-
2013/03/13 21:09 * edit *

No title

だまされやすさ。届きました

URL | satoris #-
2013/03/15 20:50 * edit *

Re: satorisさん

私はⅡを読もうと思ってましたが
なかなか着手できません

URL | 面白半分 #-
2013/03/15 22:34 * edit *

No title

まだ未開封です。

 とにかく本が多すぎて、よしゃあいいのにさらに買うもんだから…。

 でも、とにかくいつかはきちんと読みますんでね。買った、手にしてることですしね。

 お願いします。

URL | satoris #-
2013/03/16 04:54 * edit *

Re: satorisさん

増える本の扱いは悩みどころですね

URL | 面白半分 #-
2013/03/16 17:28 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1073-03e0b501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話