09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

本にだって雄と雌があります

本にだって雄と雌があります本にだって雄と雌があります
(2012/10/22)
小田 雅久仁

商品詳細を見る

このキャッチーなタイトルに惹かれましたが
著者の名前を見てすぐに『増大派に告ぐ』の人だ、と分かった私もなかなかのモンです。

なかなか説明しづらい小説なので
「BOOK」データベースより引用

大阪の旧家で今日も起こる幸せな奇跡。
本だらけの祖父母の家には禁忌があった。
書物の位置を決して変えてはいけない。
ある蒸し暑い夜、九歳の少年がその掟を破ると書物と書物がばさばさと交わり、
見たこともない本が現れた!
本と本が結婚して、新しい本が生まれる!?
血脈と蔵書と愛にあふれた世界的ご近所ファンタジー。


幼い息子宛てへの手記、というスタイルなのですが
比喩などの表現が面白く、一行一行でくすりとしてしまう(本当ですよ!)すごい作品です。

なんとなあく井上ひさしの『吉里吉里人』を思い浮かべてしまいましたが
両者ジャンルでいえばマジック・リアリズムとの事のようです。

いやそんなことはどうでもよいくらい面白い本で
ネットの書評を見ると物凄い高評価になってるみたいです。

結局この記事ではどんな内容か分からないと思いますが
本屋で見かけたら冒頭1ページだけでも読んでください!
そしたらもうこの本の虜です。

↓珍しく興奮してますが応援よろしくお願いします。
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1068-841c1256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話