07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ショートショートの世界

ショートショートの世界 (集英社新書 (0308))ショートショートの世界 (集英社新書 (0308))
(2005/09/16)
高井 信

商品詳細を見る

ショートショートの定義や歴史を総括する本です。

定義といっても人それぞれでしょうから難しいでしょうが
著者は「約20枚以下のアイデア・ストーリー」と定義しています。
なるほど、という感じです。

先達もいろいろいっているようですが有名な定義は
”最も重要な三要素”、でしょうか。
・完全なプロット
・新鮮なアイデア
・意外な結末

都筑道夫はこう位置づけています。
「キザないい方をすれば、一瞬のフラッシュの中に全人生を描き出す」
うーん。キザ。

この本は
こういった先達の証言や作品(中身でなく)の紹介が多く
ブックガイドとしても楽しめて
改めてショートショートを読んでみたくなりました。

ショートショートよりさらに短い形式にもふれていて
有名ですが例えばこんなのが紹介されています。

<史上最短のSF>
時間は終わった。昨日で。(ロジャー・デイリー作)

世界で一番短い物語。
《人類最後の男が机に向かって遺書を書いていた。すると、ドアにノックの音が・・・・》
(T・B・オールドリッチ原案)

「もしイブが妊娠しなかったら」エドワード・ウェレン
なんとタイトルだけで本文のない作品!


ショートショートといえばやはり星新一ですが
星氏自らこんなことを述べています。

人間と人物とは必ずしも同義語ではない。
人物をリアルに描写し人間性を探求するのもひとつの方法だろうが
唯一ではないはずだ。
ストーリーそのものによっても人間性のある面を浮き彫りにできるはずだ。

人物描写に反発するあまり、主人公がほとんど点と化してしまった。
私がよく登場させるエヌ氏のたぐいである。


”エヌ氏”にはこのような背景があったんですね。

↓応援よろしくお願いします。


ノックの音がした。
うちにはノックはついてないのに・・・
関連記事
tb: 0 |  cm: 2
go page top

コメント

No title

御製の二行ホラー、単に誰かが引き戸か壁をゲンコツでガンガン殴っただけじゃねえのか、と突っ込んでみる(笑)

ジャック・リッチーの作品ではこういうのがありますね。

「すべてが終わったとき、世界に人間はふたりしか生き残っていなかった。二十年後、年上のほうの男が死んだ」

ここからリッチー先生はさらに削るつもりだったというから恐れ入るというかなんというか(^^;)

ちなみにわたしは「もしイブが妊娠しなかったら」を読んだ後、「最終戦争ののち世界は」というショートショート(?)を書いたことがあります。書くというより、戦争の荒廃を示すため、原稿用紙を丸めてぐしゃぐしゃにしたのですが。意気揚々と高校のサークルに持って行ったら、「どうやって会誌に載せるの?」といわれてしまったであります(笑)

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2013/03/02 13:23 * edit *

Re: ポール・ブリッツさん

メディア初登場?の拙作2行に気づいていただきありがとうございます!

ジャック・リッチー気になって調べたら 「クライム・マシン」っていう短編集が面白そうでした。
アイデア豊富な人のようですね。名前を覚えたので自分のアンテナにひっかりそうです。


「最終戦争ののち世界は」は面白いエピソードですなあ。

小松左京の「牛の首」での”怖いことのみ伝わるが誰も中身をしらない怪談”、よろしく
”戦争の荒廃をテーマにした事のみ伝わるが誰も読んだことのないショートショート”っていう
ショートショートになるかな?

URL | 面白半分 #-
2013/03/02 22:29 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1062-c77300e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話