07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

小鼠 油田を掘りあてる

小鼠 油田を掘りあてる (創元推理文庫 (526‐4))小鼠 油田を掘りあてる (創元推理文庫 (526‐4))
(1985/06)
レナード・ウイバーリー

商品詳細を見る

まったくはじめて手にとってみましたが面白かった。
”子鼠”シリーズの4作目であり、また最終作ということです。
”子鼠”とは北アルプス山中のグランド・フェンウィック大公国という小国の事でありました。

この小鼠が世界を相手に痛快な行動をとる、というのがシリーズの骨格のようです。

本作ではエネルギー危機をテーマとしており
いろいろなエネルギー政策の問題点を皮肉とユーモアたっぷりに描いています。

役人の手違いで石油配給が少なくなり
風呂が沸かせなくなったマウントジョーイ伯爵(首相です)が動きます。

他の作品も読んでみたいなあ。
子鼠、ニューヨークを侵略
子鼠、月世界を征服
子鼠、ウォール街を攪乱

↓応援よろしくお願いします。


なに、ふつうのばあいではない。
人類に正気と節度のもどったお祝いだ。
関連記事
tb: 0 |  cm: 4
go page top

コメント

No title

読みたいけれどプレミアがついちまっていて(T_T)

四冊まとめて再復刊しないかなあ。「ユーモア小説リバイバル」とかいって……。

URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg
2013/01/26 09:42 * edit *

Re: ポール・ブリッツさん

そうですか。よみたいですか!!
(優 越 感)

現在の東京創元社の目録には
のってないようですね。

私がブックオフで見つけた105円のものは
背表紙に帆船のマークが入ってるやつでした。

「ユーモア小説リバイバル」の際は
ついでにロラン・トポルの「カフェ・パニック」も入れて欲しいです。

URL | 面白半分 #-
2013/01/27 02:59 * edit *

カフェ・パニックは持ってたけど、どこにやったかなあ。

誰かにあげちゃったような記憶もあるけど、あんな本欲しがる人間もそうはいないしなあ。

URL | ポール・ブリッツ #-
2013/01/27 22:15 * edit *

Re: ポール・ブリッツさん

うーん。あったんですね。

見かけたこともないです。挿絵というのがどんなのか気になっています。

URL | 面白半分 #-
2013/01/28 18:32 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://noneeded.blog102.fc2.com/tb.php/1024-325478e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話