FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

冬来たりなば ~ 堀込高樹

お正月と云えば炬燵を囲んで
お雑煮を食べながら歌留多をしていたものです
が、この「冬来たりなば」はお正月ソングなんであります。



白じら
窓辺を悲しみが
覆ってはいるけれど
いいのさ
正月のこの街
いつでも晴れだね
冬来たりなば


キリンジのメガネ、堀込高樹の2005年ソロ作『Home Ground』収録曲です。
Home Ground

期待感が膨らみそうなイントロに始まり、
いい歌だなあと聴くたびにいつも思います。
次のパートで一気に美メロ度もアップします。


歩こう 鈴懸けの並木道を行こう
揺れる鈴懸けの実に手が届きそう
冬の太陽
日差しを受けて
きらきら光るのは夢の結晶
解けだして凍てついてを
繰り返すものさ


解けだして凍てついてを繰り返す、
冬の情景をこんな風に表現するのもカッコいいなあ。
メロディだけでなく、詩もこれまた素晴らしいのが
キリンジに惹かれる部分であります。



晴着を着て
かしわで打てば
誰かに響くだろう
日陰の雪
解けだして凍てついて
繰り返して春が

春よ来い


ラストの春よ来いに至るとなぜともなく目頭が熱くなってきます。
これなんでなんでしょうね。

↓はっぴいえんど「春よこい」


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


↓あまりに好きなのでライヴ映像も


マイ・かなり上位フィバリット・ソングです。

Home Ground


**********************
三が日の間にこの曲を紹介しようと思っていたのですが
忘れてしまいました。
いまから新たに書くのもアレなので
2016年夏に書いた記事をそのまんま再投稿してみます。

tb: 0 |  cm: 2
go page top

雪密室

『雪密室』
法月綸太郎



誇り高い美女からの招待で信州の山荘に出かけた法月警視だが、
招待客が一堂に会したその夜、美女が殺される。建物の周囲は雪一色、
そして彼女がいたはずの離れまで、犯人らしい人物の足跡もついていな
いのだ。この奇怪な密室殺人の謎に法月警視の息子綸太郎が挑戦する。
出色本格推理。


これは面白かった。
作者自らは人物造形等で納得いくレベルではないようなことを書いては
いるが決してそんな事もないと思った。
但し登場人物の多くが不幸になっているようでドライだなとは感じた。

本作は作者の2作目で作中の探偵作家の法月綸太郎が探偵役を務める
お馴染みのシリーズの1作目。
エラリー・クイーンと同設定ですね。
そのせいもあってかパズラーとしてきれいにまとまっています。
そこへ法月家の物語もまぜこみ、なかなか重い仕上がりとなっています。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話