FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

あぶない叔父さん

『あぶない叔父さん』
麻耶雄嵩



犯人はまさか、あの人!? 常識破りの結末に絶句する「探偵のいない」
本格ミステリ! 四方を山と海に囲まれ、因習が残る霧ヶ町で次々と発生
する奇妙な殺人事件。その謎に挑む高校生の俺は、寺の離れで何でも屋
を営む人畜無害な叔父さんに相談する。毎度名推理を働かせ、穏やかに
真相を解き明かす叔父さんが最後に口にする「ありえない」犯人とは!
本格ミステリ界の奇才が放つ抱腹と脱力の連作集。


これはミステリを読み込んだ人が読むべき本で一般向きではないです。
という訳で私は純粋に楽しめませんでした。
すみません。

論じるためのミステリです。
きっと。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 1
go page top

雲をつかむ死

『雲をつかむ死』
アガサ・クリスティ



パリからロンドンに向かう定期旅客機が英仏海峡にさしかかった時、
機内を蜂が飛びまわり始めた。乗客の一人が蜂を始末したが最後部席
には老婦人の変死体が。そしてその首には蜂の毒針で刺されたような
痕跡が残っていた…大空を飛ぶ飛行機という完全密室で起きた異様な
事件。居合わせたポアロが調査を開始する。


旅客機の中での殺人事件。
座席表も乗っていて愉しい。

しかし当然ながらすぐに機体から降り、あとは地味な動機探し。
しかし原作がそうなのか、訳者が良いのか明るめな展開で読みやすい。
疑いをかけられる人物が次々と変わっていく展開もありそこも良い。

読み終えてみれば犯行手段は、如何なものか、と思ってしまう出来。
しかしポアロの粋な行動も描かれそこは読みどころ。

真鍋博さんの表紙絵の旧装丁版を購入しました。
旧装丁版これから集めるぞ。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

創元推理文庫での邦題は「大空の死」
tb: 0 |  cm: 2
go page top

赤い額縁

『赤い額縁』
倉阪鬼一郎



次々と翻訳家が失踪、古本屋がわけもなく売り渋る、
読み進める者皆得体の知れない恐怖に戦慄く、
読み終えた者は誰一人としていない-それが『THE RED FRAME』。
知られざる奇書をめぐる、怪奇と倒錯の大迷宮。


洋書の翻訳シリーズっぽい装幀が素敵で購入。
本格ホラー+本格ミステリーというチャレンジだが
正直な感想としてはホラー部分はコワくない。
ミステリー部分はアナグラムが多数出てくるだけ、
といった印象でした。
もちろん読みが浅い、というのはありますが。

元々ホラーは読まないのでアレですが
ミステリ的なことで云えば
後に講談社ノベルスでかなり凄まじい事をやっています。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

メルカトルと美袋の殺人

『メルカトルと美袋の殺人』
麻耶雄嵩



ウラジオストクからモスクワへ向かうシベリア急行。その車内で作家・
桐原剛造が殺された。死亡推定時刻、同乗者達には食堂車で夕食中とい
うアリバイが。密室殺人から奇妙奇天烈な不可能犯罪まで、銘探偵・
メルカトル鮎と推理作家・美袋三条が空前絶後の推理力で事件の真相を
看破する!新本格推理傑作集。


本格ミステリではあるがさらにもう一歩ヘンなことになっています。
鑑賞の仕方をもっと解説で示していただけるとありがたいです。
たぶん普通に読んでいるだけでは作者の企みに気づいていない部分が
相当あるんじゃないかと・・・。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

地図趣味。

『地図趣味。』
杉浦貴美子



地質図、凹凸地図、手描き地図、空想地図、地形スイーツ……
こんな地図の楽しみ方があったのか! !

地図を愛してやまない著者が綴る、1冊丸ごと地図賛歌。


一般的な実務的な地図ではなく、専門家が使うような地図であったり
グラフィック的に描かれた地図であったり古地図であったり。
そのような”地図趣味。”です。

見ているだけで楽しく手に入るものなら購入して壁に貼りたい。

そんな風に思わせてくれる素晴らしい本です。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


Geologic Map of the South Side of the Moon
なんて、イエスとピンクフロイドが合わさったような地図があったが
これは月の地質図
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話