FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

大蛇伝説殺人事件

『大蛇伝説殺人事件』
今邑彩
↓画像は文庫、買ったのはカッパノベルス



島根県松江市のホテルで、画壇の巨匠・月原龍生が失踪。同じころ、
出雲大社内で男の肉体の一部が発見される。さらに島根県各地の
スサノオを祭る神社から次々と同じ男のバラバラ死体が。鑑識により
死体は月原と判明。何故、ヤマタノオロチの如く解体されたのか?
スサノオの意味は?探偵・大道寺綸子は、真相を追う!トリックと神話を
見事に融合させた巨編。


前半はこれでもかと日本神話のペダントリーが入っているが
後半はピタッとなくなる。
ミステリとしては今邑さんらしくない凡庸さ。
よくあるタイプ(そんなに読んでないですが)の
量産カッパノベルス型作品です。

どうせよむなら本作以外を読んでみてください。
面白いですよ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

謎の館へようこそ 黒

『謎の館へようこそ 黒』
文芸第三出版部編



「館」の謎は終わらない――。館に魅せられた作家たちが書き下ろす、
色とりどりのミステリの未来!奇怪な館、発生する殺人、生まれいづる
謎、変幻自在のロジック――!読めば鳥肌間違いなし。
謎は、ここにある。新本格30周年記念アンソロジー第三弾。


収録作品:
はやみねかおる『思い出の館のショウシツ』
恩田 陸『麦の海に浮かぶ檻』
高田崇史『QED~ortus~ ―鬼神の社―』
綾崎 隼『時の館のエトワール』
白井智之『首無館の殺人』
井上真偽『囚人館の惨劇』

他の作品の2倍の分量を持つ井上真偽『囚人館の惨劇』が良かった。
本格の様式を守り、そこからかなりはみ出た結果でありながら、
それでも本格であろうとしているように思えました。

他の作品は、シリーズものに連なる作品なのかもしれないが
設定がわかりにくく、またその説明も(おそらく)少ないので
ちょっと楽しめませんでした。

自分のファン以外の人へのアピールをしていこうって考えは
なくなったんでしょうか。
あまりに閉じた人向けの作品の気がしました。

エラソーにすみません。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

レコードを聴く 『ひとりごと』 ポール・サイモン



昔、ポール・サイモンを聴いてみようかと思った際、
時代的にはCDが出始めていたころでしたが
CDプレーヤーを持っていなかったのでレコードで買い求めました。

『ポール・サイモン』
『時の流れに』
『ワン・トリック・ポニー』
『ハーツ・アンド・ボーンズ』

しかし2作目の『ひとりごと』だけレコード再発されておらず
CDのみの発売でした。

どうしても聴きたくなった私は『ひとりごと』を聴くために
CDプレーヤーを買いました。
(まあ時代的に買う必要性はあったわけですが)
そんなわけで思い出のアルバムになっています。

有名な曲でいえば
「僕のコダクローム」
「アメリカの歌」
が収録されていますが
私はメロウな「何かがうまく」がお気に入りです


にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 2
go page top

その「おこだわり」、俺にもくれよ!!(1)

『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!(1) 』
清野とおる



『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』それは日常の退屈と喜びを
描いたノンフィクション漫画の白眉である。著者の清野は、あたたかい
眼差しで我々の生活を見つめ、日常に潜む「おこだわり」を抽出する。
「僕は貧乏な人は格好がいいと思う」と清貧に生きる人々を賛歌したの
は、劇作家の山田太一だったか。清野もまた、ツナ缶、ポテトサラダ、
白湯、さけるチーズなど、ゼニのかからぬ喜びを賛歌して余りない。
実にタマラン。


面白い
他人からみればどうでもいいと思える「おこだわり」を持つ人々を
著者がインタビューしたものがマンガになっている。

ツナ缶やポテトサラダの「おこだわり」を持つ人々の偏執ぶりが
まず面白いが、そこへツッコんだり共感したりする作中の著者の
振る舞いがまた面白い。

"帰り道"への「おこだわり」は想像の上をいく。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 1
go page top

世界で一つだけの殺し方

『世界で一つだけの殺し方』
深水黎一郎



10歳の少女が両親と訪れたのは、不思議な現象が次々と起こる街だった。
そこで奇怪な殺人事件が。(「不可能アイランドの殺人」)
動物園でのピアノ・コンサートの最中に象が暴れ出し、飼育員が死亡
した。事故と思われた出来事の驚くべき真相とは?(「インペリアルと象」)
2つの怪事件に「芸術探偵」が挑む!


中編2編が収められています。

「不可能アイランドの殺人」
話がどうなっていくかわからない不安感が終始ある中、中盤にその部分
の解明が進み、安心したところで、ある犯罪が浮上します。
本作の語り手はその後シリーズ探偵化でもしているのでしょうか?

「インペリアルと象」
これまた話がどうなっていくかわからない。
これが清水黎一郎っぽい気もします。
さて、本作はピアノ曲や演奏についてのペダントリーが多いのですが
ここを乗り越えていくと、驚愕の真相が待ち構えています。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話