FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ロートレック荘事件

『ロートレック荘事件』
筒井康隆



夏の終わり、郊外の瀟洒な洋館に将来を約束された青年たちと美貌の娘
たちが集まった。ロートレックの作品に彩られ、優雅な数日間のバカンス
が始まったかに見えたのだが…。二発の銃声が惨劇の始まりを告げた。
一人また一人、美女が殺される。邸内の人間の犯行か?アリバイを持たぬ
者は?動機は?推理小説史上初のトリックが読者を迷宮へと誘う。
前人未到のメタ・ミステリー。


作品紹介にメタ・ミステリーと記載があるので
そういう作品である事を前提としたレビューです。
昔一度読んでいるので、こういうネタだったのではないかと
思い出しながら読んでいたのですが、それよりはシンプルでした。
私はもっととんでもないネタだとと記憶していたのですが
それこそ前人未到のまだ誰も書けえなかったメタ・ミステリーだと。

さて本作かなり初期のメタ・ミステリーではあるようで、
いま色々なメタ・ミステリーを読み込んでいる読者だと、
本作についてそれほど大したことないなと感じてしまうかもしれません。
またミステリを読みなれていない読者ならアンフェアだと怒るでしょう。
ここがジレンマで、メタだとわからせる紹介文はそれだけで驚きを半減
させてしまうし、逆にそれをしないと手に取ってもらえないかもしれぬ。
また”メタ”は先行作品を下敷きにしてさらにパワーアップしていく形態
なので、後発で驚くと先行は弱い。
いろいろ難しいものです。

あっ、作品に話を戻すと、筒井さんはフェアであろうとするためか
これはメタ作品の可能性があることを読者に匂わせる展開をしており
当時は一般的でなかったこの形態を丁寧に取り扱っています。
それは後半の真犯人の告白に現れる注記(何ページの何行が該当か示す)
にあるように作品の仕掛け部位を丁寧に掲示しています。
いまではこんなことは無いのでしょうが当時はこうでもしなければ
メタの仕掛けを理解しない人は全くちんぷんかんぷんのまま
読了してしまったのかもしれませんね。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

さて、本書、仕掛けがわかった時点で、序盤に出てくる
”ロートレック荘2階平面図”を必ず確認してしまうと思うのですが
これは巧い。よく考えるとフェアだ。考え抜かれています。
tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話