FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ブラインド・フェイス

ブラインド・フェイス


1969年発表のブラインド・フェイスのアルバム『ブラインド・フェイス』
名盤紹介本には必ず紹介されているアルバムであり、
ジャケがジャケだけに印象は凄く残っていましたが
ようやく購入して聴く事が出来ました。

ジャケでの印象が強いせいか中身の情報は全く知らぬままで、
エリック・クラプトン絡みだったとは買って初めて知ったという塩梅。
当然ながらフェイスは”顔”だと思っていて、まさか”信仰”だとは。
そうするとブラインド・フェイスとは”盲目的な信仰”となり渋い。
エリック・クラプトンはじめとする大物ミュージシャンの集まりだから
といってその音楽を盲目的に信仰するなよ、
というミュージシャン側からのメッセージなのでしょうか。

メンバーはエリック・クラプトンがギター、
スティーヴ・ウィンウッドがキーボード、
ジンジャー・ベーカーがドラムと超大物で、
ベースがリック・グレッチとこれはなじみがないものの元ファミリーと
いう事で当時の英国ではメジャーなアーティストであったようです。

サウンドはブルース・ロックでカッコいい。
演奏は白熱してるわ、ヴォーカルは渋いわ、
どこをどう切り取っても聴き処ありです。
ヴォーカルで云えばクラプトンとウィンウッドどちらが歌っているか
まだよくわかっていないんですが…。
どちらかというとウインウッド色が強いのでしょうか。
オルガンの音に湿った英国っぽさを感じ
もともとプログレ好きの私の性に合います。

↓Had To Cry Today


にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村

レッドジャイペリン1
クラプトンさんよ、
ジミー・ペイジのようにもっと滅茶苦茶にやってもいいんだぜ
(東京都:剛田武さん)
tb: 0 |  cm: 6
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話