FC2ブログ
03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

24時間の男

『24時間の男』
山田正紀
24時間の男―一千億円を盗め (ノン・ノベル)


超ハイテク警備ビル内に眠る1千億円の企業機密。最先端金庫破りの
榊周助は奇想天外な奪取計画を立てた。まず鉄壁のアリバイ作りのため、
傷害事件を起こし、東京拘置所に入所。そこで、かねて買収してあった
出入りの医師に手伝わせて極秘裡に脱獄し、目的地へ。24時間以内に
仕事を済ませ、再び拘置所に戻るという大胆不敵な方法である。かくて、
事態は周到なプラン通り順調に進行しつつあった。が、第1の事故が発生
した。榊と落ち合う場所に相棒の姿はなく、刑事がいたのである。果た
して蟻1匹にも感応するコンピュータ警備をかい潜り、1千億のブツを
盗めるのか?無事拘置所に戻れるのか?SF界の実力派が卓抜なアイデアと
最新技術情報を駆使して放つ超冒険小説の異色傑作。


24時間の男、副題が、一千億円を盗め、です。

いやあ、山田正紀のB級冒険小説は面白い。
本作はハイテク警備ビルからあるものを盗み出すというストーリーで
「ミッション・インポッシブル」を彷彿とさせます。

最初話を持ち込んできたヤバイ奴らの追及をかわすため
あえて別の事件を起こし東京拘置所に入り
今回の盗みに関与していませんとアリバイを作っておきます。

つまり本作は
拘置所からの脱獄、ハイテクビルからの盗み、そしてまた拘置所へ戻る
という流れ。そしてこのタイムリミットが24時間。
もうB級的面白さが詰まっていそうでしょう。

物語の導入から脱獄のパートですっかり物語の世界に入りこみました。
ハイテク攻略パートでの機器の描き方はまさに山田正紀。
さすがこの部分は手慣れて巧いものです。
既にここまででトラブル続きなのですがついには機材の故障で
モノは盗めずいったん退却。その後計画を練り直します。
ここからは最初に出てきたやばい奴らも再登場し、一気に拘置所への
帰還まで物語が加速します。
お約束の謎の美少女もいたりして全体的にカラッとした味わいで楽しい。
果たしてモノを盗んで拘置所に戻れたのか。
味のあるエンディングもいいです。

本作、娯楽映画としては最高のコンテンツではないかと思うのですが
いかがでしょう?

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話