FC2ブログ
03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

レコードを聴く。カラー・バイ・ナンバーズ ~ カルチャー・クラブ



毎度お馴染み108円レコ―ド。帯付き美品。
1983年カルチャー・クラブ『カラー・バイ・ナンバーズ』

帯の文句はいろいろです。
メインは
世界中が待っていたカルチャー・クラブの最新セカンド・アルバム。
カラフルなポップス玉手箱に、いまひたすら陶酔……。


こんな事も書いてあります。
「タイム」を日本のみ特別収録
全英No.1シングル「カーマは気まぐれ」&「ポイズン・マインド」収録

レコードでも特別収録ってあったんですね。日本盤はお得です。
もしかして海外のファンからするとコレクターズ・アイテムなのか?

そして帯の上部にはより女性っぽく可愛らしいポーズの
ボーイ・ジョージの写真と言葉。
ごらん、僕の七変化。

アイドル・バンド、あるいはキワモノのイメージを残しつつ
当時よりかなり音楽的評価も高かったと思われるカルチャー・クラブ。

「タイム」「カーマは気まぐれ」「ポイズン・マインド」のみならず
「イッツ・ア・ミラクル」「ミス・ミー」も収録されていてベスト盤
ともいえそうな豪華な内容となっています。

今回初めて歌詞を読みましたがちゃらちゃらした感はなく
かなりしっかりとした主張が読み取れます。
作詞・作曲は各メンバー共作のようですがO'Dowdという見慣れぬ名前が
ありました。調べたらこれがボーイ・ジョージの本名みたいです。

さてカルチャー・クラブの楽曲には図太い声を聴かせる女性シンガーが
参加していますがこれはヘレン・テリー。初めて名前を知りました。
イメージは黒人のおばさんなのですが写真を見るとまだ若い白人女性。
よくこんなにソウルフルな歌が歌えるなと感心してしまいました。
もっともピンク・フロイドの「虚空のスキャット」で圧巻の歌を披露
したクレア・トリ―も若い白人女性。英国というイメージとは異なり
ソウルフルに歌える女性層が厚いのかもしれません。

前述のヒット曲も大好きなのですが紹介するのは「ブラック・マネー」
これもヘレン譲のボーカルが力強く楽曲を盛り上げています。
とここまで書いたが過去にもこの曲を取り上げていました。
しかもこの”ブラック・マネー”の真の意味についても書いていました。
政治的な含みではなかった。そして物悲しい。
↓という事で「ポイズン・マインド」ヘレン嬢もいましたよ。


tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話