FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

レコードを聴く。アリス『アリス・メモリアル 1976-1979』

毎度お馴染み108円レコードです。
1980年発表。アリス『アリス・メモリアル 1976-1979』(帯付き)
2枚組のベスト盤です。


まずレコード盤の状態ですが、ほぼ新品の状態。
スクラッチノイズが少ない。
きっと最初にテープに録音して本盤そのものは聴かなかったんでしょう。

さてさすがベスト盤、こんな曲が入っています。
「帰らざる日々」
「遠くで汽笛を聞きながら」
「冬の稲妻」
「涙の誓い」
「ジョニーの子守唄」
「チャンピオン」・・・・

上記ヒット曲は好きですが正直野暮ったい音楽だと思っていました。
いくら名曲でも全部『昴』だとキツイですからね。
しかし聴いてみると結構多彩な音楽性でした。
いかにも、谷村新司、という曲も多いのですが
実は作曲は堀内孝雄だったりと意外な発見もありました。
矢沢透も作詞作曲を手掛けており、
作詞作曲を分け合った曲も多かったです。
仲の良かったグループだったのかもしれませんね。

一番好きなのは「遠くで汽笛を聞きながら」です。
作詞矢沢透・作曲堀内孝雄という組み合わせです。
詩や曲の良さはもちろんですが
改めて聴くとドラムも目立っていて、最後のギター・ソロも良かった。
(誰のギターなんでしょう)
↓ライブ


また、堀内作曲の「音の響き」がブリティッシュっぽい、とか
矢沢透作曲の「センチメンタル・ブルース」がおしゃれな雰囲気とか
なかなか面白いレコードでした。

あまり意識してこなかったのですが
矢沢のドラムも単なるバンドのドラムで以上の存在感でした。

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村

掲載されているどの写真でも谷村新司は帽子を深くかぶって
おでこを隠しています。この時にはもう・・・・・。

tb: 0 |  cm: 4
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話