FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

笑劇 SFバカ本 カタストロフィ集

『笑劇 SFバカ本 カタストロフィ集』
岬兄悟 大原まり子編



人類滅亡級の衝撃!? 傑作短編集9連発
1996年から、12冊が刊行された「SFバカ本シリーズ」。
この伝説の短編集の100を越える短編の中から、前作「笑壺」につづき、
9編を厳選したアンソロジーが本書。「パラサイト・イヴ」の瀬名秀明は
SF文学賞のドタバタを描き、松本侑子、久美沙織ら、女性作家は、
不思議な性の世界を描く—彼らのまったく違う一面が見られる
大爆笑の短編集。


こういってはなんですがSFの名を借りたオモロないのがありました。
SFは間口が広くなんでも扱えるのでこういう事が起こりえます。
設定がSFでもマインドがSFでない。
設定も展開もなんだかわからないがマインドはSF。
分りずらいが後者を選びたい。

瀬名秀明「SOW狂想曲」
まさにこういった思い込みの激しい選考委員も出てくる
SF文学賞騒動記です。

岡崎弘明「ぎゅうぎゅう」
人口密度増により立ったまま生活する人々を描いています。
これこそSFではありますまいか。

岬兄悟「出口君」
食わず嫌いでこの作者を敬遠していたのは、
なぜか軽薄なイメージを持っていたから。
軽薄を超えたこのバカSF具合はなかなか面白かった。

森奈津子「西城秀樹のおかげです」
文庫本背表紙で本タイトルを見かけるもちょっと買えなかったので
ここで読めて良かった。
Y.M.C.A.の話に繋がるが本当なのか?
本アンソロジー内で一番面白かった。
今度は森さん自身の本も買ってみようか。

久美沙織(よくこんなの書くな)と松本侑子の作品も良かった。

牧野修「メロディ・フィアー」
ハードSFからの変化球か。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話