07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

神津恭介、密室に挑む

『神津恭介、密室に挑む』
高木彬光
神津恭介、密室に挑む―神津恭介傑作セレクション〈1〉 (光文社文庫)
神津恭介、密室に挑む―神津恭介傑作セレクション〈1〉 (光文社文庫)


眉目秀麗、頭脳明晰、白面の貴公子。輝かしい形容に彩られた名探偵、
神津恭介。彼が挑むのは密室トリックの数々。鍵の掛かった部屋の外に
残された犯人の足跡、四次元からの殺人を予告する男…。
不可解極まる無数の謎を鋭い推理でクールに解き明かす!
いつまでも燦然とした魅力を放つ神津恭介のエッセンスを凝縮した
六つの短編を収録。傑作セレクション第一弾。



「白雪姫」

「でも足跡の点は・・・・」
「そのような消極的な反証は、一時間もあれば粉砕してお目にかけます。」


お馴染み、雪上に足跡がない離れでの殺人。
神津恭介は言葉どうり簡単に粉砕しました。
そのトリックは、いまでいうところのバカミス的なネタ。
どうも神津モノとあわない気もするなあ。あれはないだろう。
本作はさらに密室にするための施錠のトリックや双子や
妖しげな美女を配した作品です。
機械トリックはちょっとアレですが、双子の扱い方などさすが面白い。


「月世界の女」

「一高時代にみんなは、あなたの事を何と言っていたと思います。
アイスマン、氷人と言っていたんですよ・・・・」
と言われてしまう神津恭介

「鏡の部屋」
真犯人にハッタリをかます神津恭介。
庶民派コロンボみたいこともやります。

「黄金の刃」
四次元の殺人・・・ハッタリを効かせてます。
神津恭介ものとしなければ怪奇探偵小説になりそうな感じ

「影なき女」
3回行われた密室殺人。
その後ようやく神津恭介登場。
構成の妙という作品。


以上の作品において高木彬光さんは
密室の機械トリックについてはほとんど重きを置いていないように
感じました。また密室の必然性についても無視しているのか考慮して
いないのか、作中でもその説明はありませんでした。
これは不思議。

「妖婦の宿」
既読なので今回は読みませんでしたが名作の誉れ高い作品です。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話