03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

歪笑小説

『歪笑小説』
東野圭吾
歪笑小説 (集英社文庫)
歪笑小説 (集英社文庫)


新人編集者が目の当たりにした、常識破りのあの手この手を連発する伝説
の編集者。自作のドラマ化話に舞い上がり、美人担当者に恋心を抱く、全
く売れない若手作家。出版社のゴルフコンペに初参加して大物作家に翻弄
されるヒット作症候群の新鋭…俳優、読者、書店、家族を巻き込んで作家
の身近は事件がいっぱい。ブラックな笑い満載!小説業界の内幕を描く
連続ドラマ。


『黒笑小説』で一部テーマにしていた小説家や出版業界の話を描いた
短編集です。

舞台となるは”灸英社”という出版社です。

「伝説の男」
強烈な編集者、獅子取

「夢の映像化」
2時間ドラマ化に浮かれる作家、熱海圭介

「序ノ口」
作家同士の付き合いに悩む作家、唐傘ザンゲ

「罪な女」
若い女性編集者に浮かれる作家、熱海圭介

「最終候補」
小説賞への最終候補に残るサラリーマン

「小説誌」
小説誌という物の存在について学生から質問される編集者

「天敵」
唐傘ザンゲの恋人があれこれ口出しし編集者にとって鬱陶しい

「文学賞設立」
灸英社が新しい文学賞設立。他社賞との位置づけもいろいろ考える

「ミステリ特集」
ハードボイルド系の作家熱海圭介に本格ミステリの依頼

「引退発表」
こっそり筆を折ればいいのに引退発表をしたい中堅作家

「戦略」
熱海圭介をなんとか売り出したい灸英社の作戦

「職業、小説家」
唐傘ザンゲとの結婚を望む恋人、とその父親

数人の作家を軸にその編集者と出版業界の裏事情も描かれています。
爆笑というよりまさに歪笑。そして若干の哀愁感。

作家を目指す人は本作を読んでいろいろ覚悟を決めておいたほうが
よいかも知れませんなあ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話