02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ロシア紅茶の謎

『ロシア紅茶の謎』
有栖川有栖
ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)
ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)


作詞家が中毒死。彼の紅茶から青酸カリが検出された。どうしてカップに
毒が?表題作「ロシア紅茶の謎」を含む粒ぞろいの本格ミステリ6篇。
エラリー・クイーンのひそみに倣った「国名シリーズ」第一作品集。
奇怪な暗号、消えた殺人犯人に犯罪臨床学者・火村英生とミステリ作家・
有栖川有栖の絶妙コンビが挑む。


短編集で多彩な作品が嬉しい。

「動物園の暗号」
殺人犯人を示したと思われる暗号文。ダイイングメッセージでもある。
暗号は解けたが犯人かどうかの証拠固めは別、という割り切りが良い。

「屋根裏の散歩者」
まさにあれ。でも罠を仕掛ける火村先生はいかがなものか。

「ロシア紅茶の謎」
命がけの毒薬トリック。でも十分ありえそう。
こんな会話もうれしい。

「お前、いい年こいてこんなの車の中で鳴らしてんのか?」
火村は冷ややかな目をして言った。
「キング・クリムゾンを聴きながら鼻歌混じりのドライブはできんや
ないか」

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

朱色の研究

『朱色の研究』
有栖川有栖
朱色の研究 (角川文庫)
朱色の研究 (角川文庫)


臨床犯罪学者・火村英生はゼミの教え子から2年前の未解決事件の調査を
依頼されるが、動き出した途端、新たな殺人が発生。火村と推理作家・
有栖川有栖が奇抜なトリックに挑む本格ミステリ。


けっこうな分量ですが地味です。
前半がなんだかイマイチな解決、というかそんな展開なのですが
そのイマイチさがラストに意味を持ってくるようないないような。

”朱色の研究”だけあって夕焼けとか放火とか朱色の色彩感に
溢れています。(文庫カバーも!)

しかし今更こんなことをいうミステリファンもいないでしょうが
本作では全く登場人物像に精彩がなく誰が誰でもよい感じで
被害者も犯人でさえもイメージがわきませんでした。
ごめんなさい。読み手の理解不足でした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

火村英生に捧げる犯罪

『火村英生に捧げる犯罪』
有栖川有栖
火村英生に捧げる犯罪 (文春文庫)
火村英生に捧げる犯罪 (文春文庫)


臨床犯罪学者・火村英生と推理作家・有栖川有栖のかけあいが楽しい
「作家アリス」シリーズの短篇集。
「とっておきの探偵にきわめつけの謎を」──
火村英生のもとにprof. Rを名乗る者から送られてきた犯罪予告めいた
ファックス。トリックの小さな綻びから犯罪が露呈する表題作ほか
過去の影におびえる男の哀しさが余韻を残す「長い影」、
殺された男の側にいた鸚鵡が真実を暴く「鸚鵡返し」など、
ごく短い掌篇から短篇まで珠玉の作品が並ぶ1冊。


毎度お馴染みの有栖川有栖さんです。
本作は本格ミステリ・ショートショートというべき作品と
短編からなっており読み応えという点では物足りなさもありました。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

46番目の密室

『46番目の密室』
有栖川有栖
新装版 46番目の密室 (講談社文庫)
新装版 46番目の密室 (講談社文庫)



日本のディクスン・カーと称され、45に及ぶ密室トリックを発表してきた
推理小説の大家、真壁聖一。クリスマス、北軽井沢にある彼の別荘に招待
された客たちは、作家の無残な姿を目の当たりにする。彼は自らの46番目
のトリックで殺されたのか――。
有栖川作品の中核を成す傑作「火村シリーズ」第1作。


新装版という事で買いました。たぶん初版刊行当時読んでいるはずです。

今読むと、あっさりしてるなあって印象です。
アクのある登場人物もいなく最後は真犯人もあっさりと罪を認めます。

火村先生は言葉遣いがぞんざいだ。

でも面白かった。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


新本格の新装版・・島田、有栖川、綾辻、歌野、見かけると買ってます。
ついつい買ってます。どうしても買い揃えたい。また読みたい。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

乱鴉の島

『乱鴉の島』
有栖川有栖
乱鴉の島 (講談社ノベルス)


犯罪心理学者の火村英生は、友人の有栖川有栖と旅に出て、手違いで目的
地と違う島に送られる。人気もなく、無数の鴉が舞い飛ぶ暗鬱なその島に
隠棲する、高名な老詩人。彼の別荘に集まりくる謎めいた人々。島を覆う
死の気配。不可思議な連続殺人。孤島という異界に潜む恐るべき「魔」に
火村の精緻なロジックとアクロバティックな推理が迫る。本格ミステリの
醍醐味溢れる力作長編。


「本格ミステリベスト10」堂々の1位とノベルスの裏表紙にあったので
久々に本格長編を堪能しようと読みました。
・・・・なにかを期待しすぎていたんでしょう。
”本格”度は低めな気がします。

犯人の真の動機は完全に付け足しで、なくてもよいようなものです。
人々が孤島に集まる目的も事前に分かるようになっていて
ラストでのインパクトは少なくなっています。
久々の有栖川作品ですがちょっともったいないかなあ。

作者あとがきで、
さほど華々しいものではない、とあるとうり狙いは違ったところにあるん
でしょうが。

古き良き日本の変格探偵小説や怪奇小説テイストにしたら
実はすごい作品になっていたのかも。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

有栖川有栖の鉄道ミステリ・ライブラリー

有栖川有栖の鉄道ミステリ・ライブラリー (角川文庫)有栖川有栖の鉄道ミステリ・ライブラリー (角川文庫)
(2004/10)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

『有栖川有栖の鉄道ミステリ・ライブラリー』
鉄道に関わるミステリのアンソロジーです。
私は特に鉄道ミステリというくくりは意識してこなかったので
特別興味があるわけではありませんでしたが
ここらへんはアンソロジストへの興味で買ったようなもんです。

面白いのはミステリを離れたSF系列の作品。

フィリップ・K・ディック
「地図にない町」

A・J・ドイッチュ
「メビウスという名の地下鉄」

これは収穫。
どちらも最後にストーリーがきれいに完結するわけではありませんが
なかなかいいです。

また変わったところで
西岸良平のコミック
「江ノ電沿線殺人事件」なんてところも収録しています。

有栖川さんが原案に加わったミステリ・イベント「箱の中の殺意」
を紙上再現したものも面白かった。

なかなか充実の一冊です。

↓変わったところで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

女王国の城

女王国の城 (創元クライム・クラブ)女王国の城 (創元クライム・クラブ)
(2007/09)
有栖川 有栖

商品詳細を見る


『女王国の城』

有栖川有栖の「学生アリス」シリーズの第4長編で
2007年の作品ですが今のところシリーズ最新作です。

舞台は、急成長の途上にある宗教団体“人類協会”の聖地、神倉。
大学に顔を見せない部長を案じて、推理小説研究会の後輩アリスは江神二郎の下宿を訪れる。
室内には神倉へ向かったと思しき痕跡。
様子を見に行こうと考えたアリスにマリアが、そして就職活動中の望月、織田も同調、
四人はレンタカーを駆って木曾路をひた走る。
“城”と呼ばれる総本部で江神の安否は確認したものの、思いがけず殺人事件に直面。
外界との接触を阻まれ囚われの身となった一行は決死の脱出と真相究明を試みるが、
その間にも事件は続発し…。


単行本で500頁という圧倒的なボリュームですが
面白くってすぐに読み終えてしまいました。

とにかく有栖川有栖は好きな作家ですし
しかもこの「学生アリス」シリーズは楽しい。

まず英都大学推理小説研究会のめんめんの会話は
かけあい漫才のような雰囲気で楽しい。
ここらへんだけでも楽しいところへ
本格ミステリとしてもまさに正当な謎解きを提供してくれます。

本作も端正なミステリとでも云うべき作風で
大ネタを一発かますわけではなく
地味に地味に小ネタが積み重なっていきます。
当然ながらきれいに伏線を回収されます。

最終的な探偵役は推理小説研究会の江神部長ですが
研究会のメンバーによる推理も出てきて
推理合戦の様相を呈するところもうれしい。

”読者への挑戦”が入るところもやはり本格の楽しさです。

という感じで楽しい読書時間でした。

ところで「学生アリス」シリーズは
長編は第5作で完結、とアナウンスされていますが
いつ出るんでしょうか。

↓完結するまで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

さて、2007年に出た作品を今頃ようやく読むなんて、
ってことですが貧乏な私はなかなか新刊本が買えず
やっとブックオフで105円で見つけたのでありました。
tb: 0 |  cm: 2
go page top

江神二郎の洞察

江神二郎の洞察 (創元クライム・クラブ)江神二郎の洞察 (創元クライム・クラブ)
(2012/10/30)
有栖川 有栖

商品詳細を見る


「学生アリス」シリーズの初の短編集との事。
好きですなあ。このシリーズ。
英都大学ミステリクラブの面々のかけあいがおもしろいので
それだけでも好きなところ
さすが有栖川有栖だけあって1篇ごとにも工夫があってミステリとしても当然楽しい。
(逆ですね。ミステリとして優れているところに生き生きとした学生たちの描写が楽しい)

「やけた線路の上の死体」(1986年)から「除夜を歩く」(2012年)までの短編を集めていますが
まったく瑞々しいままで時代差はまったく感じませんでした。

オススメは上記2点と
「瑠璃荘事件」
「ハードロック・ラバーズ・オンリー」
「桜川のオフィーリア」
「四分間では短すぎる」
「開かずの間の怪」
「二十世紀的誘拐」
「蕩尽に関する一考察」

↓結局すべてオススメにしてしまいましたが応援よろしくお願いします。
tb: 0 |  cm: 4
go page top

密室大図鑑

有栖川有栖の密室大図鑑有栖川有栖の密室大図鑑
(1999/12)
有栖川 有栖、磯田 和一 他

商品詳細を見る

密室トリックの傑作群をその舞台のイラストつきで紹介していますが
いきなり冒頭の
”ビッグ・ボウの殺人”
”十三号独房の問題”からして読んでません。
(後者にいたっては、思考機械の事件簿自体を全く読んでいなく
由々しき事態であります)

こういう本読むと、読みたくなる本がドンドン出てきて困りますなあ。
覚書ついでに抜き出すと
”帽子から飛び出した死”
”投票ブースの謎”
”高天原の犯罪”あたりが特に面白そうです。
tb: 0 |  cm: 6
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話