09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ニュー・タウン ~ キリンジ

ニュー・タウン ~ キリンジ

1998年『ペイパードライヴァーズミュージック』収録曲。
ペイパー・ドライヴァーズ・ミュージック

目の覚めるようなポップス。
なんともゴージャスなアレンジです。
若々しい声とハーモニー。そして心地よいリズム感。
キリンジのこの心地よさはギターのキレの良さも要因と思いますが
ここでもさりげなくいいカッティング。

出だしからキャッチー。

肩に降る雨をまとう
ひるがえす ひるがえす 
言葉、言葉、言葉、言葉





にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 0
go page top

グッデイ・グッバイ ~ キリンジ

グッデイ・グッバイ ~ キリンジ

2000年発表の『3』収録曲でシングル曲。
3
3

ポップで心地よい。
終盤転調?し、ちょっと陽気に。
でもメジャーだかマイナーだかよくわからない不思議な感覚。

↓いつもどうり”味”なPVだ


地下鉄は袋小路で終点
真夜中のつぶやきはフレーズだけが鋭くて
トンネルを削り爪が痩せてく


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

ナイーヴな人々 ~ キリンジ

ナイーヴな人々 ~ キリンジ

最初はピンと来なかったんですが最近じわじわ来てます。

2013年の『Ten』収録曲です。
Ten(初回盤)
Ten(初回盤)





世界をそうっと美してくれるのは
そういう人だ
そうだろう?


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


じわじわ



tb: 0 |  cm: 0
go page top

ムラサキ☆サンセット ~ キリンジ

ムラサキ☆サンセット

2001年『Fine』収録で、シングルも。(オリコン48位だそうです)
Fine


軽快なイントロでこの疾走感が最後まで続くポップソングです。

転がる石になりたいのかい、ガラスの玉よ
擦り切れて白くなってくすんでいくだけさ


なんていい歌詞なんだ。
ガラスの玉であるボクにとっては結構含みのある言葉でした。



ムラサキ・サーンセーットのリフレインも耳に残ります。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


しかし☆なのは何故?
ドラムがあの人?

tb: 0 |  cm: 0
go page top

進水式 ~ キリンジ

進水式 ~ キリンジ

2014年『11』収録。
六人編成の新生キリンジでの楽曲ですが素晴らしい。

最初に聞いた時は、世の中にはまだまだいい曲って存在するんだなあ、
と妙に納得してしまいました。

旅立ちの歌です。
新生キリンジへの想いもあるでしょうし、我らの歌でもあります。

詩よし。メロディよし。なんだか微妙なPVも良し。メガネ良し
相変わらずのキリンジです。


君の手でロープを切って
そして名付けて欲しい
美しい船さ
われらの船だ



11(初回限定盤)(DVD付)
11(初回限定盤)(DVD付)
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

サイレンの歌 

サイレンの歌 ~ キリンジ



光化学の街が
音もなく揺れる


このテンポ感といい、メロディといい雰囲気といい
堀込奏行氏の必殺ワザ出しまくりの曲です。
3
3




永遠に続いていてほしいようなそんな曲です。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

冬来たりなば ~ 堀込高樹

お正月と云えば炬燵を囲んで
お雑煮を食べながら歌留多をしていたものです
が、この「冬来たりなば」はお正月ソングなんであります。



白じら
窓辺を悲しみが
覆ってはいるけれど
いいのさ
正月のこの街
いつでも晴れだね
冬来たりなば


キリンジのメガネ、堀込高樹の2005年ソロ作『Home Ground』収録曲です。
Home Ground

期待感が膨らみそうなイントロに始まり、
いい歌だなあと聴くたびにいつも思います。
次のパートで一気に美メロ度もアップします。


歩こう 鈴懸けの並木道を行こう
揺れる鈴懸けの実に手が届きそう
冬の太陽
日差しを受けて
きらきら光るのは夢の結晶
解けだして凍てついてを
繰り返すものさ


解けだして凍てついてを繰り返す、
冬の情景をこんな風に表現するのもカッコいいなあ。
メロディだけでなく、詩もこれまた素晴らしいのが
キリンジに惹かれる部分であります。



晴着を着て
かしわで打てば
誰かに響くだろう
日陰の雪
解けだして凍てついて
繰り返して春が

春よ来い


ラストの春よ来いに至るとなぜともなく目頭が熱くなってきます。
これなんでなんでしょうね。

↓はっぴいえんど「春よこい」


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


↓あまりに好きなのでライヴ映像も


マイ・かなり上位フィバリット・ソングです。

Home Ground

tb: 0 |  cm: 0
go page top

代官山エレジー ~ キリンジ

代官山エレジー ~ キリンジ
Omnibus

キリンジの「OMUNIBUS」に収録されています。
元々は藤井隆への提供曲です。(どういう繋がり?)

作曲は兄高樹さんですが詩は松本隆。
これも贅沢な話ですなあ。

ニットのマフラー寒そうに
君は何かを口ごもる


で始まり

ぼくは死ぬ日まで君を忘れない
電話のメモリーは消しても

で終わりますが、どうですいかにも松本隆でしょう。

メロディ、アレンジ、お洒落な雰囲気にあふれた都会的な名曲です。

なにしろ田舎者には”代官山”は
よくわからないけどもお洒落な街のイメージ。



にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

雨を見くびるな

『雨を見くびるな』
キリンジの1998年「ペイパードライヴァーズミュージック」収録曲です。

カエルの面にシャンパン、とかわけのわからぬ言葉遣いが炸裂しますが
サビの部分を初めて聞いた時、なんなんだこれは!
と感激しました。
ロジャー・二コルズの「ドント・テイク・ユア・タイム」と同じ衝撃!

ポップでゴージャス。
目くるめくコーラス(でも2声だけ?)


街の灯が水に滲んでゆく
「夜中には止む。」
この雨を見くびるな
みぞおちを蝕んでゆくだろう
深く深く




↓見くびらず応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

しかしこの詩にはどんな意味合いが隠れているんだろうか。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

エイリアンズ ~ キリンジ

エイリアンズ

遥か空に旅客機 音もなく
公団の屋根の上 どこへ行く

誰かの不機嫌も 寝静まる夜さ
バイパスの澄んだ空気と 僕の町





キリンジに名曲数あれど、代表曲1曲となったらコレなんでしょうね。
作詞・作曲は弟・泰行氏、ギター・ソロもそうだったんですね。

落ち着いたメロディの良さはもちろんですがこれに見事にマッチする詞。

遥かそーらにボーイング 音もなく アーアァ
公団のやーねの上 どこーへ行く

公団の屋根の上ってところがいい。
田舎じゃないんです。
後の歌詞に出てきますが月明かりがでている夜なのです。

情景が浮かんできます。



泣かないでくれ ダーリン ほら 月明かりが
長い夜に寝つけない二人の額を撫でて




くぅ~染みますなあ。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

↓ジャケも凄いが中身も凄い
3
3

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話