FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

Drive Me Crazy ~ キリンジ

Drive Me Crazy ~ キリンジ


訳の分からないジャケでお馴染み1999年『47'45"』収録曲です。

ドライブ・ミー・クレイジーなので
誰かが私を悩ませる恋の歌かと思ったら・・。

ドライブの歌ですが、展開がスゴイ。

小粋に右折
とびだしたよ、馬鹿な!

ザクロを跳ねたら知らぬ存ぜぬで済むと思うな
逃げろよ、さあ


轢き逃げじゃないですか。
ザクロってそうなった後の人の状態じゃないですか。

こんな歌詞でありながら、超ポップなメロディ。
不思議な感じ(これに合うしんみりとしたメロディってのもヘンですが)

虚ろに響く遠くのサイレンからまわりする


にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村

隣の彼、なぜかしらご陽気
って歌詞がこれまた好き。


47’45”
47’45”


tb: 0 |  cm: 0
go page top

Love Is On Line ~ キリンジ

Love Is On Line ~ キリンジ

2006年『DODECAGON』収録曲です。
DODECAGON

キリンは立って寝る
鳥は枝で寝る

この出だしはすごい。いったい何を歌うのか全く予想がつかない。

君は女ですか
女の振りかな


これも強烈で、最初聴いた時はどういう流れかわからなかったのですが
ネット上で女性のふりをしている可能性を問いているんですね。
ということでオンライン上でのやりとりをしている相手に対しての
歌のようでした。

そしていきなり抒情的なフレーズ

鼻緒が切れたら叫ぶんだよ
僕の袖を千切って結べばいいだろう


メロディも美しくいったいなんなんだ。


サビの最後の部分

二人は蜘蛛の糸を渡る夜露さ

も意味が分からぬまま、しかし素晴らしい言葉の使い方だ。
そしてメロディは極上なのです。

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村

ラヴソングであるかもしれないし、そうではないかもしれないし
なんともいえないが、しかしなんとも味のある名曲ですなあ。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

KIRINJI - The Great Journey feat. RHYMESTER

キリンジ2016年発表の『ネオ』より
↓The Great Journey


ライムスターとのコラボ曲でメインVoはライムスターの二人です。
そしてようやく中盤で堀込高樹がなにやら叫びます。

マンシェー!

最初はフランス語か何かかと思っていたら、

満室!

でした。

歌詞の流れとしては

こいつはまさしく太古からのメッセージ
アイスエイジからスペースエイジ


と人類の歩みを歌った後に

そしていま真夏の夜の街
さまよう恋人たちは空室待ち


と続きその後に

満室!どこも満室!

となります。

そんな曲なのです。

ハードな中にもキレがあるキリンジ楽団の演奏に耳が奪われますが
この”満室”が印象的です。

映像は途中で終わりますが
最後は堀込高樹もメインのパートを歌います。
そこでの壊れ具合も最高なのです。

ネオ(初回限定盤)(DVD付)

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲・アルバムへ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ニュー・タウン ~ キリンジ

ニュー・タウン ~ キリンジ

1998年『ペイパードライヴァーズミュージック』収録曲。
ペイパー・ドライヴァーズ・ミュージック

目の覚めるようなポップス。
なんともゴージャスなアレンジです。
若々しい声とハーモニー。そして心地よいリズム感。
キリンジのこの心地よさはギターのキレの良さも要因と思いますが
ここでもさりげなくいいカッティング。

出だしからキャッチー。

肩に降る雨をまとう
ひるがえす ひるがえす 
言葉、言葉、言葉、言葉





にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 0
go page top

グッデイ・グッバイ ~ キリンジ

グッデイ・グッバイ ~ キリンジ

2000年発表の『3』収録曲でシングル曲。
3
3

ポップで心地よい。
終盤転調?し、ちょっと陽気に。
でもメジャーだかマイナーだかよくわからない不思議な感覚。

↓いつもどうり”味”なPVだ


地下鉄は袋小路で終点
真夜中のつぶやきはフレーズだけが鋭くて
トンネルを削り爪が痩せてく


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

ナイーヴな人々 ~ キリンジ

ナイーヴな人々 ~ キリンジ

最初はピンと来なかったんですが最近じわじわ来てます。

2013年の『Ten』収録曲です。
Ten(初回盤)
Ten(初回盤)





世界をそうっと美してくれるのは
そういう人だ
そうだろう?


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


じわじわ



tb: 0 |  cm: 0
go page top

ムラサキ☆サンセット ~ キリンジ

ムラサキ☆サンセット

2001年『Fine』収録で、シングルも。(オリコン48位だそうです)
Fine


軽快なイントロでこの疾走感が最後まで続くポップソングです。

転がる石になりたいのかい、ガラスの玉よ
擦り切れて白くなってくすんでいくだけさ


なんていい歌詞なんだ。
ガラスの玉であるボクにとっては結構含みのある言葉でした。



ムラサキ・サーンセーットのリフレインも耳に残ります。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


しかし☆なのは何故?
ドラムがあの人?

tb: 0 |  cm: 0
go page top

進水式 ~ キリンジ

進水式 ~ キリンジ

2014年『11』収録。
六人編成の新生キリンジでの楽曲ですが素晴らしい。

最初に聞いた時は、世の中にはまだまだいい曲って存在するんだなあ、
と妙に納得してしまいました。

旅立ちの歌です。
新生キリンジへの想いもあるでしょうし、我らの歌でもあります。

詩よし。メロディよし。なんだか微妙なPVも良し。メガネ良し
相変わらずのキリンジです。


君の手でロープを切って
そして名付けて欲しい
美しい船さ
われらの船だ



11(初回限定盤)(DVD付)
11(初回限定盤)(DVD付)
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

サイレンの歌 

サイレンの歌 ~ キリンジ



光化学の街が
音もなく揺れる


このテンポ感といい、メロディといい雰囲気といい
堀込奏行氏の必殺ワザ出しまくりの曲です。
3
3




永遠に続いていてほしいようなそんな曲です。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

冬来たりなば ~ 堀込高樹

お正月と云えば炬燵を囲んで
お雑煮を食べながら歌留多をしていたものです
が、この「冬来たりなば」はお正月ソングなんであります。



白じら
窓辺を悲しみが
覆ってはいるけれど
いいのさ
正月のこの街
いつでも晴れだね
冬来たりなば


キリンジのメガネ、堀込高樹の2005年ソロ作『Home Ground』収録曲です。
Home Ground

期待感が膨らみそうなイントロに始まり、
いい歌だなあと聴くたびにいつも思います。
次のパートで一気に美メロ度もアップします。


歩こう 鈴懸けの並木道を行こう
揺れる鈴懸けの実に手が届きそう
冬の太陽
日差しを受けて
きらきら光るのは夢の結晶
解けだして凍てついてを
繰り返すものさ


解けだして凍てついてを繰り返す、
冬の情景をこんな風に表現するのもカッコいいなあ。
メロディだけでなく、詩もこれまた素晴らしいのが
キリンジに惹かれる部分であります。



晴着を着て
かしわで打てば
誰かに響くだろう
日陰の雪
解けだして凍てついて
繰り返して春が

春よ来い


ラストの春よ来いに至るとなぜともなく目頭が熱くなってきます。
これなんでなんでしょうね。

↓はっぴいえんど「春よこい」


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


↓あまりに好きなのでライヴ映像も


マイ・かなり上位フィバリット・ソングです。

Home Ground

tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話