05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

伊賀忍法帖

『伊賀忍法帖』
山田風太郎
伊賀忍法帖  山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)


戦国擾乱の世。主君筋の御台、右京太夫に邪恋を抱いた梟雄・松永弾正
は、幻術師・果心居士配下の根来鴉天狗に美女狩りを命じる。美女の愛
液からなる強力な媚薬、“淫石”を作らせ、篭絡しようというのだ。
その毒牙に掛かったのは、伊賀忍者・笛吹城太郎の妻、篝火。死してな
お犯され、弾正の愛人と首をすげ替えられたと知った城太郎は復讐を誓
い、一人苛烈な闘いを七鴉天狗に挑んでゆくが…。
奇想極まる山風忍法帖の代表作。


あまりにど派手な『甲賀忍法帖』と比べると忍法がおとなしめです。
七人の根来天狗も地味ならば、
それに一人で立ち向かう伊賀忍者の笛吹城太郎は普通(?)の忍者。
特にヘンな忍法を駆使するわけでもありません。
しかし松永弾正を取り巻く物語と、笛吹城太郎の戦いと、右京太夫、
篝火、漁火というヒロインの動向と見せ場に事欠かなく
ものすごく面白かった。

幻術死・果心居士や剣聖・上泉伊勢守も巻き込み
なんとも豪華な構成の忍法帖でした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

跫音

『跫音』
山田風太郎
自選恐怖小説集 跫音<自選恐怖小説集> (角川ホラー文庫)


推理・活劇・官能そして、恐怖……。現代エンターテインメント小説に多
大な影響を与えた著者の自選恐怖小説集。運命共同体に身を委ねた人間の
心理を描く『三十人の三時間』をはじめ、愛する男性の不可解な行動に秘
められた驚愕の真実を綴った『呪恋の女』他、人間の深層に潜む怪奇への
憧憬を見事に結実させた秀作10編。文庫未収録作品を中心に、単行本未収
録作品をも収めたファン必読の一冊。


角川ホラー文庫、自選恐怖小説集とあるがホントに自選?
でも選ばれた濃い作品集です。

・三十人の三時間
墜落する飛行機の乗客の最後の三時間を描く。

・さようなら
戦後の時代の話ながら近未来SF的な雰囲気をもつ導入部。不思議な余韻。

・女死刑囚
’堕ちる’この字が見事当てはまる哀しい話

・跫音
まず字ズラがコワい。思わぬ犯罪を起こしてしまった男の話。淡々と進行
していきユーモア味や哀愁味も漂わせますがこれこそ現代の恐怖です。

・双頭の人
いよいよ出てきました異形の造形。漫画家伊藤潤二さんの世界。
脳内イメージはそれしか考えられない。是非書いてほしい。

・黒檜姉妹
「双頭の人」をより派手にしたような作品。先が静ならこちらは動。

・雪女
これは怪奇風味のミステリ(というネタバレすみません)

・笑う道化師
大した物語では無い筈なのにねちっこい筆で薄気味わるさが続く。
これが山田風太郎か。

・最後の晩餐
オチがすっきりと決まるが大変よろしくない話ですな。

・呪恋の女
怪しい登場人物が織りなすこれぞ怪奇小説。

やはり山田風太郎は強烈です。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

天国荘奇譚

『天国荘奇譚』
山田風太郎
天国荘奇譚 ユーモア篇―山田風太郎ミステリー傑作選〈6〉 (光文社文庫)

毎度おなじみ山田風太郎。
山田風太郎ミステリー傑作選6ユーモア篇です。

表題作は別文庫で読んでいたのでそれは飛ばして読みます。

・露出狂奇譚
まさにユーモア篇。露出を言い訳しながら完遂する。

・賭博学体系
偶然によって起きてしまった事件について語られます。
これ既読でしたが面白い

・極悪人
小説のネタ探しのために極悪人を探す作家。なかなか出会えない。

・大無法人
これも既読でしたが面白い。無法者になろうとする男の話。
でも天性の無法人のほうが上手

・ダニ図鑑
ダニのような人物達に取り囲まれ家庭を壊していく男の話。
ありそうで怖い。

・青春探偵団
幽霊御入来
書庫の無頼漢
泥棒御入来
屋根裏の城主
砂の城
特に名を秘す

男女6名の高校生「殺人クラブ」の面々が引き起こす事件。
ジュブナイルものですが読みやすく生き生きとした面々が楽しい。

この光文社の山田風太郎ミステリー傑作選シリーズ、
全部欲しいがなかなか見つからぬ。

①眼中の悪魔<本格篇>
②十三角関係<名探偵篇>
③夜よりほかに聴くものもなし<サスペンス篇>
④棺の中の悦楽<悽愴篇>
⑤戦艦陸奥<戦争篇>
⑥天国荘奇譚<ユーモア篇>
⑦男性周期律<セックス&ナンセンス篇>
⑧階段部屋<怪奇篇>
⑨笑う肉仮面<少年篇>
⑩達磨峠の事件<補遺篇>

③は所有/既読
⑤は所有/未読(きっと超ハードな内容で読むのがコワい)

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 2
go page top

甲賀忍法帖


『甲賀忍法帖』
山田風太郎
甲賀忍法帖 (講談社ノベルス)


家康の秘命をうけ、徳川三代将軍の座をかけて争う、
甲賀・伊賀の精鋭忍者各10名。
官能の極致で男を殺す忍者あり、美肉で男をからめとる吸血くの一あり。
400年の禁制を解き放たれた甲賀・伊賀の忍者が死を賭し、
秘術の限りを尽し、戦慄の死闘をくり展げる艶なる地獄相。
恐るべし風太郎忍法、空前絶後の面白さ!


山田風太郎のミステリ作品は読んでいるのですが、
”忍法系”は初めてです。
もちろんその存在は知っていましたし、
むしろミステリよりもこちらのほうが知名度は高いんですよね。

何がなんだか分からない。忍法というより化け物達の戦いです。
死んでも生き返る、液状化する、なんなんだ。
なんとなく科学的注釈をいれているあたりナンカ可笑しい。

これきっと衝撃を受けたってことなんでしょう。
最初は読むのがキツかったのですがなんとなくハマっていきました。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 4
go page top

太陽黒点

太陽黒点  山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)太陽黒点 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)
(2010/09/25)
山田 風太郎

商品詳細を見る

『太陽黒点』

昭和30年代後半の東京。才気に満ちた美貌の苦学生・鏑木明は、
アルバイト先の屋敷で社長令嬢・多賀恵美子と出会い、
偶然にも特権階級への足掛かりを手にする。
献身的だが平凡な恋人・容子を捨て、
明は金持ち連中への復讐を企て始める。
それが全ての悲劇の序章だとは知らず…。
“誰カガ罰セラレネバナラヌ”
―静かに育まれた狂気が花聞く時、未曾有の結末が訪れる。
戦争を経験した著者だからこそ書けた、奇跡のミステリ長編。



上記は本作の説明文ですが
これ以上の説明は危険です。

なにがどう面白かったかを書けばネタバレ。
ネタバレという言葉自体でネタバレか、という危うさ。

”未曾有の結末”
そして”戦争を経験した著者だからこそ”の部分で読んでも良し。

とにかく素晴らしい作品です。


さて 私が入手したのは角川文庫版ですが
廣済堂文庫でも本作品は出版されています。
しかし裏表紙の作品案内の部分で見事にネタを割ってしまっているとの事。
ちなみにアマゾンで廣済堂版を検索しその作品説明文を見ると

・・・・・・・・・

ダメです。見ちゃダメです。

検索は角川文庫版でお願いします。

↓見ないで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

死言状

死言状 (角川文庫)死言状 (角川文庫)
(2012/10/16)
山田 風太郎

商品詳細を見る

『死言状』

ご存知山田風太郎の随想集です.

こういってはなんですが
かなりユルイ内容をぼそぼそ語っています。
このどうでもよさ感はけっこう驚きです。
面白エッセイを書こうという意識はないのかも。
(決して貶しでないので念のため)

終盤は題名にあるような”死”に関する内容で
ここらへんはちょっとまじめになってきます。

奇想の塊のような小説を書く人ですが
この本での印象はまったく普通の人。

そりゃそうかもしれません。
作品イコール作者実像だったらタイヘンなことになってます。

そんなわけで
無理に探して読まなくてもいいかもしんないといった本でした。

↓無理して応援よろしくお願いします
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

この記事で逆に気になってくれる人がいたら大成功って感じですが。
tb: 0 |  cm: 2
go page top

誰にも出来る殺人/棺の中の悦楽

誰にも出来る殺人/棺の中の悦楽  山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)誰にも出来る殺人/棺の中の悦楽 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)
(2011/09/23)
山田 風太郎

商品詳細を見る

誰にも出来る殺人/棺の中の悦楽

毎度御馴染み山田風太郎です。

「人間荘」に越してきた私が押入れの奥から見つけた1冊のノート。
そこには歴代の住人たちの哀しくも恐ろしい人生の記録が記されていた
(「誰にも出来る殺人」)。

彼女のため殺人まで犯すほど恋い続けた女性を失った。
絶望した男は、残された金で半年ごとに異なる6人の女との情事を愉しみ、死のうと決めるが…
(「棺の中の悦楽」)。


という事でいずれも連作短編の形式になっています。

「誰にも出来る殺人」
1冊のノートに書き継がれる犯罪や人生の記録。

人間荘の奇怪な人間性が描かれます。
山風の描く人間関係や犯罪の動機は一筋縄ではいきません。

つぎはどんな手でくるかと待ち構えてしまうのがやはり山風の凄さでしょうか。
次々に明かされる人間荘の面々。

どこでどうつながっていくか予想のつかない展開。
これは面白い。

「棺の中の悦楽」
6人の女性たちの性格や背景をこれだけバリエーション豊かに
設定できるのがやはり山風。

「誰にも出来る殺人」もそうだが
女性が聖女として描かれる場合は何かある・・・・。

↓何かあったら応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

天国荘奇譚

天国荘奇譚
山田風太郎傑作大全⑥です。

「天国荘奇譚」
旧制中学の悪童四人の教師たちへのいたずらを描いた一篇。
いたずらといっても 糞尿がらみの黄金作戦 です。
解説いわく”スカトロジー文学の風味を満喫すべきではなかろうか”

「恋罪」
山田風太郎の下へ送られてくる旧友からの手紙。
そこで事件が浮かび上がってきます。

「ドン・ファン怪談」
払えないお金の支払いを、つれてくる女性の容姿で分配率を決めることにした
学生たちの話。

「童貞試験」
新婦の友人が新郎が童貞であるか否か確認する話。
ここでも山田風太郎を介した手紙のやり取りで物語りは進行。

「寝台物語」
これは別短編集で既読

「大無法人」
妻と死別した男が期間を区切って
放蕩生活をしたり、厳格に生きたり。
ラストもすごい。

「臨時ニュースを申し上げます」
台風で隔離された温泉街でのドタバタ劇。
筒井康隆っぽい。

「大無法人」が一番オススメです。

天国荘奇譚―山田風太郎傑作大全〈6〉 (広済堂文庫)

↓無法に応援よろしくお願いします。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

赤い蝋人形―山田風太郎傑作大全〈12〉 (広済堂文庫)

やはり山田風太郎は面白い!

「赤い蝋人形」
列車炎上事故に巻き込まれた編集者と少女の話かと思いきや
全く別の展開へ持っていきます。
ここらへんが山風の凄さか?

「賭博学体系」
偶然酒場で顔を合わせた四人の男の話。
プロバビリティの犯罪、的な会話の内容から
またしても新たな展開をしていきます。

「美女貸し屋」
冒頭、
読者よ、あなたは、世の中で、一番巧妙な犯罪とはいかなるものか、知っていますか?
で始まるが
まったく話の内容は違うところに飛んでいきます。

「とんずら」
これは別の短編集で読みました。

「わが愛しの妻よ」
このような救われない話もお得意のパターン
なのでしょうか?

「痴漢H君の話」
これは女性は怖いという話でいい?

「ダニ図鑑」
小金持ちになり家庭が崩壊し、
吹っ切れて自分のために生きていく男。
のはずが・・・・
ラストがおもしろいというか哀れだなァ。

↓哀れんで応援よろしくお願いします。


赤い蝋人形―山田風太郎傑作大全〈12〉 (広済堂文庫)
tb: 0 |  cm: 2
go page top

天使の復讐

天使の復讐 風太郎傑作ミステリー (集英社文庫)天使の復讐 風太郎傑作ミステリー (集英社文庫)
(1997/02/14)
山田 風太郎

商品詳細を見る

ご存知山田風太郎のミステリー短編集。

「狂風図」
戦争のもたらす狂気は
例えばやはり短編集『黒衣の聖母』で
本当にイヤになるほど味わえますが
どちらかというとその系統でしょうか。
ただここでは若者達の実直な青春記とも読め、
ラストもいい感じです。

「天使の復讐」
雑誌「平凡」に掲載された作品ですが
山風自ら”掲載雑誌の題名のごとしと評されても致し方ない”との評価。
さもありなん。

「色魔」
歪な三角関係みよる殺人の一幕

残りの
「鬼さんこちら」「飛ばない風船」「知らない顔」
は短編集『夜よりほかに聴くものもなし』で既読ですが
この3篇の方がほうがいい仕上がりかも。

↓応援よろしくお願いします。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話