05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

おとなの自由研究 赤おに/青おに

おとなの自由研究 赤おに/青おに

おとなの自由研究 赤おに (アスペクト文庫)


月間来訪者数が100万人を記録する人気Webサイト「デイリーポータルZ」
に発表された膨大なコラム作品から初期の名作を選りすぐった一冊が
文庫版で登場。この「赤おに」編では、「バナナで釘うって日曜大工」や
「糸電話で市外通話」「高所恐怖所克服大作戦」
「河原でバームクーヘンづくり」「電車が出る瞬間めぐり」ほかを収録。

「青おに」編では、「新歓コンパ実況中継」「自由の女神コレクション」
「お台場の干物をつくろう」「包む! 手当たり次第! 」ほかを収録。


デイリーポータルZの本だ。
文庫になる前の本も持っている。これを分冊にし文庫化したようだ。
2冊いっしょにおいてあったので、ダブるとはわかりつつも購入した。
おとなの自由研究 青おに (アスペクト文庫)

さて内容はバカらしいこと満載で役に立たない。
このようなバカな事を思いつけるのがうらやましい。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

この2冊、軽く読みなおす程度でしたが図版の誤記が多数あり。
いかがなものか。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

乙幡脳大博覧会

乙幡脳大博覧会
乙幡脳大博覧会
『妄想工作所』・乙幡啓子の妄想工作が大爆裂! !


ほとんどダジャレ、ほとんど思いつき!

足型に氷を抜いて「スケキヨ風氷」
軒に干した鮭を模して「新巻鮭風虫コナーズ」
大小カップヌードルで「マトリョーシカ」
漁師ならやっぱり「大五郎でボトルシップ」

くだらないネタを真剣に作り上げた、乙幡ワールドここに有り! !


こういうの大好き。
デイリーポータルZ系のばかばかしい内容です。

スケキヨ的製氷機でがっちり掴まれました。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

会話の天才

『会話の天才』
野地秩嘉
会話の天才 - 自分を変える3つのスキル - (ワニブックスPLUS新書)


寡黙でほとんど取材を受けることがなかった、高倉健さんのインタビュー
集を日本で唯一出版。日本を代表するノンフィクション作家として、
ポール・マッカートニーさん、柳井正さん、孫正義さんをはじめ、
3000人を超える超一流と「会話」をするなかで得た技術やコツを、
ポイントを押さえ、わかりやすく紹介。
会話に抱いていたあらゆるネガティブ要素が消え、自分が変わり、
人生が変わる―。本物の「会話」をする技術が簡単に手に入ります。


野地さんのノンフィクションは丁寧な取材や構成の確かさ
取材者に敬意をはらうご本人の人柄さえ出てくるような文章が好きです。
しかしこの本は手軽にやっちまったな、という感想です。

なんとなくですが、
誰かが野地さんにインタビューし、
それをとりあえず新刊出版数をキープするために
野地さん名義で急ぎ足で出版した。
そんな感じです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

文系人間のための金融工学の本

『文系人間のための金融工学の本』
土方薫
文系人間のための金融工学の本―デリバティブ裏口入門 (日経ビジネス人文庫)
文系人間のための金融工学の本―デリバティブ裏口入門 (日経ビジネス人文庫)


どっちが得か、損か――その感覚さえつかめれば、
オプションもスワップも先物も理解できます。
パンとワインなど身近な取引事例から基礎をやさしく解説。
「金融工学は難しい」というトラウマから解き放ちます!


Eテレの「オイコノミア」でデリバティブをテーマにしていた回があり
それでなんとなくわかった気にもなったが
数値での実例が入るとやはり難しくなっていく。

それでもこの金融工学や行動経済学というのは面白い分野だと感じます。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

中学生のための金融工学の本を出してほしい。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

雑談力

『雑談力』
百田尚樹
雑談力 (PHP新書)
雑談力 (PHP新書)


多くの人は、雑談について「相手が興味を持ちそうな話をすればいい」
と思っているが、それは大きな勘違い。じつは本当に面白い話題とは、
「話し手が一番興味がある話題」である。
そしてその話の構成を工夫しさえすれば、
誰もが引き付けられる話になるのだ。
「書くより喋る方が100倍も好き」と語るベストセラー作家が、
面白い話を構成する技術を開陳。
「地球上には、自然界で生きていけない動物が一種類だけいる」
といった薀蓄や、一度聞いたら忘れられない著者自身の失敗談など
「ウケるネタの具体例」も満載。
雑談で人を楽しませる快感を味わうための一冊!


カバーが2枚かかっていて下側一枚目は通常の新書の地味なカバー。
2枚目が通常は帯で表すような惹句と著者の近影になっている。

この構成の面白さで購入。

惹句には”抱腹絶倒”とか
ご注意!電車で読むと笑いすぎて危険な個所があります。
なんてあったがそんな危険な個所はなかったです。
誰がつけたんだこの惹句!

雑談力という事については
話の構成に気を付けて話しましょう、という内容でいわれて納得です。
しかし大半は雑学ネタの紹介が多い。(そのネタ自体は面白い)

雑談というより雑学をどのような構成で伝えるか、といった内容なので
もともと話す場がある人向けでしょうか。

本当は知らない人とどう会話をつないでいくか、という事が知りたい。
なにしろそれができないので。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

キミがこの本を買ったワケ

『キミがこの本を買ったワケ』
指南役
キミがこの本を買ったワケ (扶桑社BOOKS文庫)


さて、あなたは、ついさっき寄ったコンビニで何を買ったか、
その理由を覚えていますか?
また、十数年前に大ヒットした「エリマキトカゲのCM」って、
なんの宣伝でし
たっけ?
あれだけ、評判になってCMなので、
さぞかし商品も売れたんだろうと推測しますが、果たして結果は?


マーケティングに心理学やCMなどを絡めた本です。
ひとつひとつのトピックスは面白い。
しかし著者がそこから読み取る内容には一貫性がない。
さっきいってたことと違ってない?
(それだけマーケティングに正解はないってことなんでしょうけど。)

よって第一印象は”浅い本”

いやしかし個々のトピックで見ると面白いんです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


本のタイトルと装幀はとても好み。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

さよなら、気まずさたち

『さよなら、気まずさたち』
フロンツ
さよなら、気まずさたち


気まずいとき、どうしますか?
電車でお年寄りに席を譲ろうとしたのに断られたとき、
店員だと思って声をかけた人が客だったとき、
友人にかわいくない恋人の写真を見せられたとき、
あなたはどうすればよかったのでしょう?
そんな、今までどうしようもないと思っていた“気まずさ”を
“笑い”に変える方法をここに大公開!


こういう本の面白さは説明できぬ。

文体は、ですます調で、
丁寧な言葉遣いのまま意外な言葉をぶつけてきます。
わたしはこういう感じが非常に好きなのです。
野暮な事を書いてしまいました。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


あとがきの最後の一発もよかった。全く気が抜けません。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

もたない男

『もたない男』
中崎タツヤ
もたない男 (新潮文庫)
もたない男 (新潮文庫)


断捨離ブームの中、これほどモノを捨ててしまう男はいない。
あの『じみへん」の作者である 漫画家・中崎タツヤは
「捨てなくても捨てられない」どころが「捨てたくてたまらない」。
結果、部屋には何もなく、いつでも引っ越しOK。
常に無駄なものはないか考えている。
捨ててみてたじめてわかる大切なものがある。
人はどこまでモノをもたずに生きられるのか?


まず冒頭の仕事部屋の写真に驚く。
通常”何もない”といっても何かあるが本当に何もない。
自作の枕と机と椅子と漫画を描く道具だけだ。
あと、掃除機と洗剤と歯みがき道具くらい。
入居前の状態でにしか見えない。

中崎さんはムダがある状態がお嫌いなようで何でも捨てる。
ボールペンもインクが減るとその分をわざわざ短く加工して使用する。
本も2,3ミリ分読んだらちぎって捨てる
そしてその分をやはり手を加えて本の形に整える。(図解あり)

本人も語っているようにわざわざ捨てるモノを探している。
単なるモノではなく部分単位で探しているところがオソロシイ。
バイクのフェンダーも不要に思えるとバラシて捨てる
机も長いと思えば切って捨てる

買い物してもムダなので袋もレシートも貰わないででそのまま持ち帰る。
(万引きと間違えられたそうです)
2個一組の糊も一つあれば十分なので買ってすぐ捨てる

到底マネできない境地ですが
なんだか読んでてスッキリしてしまいました。

”片づける”事に対しメッセージ性がないところもイイ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


本は自著でも捨てる中崎さん。
きっとこの本も捨ててしまっているんでしょう。

tb: 0 |  cm: 2
go page top

「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー

『「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー』
高橋秀実
「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)
「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)


フツーにやってたら勝てるわけがない。「弱者」はギャンブルを仕掛ける
しかないんだ! 練習時間、グラウンド、施設――すべてが不十分!
それでも東大合格者数1位の超進学校は、7年前に東東京大会ベスト16、
今年もベスト32に勝ち進んだ。守備より打撃、サインプレーなし、
送りバントもしない。どさくさで大量点を取って打ち勝つべし!
秀才たちが辿りついた結論は、高校野球の常識を覆す大胆なセオリー
だった。


アマゾンレビューが121件とスゴイ数です。
売れたんですね。
ミズノスポーツライター賞優秀賞という事よりも
テレビドラマ化の影響がやはり大きいんでしょう。
妙に売れたせいか、今ではどこのブックオフでも108円均一棚に
数冊見かける状態になっています。

私は最近、別の本で高橋秀実ファンになったので売るわけにはいかぬ。

さて高橋さんと云えばどこかトボケている文体で
読んでいて楽しいのですが、本作も当然同じテイストです。
本作のテーマは超進学校の野球部。
練習時間や施設で圧倒的に強豪校に負けるので、普通では勝てない。
ここで青木監督のいろいろな作戦があるのですがまあ素晴らしい。
この部分は読んでお楽しみですがまずもって青木監督のキャラいい。
こんなにいきいきと描かれるのも高橋さんの筆力ですなあ。

もちろん部員達もひとりひとり紹介しているが、
これまたみんなすっとぼけている。
超進学校の生徒という事でなんかイヤミな奴らかと
勝手に思っていましたが全くそんなことは無い。
素直で考えすぎたりしているやっぱり頭のいい生徒さんたちです。

そんなわけで売れた本でもあるし、高橋秀実入門にはよいです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

解説が桑田真澄さんです。
おかしなところはなく真面目なのにどことなくユルサがあり面白い。

tb: 0 |  cm: 2
go page top

ゼロからトースターを作ってみた結果

『ゼロからトースターを作ってみた結果』
トーマス・トウェイツ
ゼロからトースターを作ってみた結果 (新潮文庫)
ゼロからトースターを作ってみた結果 (新潮文庫)


トースターをまったくのゼロから、つまり原材料から作ることは可能なの
か? ふと思い立った著者が鉱山で手に入れた鉄鉱石と銅から鉄と銅線を作
り、じゃがいものでんぷんからプラスチックを作るべく七転八倒。集めた
部品を組み立ててみて初めて実感できたこととは。われわれを取り巻く消
費社会をユルく考察した抱腹絶倒のドキュメンタリー!


全くクレイジーな奴です。
トースターを作るために、まずは分解して原材料を確認し
鉄が必要とあらば鉄鋼を手に入れ家庭の庭で製鉄します。
(電子レンジを使ったりして)

結果はどうなったか。これは読んでのお楽しみ。
まあスゴイ奴(英国人)もいたもんです。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話