FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

人生でムダなことばかり、みんなテレビに教わった

『人生でムダなことばかり、みんなテレビに教わった』
戸部田誠



お笑い芸人もアイドルも、ゆるキャラまでも、テレビの前ではその
“人間性”がむき出しになる。ビートたけしの若き日の野望、
明石家さんまの「生きてるだけで丸もうけ」。黒柳徹子は、宮沢りえは、
田原総一朗は何を思い、カメラに向かうのか。
人生に「ムダ」だけど大事なことはみんな、テレビが教えてくれる。
文庫オリジナル!テレビっ子ライターが収集した金言の宝石箱!
テレビから発信された、100人による100の哲学。


芸能人のちょっとした発言からその人の魅力をぐぐぐっと引き出す
読んでいて非常に心地よい本です。
悪口がなくみんないい人に思えてきます。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

怪しい噂ぜんぶ体張って調べた

『怪しい噂ぜんぶ体張って調べた』


巷に広がる怪しい噂の数々。
本書はそれらを編集部員やライターが自ら体を張って検証したものだ。
悪徳業者の実態から、疑惑のサービス、有名都市伝説の中身まで。
誰もが気になるあの噂の真相全23本 !

ということでこんな感じ。

有名手相占い師は特殊メイクで別人になっても同じ結果を出すのか ?
口コミ☆一つの宿に泊まる
花粉レーザー手術で鼻グズグズをぶっ飛ばせ !
日本一のバカ高校では、どんな会話がなされているか
東京・上野 昏睡ぼったくりバーの恐るべき手口
ジャイアンツは攻撃中だけ飛ぶボールを使ってる ?
競馬は倍々プッシュで必ず勝てる !?
「全米が泣いた」映画でアメリカ人たちは涙するのか
UFOキャッチャー握力調整のカラクリ解明 !
大麻ジイサンの小屋を訪ねる …etc.

中には調査側がかなり相手側を追い詰めていく場面もあり、気持ちよく
読めないところもあるが、一般消費者を騙すような業者の手口を知るの
にはなかなか興味深い内容だった。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

マイ遺品セレクション

『マイ遺品セレクション』
みうらじゅん




還暦過ぎても生前整理や断舎離は一切やらず、人に見せて笑ってもらう
ためだけに倉庫まで借りて集め続けている「マイ遺品」を一挙大公開!


いままでのみうら本や「みうらじゅんフェス!」で紹介されていた内容
がメインなのですがそれでも面白い。面白がり方が面白いのだなあ。

今回初めて知った”遺品”は、SND(鍾乳洞)グッズ。鍾乳洞の中に入るよ
りもそのお土産屋しが目的になっているようだ。さすがはスーベニアン。
似たところでは「みうらじゅんフェス!」では崖ブームがありました。

『ワッフル』は”格子状のコンクリートで出来た土砂崩れ防止用壁”の事。
写真で見ると一目瞭然のアレです。こうやって意識させていただくと興
味深いが普通はそこに目が向かないよなあ。

また私も気になりだしていた”Since”はついに無法地帯となり
いまやSince 2020や、Since Angelなんてものも出てきているらしく
Sinceを審査する(通称シンサー)みうらさんも憂いています。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

東日本大震災の流言・デマ

『東日本大震災の流言・デマ』
荻上チキ



チェンメ、リツイート…災害流言という人災!
流言やデマはどのように生まれ、どのように広がるのか?
真偽を確認するにはどうすればいいのか?
そのメカニズムを解説し、ダマされない・広めない基礎知識を伝授。


実際の東日本大震災時での流言を例に解説している。
間違った情報が多くの人を混乱させていた事がよくわかった。
その情報を発信したり拡散したりする人が善意のつもりで行っても
間違った情報は場合により命取りになる。
私たちも注意しなければならないと改めて思いました。

この著者の造語かもともとある言葉かわかりませんが
「うわさ屋」「検証屋」というキーワードはわかりやすかった。
とにかく何でも拡散する「うわさ屋」と
その情報を解析し間違っていれば歯止めをかける「検証屋」。
検証作業は時間がかかるためあっというまに流言・デマは拡散してしまう。
まずは検証できない場合でも拡散しないほうが正という場合はあり、
いたずらに拡散させないほうがむしろ良い状況に繋がる事を知ろう。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

事故物件に住んでみた!

『事故物件に住んでみた!』
森史之助



「自殺対策白書」などの政府の統計を読み解くと、日本では年間5000件
以上の自殺による事故物件が誕生している。住んでいたアパートが取り
壊しに遭い、自宅を追い出された著者は、家賃が格安だという事故物件
に入居を試みる。引っ越しまでの道のり、そして引っ越してからの体験
は、通常の「お部屋探し」では味わえない恐怖とスリルに満ちたものだ
った……。


心霊的な怪奇現象に見舞われるたという内容かと思ったら
それは全くなかったようだ。
ということで事故物件選び、周りの反応といった部分が主となっていた。

著者はあの大島てるに、かなり初期の段階でインタビューしていたので
事故物件についてはかなり早い時点で着目していた人のようだ。

さて怪奇現象の話はなかったが1件コワい話が合った。
ある事故物件(著者は結局借りなかった)、
浴室で自殺したようだが
その浴室というのが洗い場がなく浴槽しかない。
ドアを開けるとただ浴槽だけ。
間取り図があったが結構広い間取りの中の浴槽だけの浴室。
狂気を感じてしまいこれはコワい。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

アイドル万華鏡

『アイドル万華鏡』
辛酸なめ子



光り輝くアイドル界、その裏には不穏な空気が立ち込めています…。
日々猛スピードで消費されゆくアイドルたちの生オーラを感じに著者が
イベントなどへ潜入を敢行。さらにインタビュー記事などの膨大な資料
から、愛してやまないアイドルたちの真の姿に迫った、抱腹絶倒の傑作
コラム集。


2005年ごろのコラムの文庫化ですが、いきなり一人目が安倍麻美、と
明らかに方向性を決めている感じです。
丁寧な文体の中の悪意か愛憎かあるいは畏れ。単にコケにしているのか。
安倍麻美に対する違和感を見事に表しています。

あとはもうこんな感じでとにかくまあ面白いです。
夢想編がアイドル、実践編は稲川淳二からダライ・ラマ14世まで幅広い。
押尾学なんてところはもういい味出してるとしか言えないですね。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 0
go page top

泥棒刑事

『泥棒刑事』
小川泰平



犯罪件数の大半を占める「窃盗事件」。泥棒一人を逮捕し取調べると、
数百件の余罪が判明。未解決の窃盗事件を解決する。著者は長年「泥棒
刑事」(捜査三課部長刑事)として、多くの「職業泥棒」と戦ってきた。
完黙被疑者との取調室での攻防。窃盗事件は殺人事件のような派手さは
ないが庶民の日常で発生している。地道な「現場百回」、指紋・足跡・
筆跡等、綿密な現場観察、「手口分析」「ナシ割り捜査」「的割り捜査」
「よう撃捜査」、等あらゆる捜査手法、プロの仕業「二点三角破り」など

初めて克明に明かされる、「ドロ刑VS職業泥棒」のすべて! リアル警察
ノンフィクション。

あっ、小川さんってテレビで見かける方だと思い手に取りました。
泥棒刑事(ドロ刑)とは主に窃盗を取り扱う刑事。
テレビでも”操作の基本はドロ刑””ドロ刑に始まりドロ刑に終わる”
なんて仰ってました。
本書は華々しく描かれることのないドロ刑をもっと知ってほしい、
という狙いで書かれたようですが、さすが本職、リアルな泥棒と刑事の
やりとりが書かれており非常に興味深い。
本としてはまず文章が読みやすい。テレビでの発言も落ち着いた口調で
丁寧な対応でしたが文章も同じでした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


”ドロ刑”に限った話ではありませんが警察官の階級を調べると
面白いですよ。
例えばドラマのあの刑事は、とか。
タカやユージは巡査部長。大原部長と同じです。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

クリエイターズ・ファイル Vol.1

『クリエイターズ・ファイル Vol.1』
秋山竜次



ロバート・秋山がさまざまなクリエイターに扮する大人気企画
『クリエイターズ・ファイル』がDVD付きで待望の書籍化!

いまもっともアツいクリエイターたちのインタビュー集!

ジェネラルCGクリエイター:磯貝KENTA
テクニカル・サウンド・アレンジャー:重松光
「銀風の塔」グループCEO:大垣節子
アース・フォトグラファー:キブネ・シン
メディカル・チームドクター:横田涼一
トータル・ファッション・アドバイザー:YOKO FUCHIGAMI
ダンスパフォーマー兼 振付師:SHU-ZO
スローフード・アドバイザー:セレス・C・グロース
ワードパティシエ:竜斎雲
俳優:桐乃祐
プロスカウトマン:荒井裕二郎
TVプロデューサー×構成作家:成安タロウ×唐沢佐吉
インディアンジュエリー・デザイナー:小野幸次郎
トータル・ウェディング・プロデューサー:揚江美子
トータル・脳ガズム・トレーナー:パール川辺


噂では知っていたクリエイターズ・ファイル。
面白かった。

いかにもいそうな人たちです。
クリエイターと言われる人たちのある種のいかがわしさ、うさんくささ
まで含め見事に成りきっています。(名前や肩書も含めて)
まずは本で読んで、そのあとDVDみて、ともに楽しみました。
本とDVDで内容は重複するところもありますが異なるエピソードも
満載です。

この企画は、成りきる秋山さんの演技力とその自然さには脱帽ですが
本としてのインタビュー集の流れや写真、ドキュメント映像としての
構成と、いずれも見事にドキュメンタリーっぽさが出ており、
秋山さんはじめスタッフ陣のクリエイターズぶりが伺えました。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

意外なところで、構成作家:成安タロウがお気に入り。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

宝くじで1億円当たった人の末路

『宝くじで1億円当たった人の末路』
鈴木信行



「好きなように生きていい」。
専門家と著者が導き出す多様な「末路」が、そんなふうに、
そっとあなたの背中を押すはずです。
≪23の末路≫
・宝くじで1億円当たった人の末路
・事故物件借りちゃった人の末路
・キラキラネームの人の末路
・「友達ゼロ」の人の末路
・子供を作らなかった人の末路
・教育費貧乏な家庭の末路
・賃貸派の末路
・自分を探し続けた人(バックパッカー)の末路
・留学に逃げた人(学歴ロンダリング)の末路
・「疲れた。海辺の町でのんびり暮らしたい」と思った人の末路
・電車で「中ほど」まで進まない人の末路
・「グロい漫画」が好きな人の末路
・外国人観光客が嫌いな人の末路
・癖で首をポキポキ鳴らし続けた人の末路
・8時間以上寝る人の末路
・いつも不機嫌そうな上司の末路
・体が硬い人の末路
・禁煙にしない店の末路
・日本一顧客思いのクリーニング店の末路
・リモコン発見器の末路
・ワイシャツのしたに何を着るか悩む人の末路1
・ワイシャツのしたに何を着るか悩む人の末路2
・男の末路
・アジアの路上生活障害者の末路


あるあるネタ系の軽いお笑い本かと思ったら真面目な本でした。

「宝くじで1億円当たった人の末路」ならマネーの専門家、
「グロい漫画が好きな人の末路」なら心理研究者などに
まじめに問答して答えを引き出します。

「友達ゼロ」の人の末路なんてドキッとしてしまいましたが、
出てきた結論は
何の心配もいらない。友達は無理につくるものではない。
同調圧力、孤独力、等のキーワードを使い、無理に群れることは無い、
と説いてくれます。
もちろん本当の友達は必要ですが、表面的な友達はいらないという事。
良い内容だ!

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

しかしどの末路もお笑いネタになりそうなチョイスだったんですがね。
その方向で一冊お願いしたい。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

年齢学序説

『年齢学序説』
博多大吉



人生における転機は、いつ訪れるのか。構想8年、執筆3年。
博多大吉が古今東西の偉人・芸人・歌手・アスリートなど、
膨大なデータから導き出した、成功を決める「年齢の法則」とは?
「マジか!?」と言いつつ、読むとなぜか元気が出てくると評判を呼んだ
処女作に大幅加筆。端整な顔をした詐話師・大吉先生の傑作、
付録の年齢表も完全収録!


これは面白い。

博多大吉先生の年齢学。スポーツ含む芸能人の転機は26歳に訪れる、
という内容を各種データを繋げて論じます。
もちろん先生が自ら言っている通り、何歳に年齢を設定しても
似たようなデータは集まるのでしょう。こじつけの極みです。
しかし、本書の読みどころは
言葉を自在に操り、装飾に装飾を重ねた絢爛たるリズム感ある文章と
年齢学の結論に向かって収束する話の筋のうまさ、
そして取り上げる人たちへの心からのリスペクト。
これらが一体となり読んでいて非常に心地よい。

もしビブリア・バトルに参加することとなったらぜひ取り上げたい。
世間とかけ離れた世界を描かなくとも、また一見堅い文章でも
楽しい本ってあるってことの証明となる気がします。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

しかし”端整な顔をした詐話師”ってのは言いえて妙。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話