05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

ヴァーティカル・マン ~ リンゴ・スター

ヴァーティカル・マン
1998年発表。
ヴァーティカル・マン

なんとなく買ったCDで「ラヴ・ミー・ドゥ」のカヴァーがあるな、程度
の認識でたぶんそこを1回聴いて、後は全体をながら聴きで一回聴いたく
らい。全く印象に残っていませんでした。
なんともモッタイナイ聴き方なんですが、一度に大量にCDを買うとそん
な対応にならざるを得ない場合が多いです。特に強烈なプログレやスリリ
ングなジャズ・ロックと併せて買うと、リンゴ・スター、分が悪いです。

なぜかいま気になりPCに録音した音源で聴いていますが、これはいい。
サイケっぽいし、トラヴェリング・ウィルベリーズみたいしジェフ・リン
が絡んでいるのかと思いウィキペディア等で調べたら、ジェフ・リンは絡
んでいませんしたが共演者が超豪華。
ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、オジー・オズボーン、ス
ティーヴン・タイラー、ジョー・ウォルシュ、そしてブライアン・ウィル
ソン!参りました。

PCに録音した後、CDそのものはどこか奥のほうへしまいこんでいるの
でライナーノーツとかクレジット情報がわからないのですが物凄く知りた
い、誰がどの曲でどんな風に参加しているのか!

What In The... Worldでのコーラスはポールっぽい。とするとベースも
弾いていそう。
King Of Broken Heartsのギターは完全にジョージ節。いいですなあ。


収録曲はリンゴとリンゴのチームで作っているようで共演者の曲提供はな
さそうですが全編メロディアスです。そしてなにしろ唯一無二のあの声が
ステキ。
これはかなりいいアルバムだったんじゃないでしょうか。
90年代の終わりにこんな充実したアルバムを作っていたんですね。
(もしかすると高評価のアルバムなのかも?リンゴは情報少ないからわか
らないや)

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 2
go page top

グッドナイト・ウイーン ~ リンゴ・スター

Goodnight ViennaGoodnight Vienna
(1992/11/04)
Ringo Starr

商品詳細を見る


グッドナイト・ウイーン ~ リンゴ・スター

1974年発表。
毎度御馴染み元ビートルズ リンゴ・スターです
ビートルズのアルバムでは
アルバムに1曲くらいリンゴ・ヴォーカル曲がはいっていていいアクセントになっていました。

ではアルバム通してきくとどうか?
これがけっこういいんです。
リラックスした歌声でもはや伝統芸とでもいうべき存在感です。

本アルバムは 表題曲「グッドナイト・ウイーン」はジョン提供、
また「スヌーカルー」はエルトン・ジョンが提供、と
相変わらずの豪華な作品です。

リンゴに唄ってもらうってなんか気分の良いことなのかも。

さてそんな中、超有名曲「オンリー・ユー」もカヴァーしています。
うん。これこそリンゴの味ですなあ。



↓味わい深く応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

ジャケットはSF映画のパロディだそうです。
その映画の写真は見たことはあるんですが思い出せない
tb: 0 |  cm: 4
go page top

カントリー・アルバム ~ リンゴ・スター

カントリー・アルバムカントリー・アルバム
(2000/06/28)
リンゴ・スター

商品詳細を見る

毎度お馴染みリンゴ・スターの1970年のセカンド・アルバム。

カントリー&ウェスタン好きのリンゴがナッシュビルで録音した
C&W全開のアルバムです。
曲はスタンダードかと思いきや全曲リンゴのために書き下ろされた曲だそうです。

内容はというと、
ゆったりとして穏やかな曲ばかりで退屈です。ごめんなさい。
ラストの「サイレント・ホームカミング」が
ちょっと正統C&Wから外れたような曲でちょっと面白いくらい。

救いはボーナス・トラックの
「クーチー・クーチー」「ナッシュビル・ジャム」
テンポがよいのとお遊びぽくってこれは好きです。

前作の『センチメンタル・ジャーニー』のような
ゴージャスで派手なサウンドのほうがリンゴには合うような気がしますなあ。

↓ゴージャスに応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
tb: 0 |  cm: 9
go page top

Christmas Time (Is Here Again)

このChristmas Time (Is Here Again)は
1967年にファン・クラブ用にソノシートで配られた
ビートルズのクリスマス・ソングです。
(公式曲ではないです)

シンプルな曲ながら結構イイ感じです。

今日はリンゴ・スターが後にカヴァーしたヴァージョンをお送りしましょう。


Simply having a wonderful Christmastime!

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ

tb: 0 |  cm: 4
go page top

センチメンタル・ジャーニー

センチメンタル・ジャーニー(紙ジャケット仕様)センチメンタル・ジャーニー(紙ジャケット仕様)
(2008/06/18)
リンゴ・スター

商品詳細を見る


リンゴが華麗なアレンジを施されたスタンダードナンバーを
好き勝手に歌うアルバムですが、
なかなかよいんです。これが。
ビートルズでいえば グッドナイト か。

あの声が武器になっていますなあ。
他にいないよ。

オススメはナイト・アンド・デイ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話