02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

自伝 鈴木茂のワインディング・ロード

自伝 鈴木茂のワインディング・ロード
自伝 鈴木茂のワインディング・ロード はっぴいえんど、BAND WAGONそれから (Guitar Magazine)
自伝 鈴木茂のワインディング・ロード はっぴいえんど、BAND WAGONそれから (Guitar Magazine)


はっぴいえんどのギタリスト、鈴木茂初の自伝。

日本を代表するギタリストでスライド・ギターの第一人者鈴木茂の自伝。
ベンチャーズに憧れてギターを弾き始めはっぴいえんどでプロデビュー。
以後、キャラメル・ママ~ティン・パン・アレーで多くのアーティストを
サポート、ソロ活動では永遠の名盤『BAND WAGON』を産み落とし、セッシ
ョン・ミュージシャンとしても数々のレコードに名演を残している。半ば
伝説化された存在で、若い世代からのリスペクトも年々高まっている鈴木
の幼少期からの音楽体験やはっぴいえんど秘話、そして現在に至るまでの
半生を掘り下げた初のドキュメント。

【CONTENTS】
■少年時代
■ベンチャーズがやってきた!
■アマチュア・バンド時代
■伝説のバンドはっぴいえんど誕生
■ゆでめん
■風街ろまん
■解散への序章
■ラスト・アルバム
■ティン・パン・アレー
■BAND WAGONとLAレコーディング
■ハックルバック
■スタジオ・ミュージシャンとして
■あの日のこと
■現在
■使用ギター・グラフ
■フォト・アーカイブ
■ディスコグラフィー


という内容で読み応えあり。
大瀧詠一、細野晴臣、松本隆に関する本はいろいろあるかもしれませんが
鈴木茂さんともなるとなかなかなかったのではないでしょうか。

楽しい。面白い。
彼を取り巻くミュージシャンとの出会いなどもワクワクしたし、
なによりギタリストとしてのルーツ、方法論、軌跡がわかった。
本書はインタビューを編集したつくりになっていますが
あたかも私たちに直接、あの時はこうだったんだよと語りかけているよう
でなにか優しさや温かさみたいものも感じてしまいました。

巻末のディスコグラフィーについてはその解説自体が短すぎるのが残念
ですが、ギター・プレイに焦点をあてているのが良い。

現時点でアマゾン・レビューは7件
その7件の評価はすべて星5つ。
皆待ち望んでいたんですなあ。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


↓何しろ単身アメリカへ飛びコレ作っちゃた人。




tb: 0 |  cm: 0
go page top

スノー・エキスプレス

スノー・エキスプレス


鈴木茂1975年の大名盤「バンド・ワゴン」でのインスト・ナンバーです。
2104年のライヴ!
このアルバム全体にてプレイされるようなバッキングっぽいフレーズから
渋いギター・ソロへ続いていきます。
いまだカッコイイ!

ただ、下からのアングルはちょっと。おじさん度をアップさせています。
なぜそうした。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

BAND WAGON 2008-Special Edition-
BAND WAGON 2008-Special Edition-
tb: 0 |  cm: 2
go page top

鈴木茂 新しい音楽性?

ブログランキングのひとつのblogramへ参加しています。

(よろしければ画面右側のバナーをクリックしてみてください、
そんなに手間ではないです。
いやお忙しいのは重々わかっているんです。)

そこにはやはり個人向けに広告が出てくるのですが
鈴木茂さんの話題を記事にすることも多い私ゆえか
広告も鈴木茂関係がよくでてきます。

そんな中でまったく知らなかった鈴木茂像に出会えました。

鈴木茂 東北民謡集鈴木茂 東北民謡集
(2010/09/29)
鈴木茂

商品詳細を見る



へえー茂さん。民謡も手がけているのか、

ってぜんぜん違う人ではないですか。

(↑長らくブログをしていますが上記のようなノリツッコミは初めて)

ブログの文体をも変えてしまうほどの破壊力です。

この破壊力を多くのはっぴいえんどファン、鈴木茂ファンに届けたく
今回記事にしてみました。

↓ファンの方は応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

是非ユニット”鈴木茂”作ってください。


本当はこんな人
BAND WAGON 2008-Special Edition-BAND WAGON 2008-Special Edition-
(2008/04/23)
鈴木茂

商品詳細を見る
tb: 0 |  cm: 0
go page top

ラハイナ・ガール ~ 鈴木茂

ラハイナ・ガール ~ 鈴木茂

あいかわらず超名盤『バンド・ワゴン』名盤『ラグーン』
の記事を書かず周辺から記事を書いています

「ラハイナ・ガール」は1978年『TELESCOPE』収録曲です。

このアルバム自体は決していいアルバムとは思っていません。
なにしろ鈴木さんのヴォーカルが不安定になってきています。
このアルバムアルバムあたりからの傾向です。
さらに全体的にたちこめる歌謡曲テイスト。

当時は歌謡曲のアレンジャーとしても活躍していたせいか
その仕事っぷりをソロ・アルバムでも実践していたのでしょうか。
自身のギターも目立ってないし。

そんな中、この曲のみが際立っています。
ヴォーカルは線は細いもののこの曲では安定して歌っています。
そして哀愁ある歌詞とそれに見事に合致したメロディ。

これは名曲。しかも隠れすぎてる名曲と思います。



↓隠れて応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

TELESCOPETELESCOPE
(1997/10/22)
鈴木茂

商品詳細を見る
tb: 0 |  cm: 4
go page top

WHITE HEAT ~ 鈴木茂

WHITE HEAT(紙ジャケット仕様)WHITE HEAT(紙ジャケット仕様)
(2007/02/26)
鈴木茂

商品詳細を見る

1979年発表。

全国の鈴木茂ファンの皆様。こんばんは。
ギタリスト鈴木茂のインスト・アルバムです。
フュージョンといったジャンルになりそうな音楽です。

今までソロアルバムには必ずインスト曲が入っていましたが
それと同じくギターは決して目だっていません。
あくまでも全体の曲の中でのギター・パートといった感じです。

傑作ソロ「ラグーン」以降はティン・パン・アレーでの活動もあり
どちらかというとバッキングでの名手、的な評価がされたいるギタリストですが
ここではいわゆるリード・ギターもかなり弾いています。

このリード・ギターですがワタクシの様なものが評するのはおこがましいのですが
ウマイ、です。
音は伸びやかで正確、聴いていて心地よい音になっています。
「CITY STREET」なんてところでは結構テクニカルなフレーズも飛び出します。

「STARLITE MELODY」も小粋なギターが全体のお洒落なサウンドにマッチし良い出来です。

やはり惜しいのは、ジャケットもギターが写って気合い十分のようですが
ギターが目だたなさ過ぎること。
もうちょっと表に出してもよかったのにね。

ギタリストとでなくアレンジャーやプロデューサーとしての視点で制作したんでしょうね。

↓新たな視点で応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

↓イイ曲です。でもギタリストのアルバムに入る曲ではないよなあ。でもイイ曲。

tb: 0 |  cm: 2
go page top

パッション・フラワー ~ 鈴木茂

ISLAND MUSICISLAND MUSIC
(1990/10/15)
細野晴臣

商品詳細を見る

本コンピレーション収録の鈴木茂の「パッション・フラワー」ですが
夏向けにぴったりの曲です。
(この曲では)あいかわらずギタリストとしてはバッキングに徹していますが
全体を貫く軽やかなリズムと華やかなフルートの音が爽快です。
旅番組で、これから旅してきまーす的な冒頭のシーンとかに
けっこう使用されている気がするんですがどうでしょう。

こんな感じです!

↓軽やかに応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
tb: 1 |  cm: 2
go page top

TELESCOPE ~ 鈴木茂

ソロ4作目です。
ラハイナ・ガールが最高の出来です。

しかしバンドワゴン、ラグーン、やハックル・バックの紹介をしないで
まわりから攻めているなあ。私。

TELESCOPE

↓今日はこれだけですが応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

Caution!

さて鈴木茂ですが
名盤「バンド・ワゴン」やこれまた名盤「ラグーン」をすっとばして
このCaution!を紹介してしまいます。

ずばり申して、前2作とは異なり完全に歌謡曲テイストです。
またインストナンバーもはいっていません。
ジャケットも全くロックっぽくありません。
どうしちゃったんでしょう。
歌も音程が不安定です。

前2作が素晴らしすぎたのでそういうこともあるか。

でも2曲目 サマー・ワインは
哀愁漂う名曲です。

Caution!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話