02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

日本のロック名盤


「日本のロック名盤べスト100」というのをつまみ読みしています。
日本のロック名盤ベスト100 (講談社現代新書)

とりあえず1位は、はっぴいえんど『風街ろまん』
風街ろまん
風街ろまん

このベスト100には例えば同じはっぴいえんどの通称『ゆでめん』や鈴木
茂『バンド・ワゴン』なんてのが入っていないでミスター・チルドレンや
スピッツが入っていたりしており、決して70年偏向ではなさそうです。
そんな中の『風街ろまん』1位、納得の結果です。

さてロック評論文壇というのがあれば大きく二つに分かれそうです。
一つはメッセージ性、社会性、その時代での意味合いを問うもの。
もう一つは純粋に音楽性、演奏技術、録音技術等を論じるもの。

私は極端に言えば前者は不要、後者だけでいいです。
例えばビートルズなら、労働者階級の若者が世界を変えた、という部分で
なく、テープ逆回転再生をやってみた、なんてネタの方が面白い。

世の中にはほとんど技術論をせず社会性云々だけで音楽評論家を名乗って
いる人が多いですがどうなんでしょう。

いやいやそういう話ではなくて、本書はまあ前者の系列です。

本書は前半がベスト100、後半が日本ロック史を振り返っているのですが
はっぴいえんどについて非常に興味深い記述がありました。

はっぴいえんどの詞はほぼ松本隆が担当(ここまでは御馴染み)
そして詞が先にあり後から曲を作っていく。
そして松本隆が詞によって作曲家(細野/大瀧/鈴木)を選ぶ。
どひゃー。
はっぴいえんどは、日本語ロックは、松本隆が舵をとっていたんだ。
当初は細野サンも大瀧サンも日本語に乗り気ではなかったそうで松本サン
のゴリ押し?がなければ今の日本の音楽シーンはまた別のものになってい
たのかもしれません。

詞が先で後からメロディを付けた事で例えば「風をあつめて」では
”愚直なまでに”規則正しい七五調の詞を一拍で2音譜割りした事で、

「語られるべき内容のものが」
「固有の一定のスピードで」
「停滞することなく、スムーズに前方へと展開されていく」
これが8ビート上で成立する。

著者はこのように説明しています。
すごい。日本語ロックをこのように明確に論じたものがあっただろうか、
とちょっと感動してしまいました。

これがあるから、(意味はわからないとしても)「風をあつめて」が世界
中で愛されているとも。

例えばこんな。


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

ちなみに名盤10位はコーネリアスの『FANTASMA』
明快なポップからだんだん外れていったコーネリアスですがいい仕事を
していたんですね。
もう一度聴きなおしてみよう。(権威に弱いワタシ)

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 10
go page top

風街ろまん

風街ろまん風街ろまん
(2009/02/18)
はっぴいえんど

商品詳細を見る

年末にNHK BSで 名盤の出来るまで、的な特番があり
はっぴいえんどの『風街ろまん』が取り上げられました。

細野、松本、鈴木さんが一同に会し思い出を語り合っていました。
なんでも『風街ろまん』のマルチトラック(8ch)が見つかったそうで
それを聴くメンバーの姿が映し出されていました。

8トラック中、ギターとドラムのパートだけ抜き出したり
ヴォーカルとコーラスを抜き出したりとなかなか興味深い番組でした。

当然サウンドについても触れる一方、
松本さんの詞の世界にも触れていました。

御馴染みのところで「はいからはくち」は、
”ハイカラ白痴”と”肺から吐く血”のダブル・ミーニング

「風をあつめて」の原曲「手紙」は結局ボツになったが
”風をあつめて”というフレーズは捨てられなかった。

「花いちもんめ」
”右手の煙突は黄色い煙をはき、左手の煙突は赤い煙をはく”は
対立しだした大瀧さんと細野さんの関係であるとか。
どうりで”みんな妙におこりっぽいみたい”なんですね。
これを鈴木さんが曲を付けて歌ったのも納得ですなあ。
ちなみに曲は作ったもののコーラス・アレンジに詰まった鈴木さんは
大瀧さんにコーラスを付けて貰ったそうですが
なんと1,2,3番でコーラスが異なっていた!
気づきませんでした。

さて「風をあつめて」ですが
原曲「手紙」で煮詰まっていた細野さんは
レコーディング当日まで曲が完成せず、当日になって曲はようやく完成。
指示が出来ないので大瀧さんと鈴木さんはスタジオには呼ばず
ただドラムだけはいずれにせよ必要という事で
ドラム以外は細野さんというレコーディングになったようです。
とすると、あの印象的なギターやオルガンもその場で作ったんでしょうか。
天才の仕事ですね。
松本さんのドラムも歌に寄り添うようで心地よいです。

しかし良い番組でした。
再放送お願いします。

↓風をあつめながら応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

↓松本さんのこの時代の詞が詰め込まれた「風のくわるてつと」
風のくわるてつと (角川文庫)風のくわるてつと (角川文庫)
(2001/05)
松本 隆

商品詳細を見る
tb: 0 |  cm: 2
go page top

今日の1曲:飛べない空

はっぴいえんどはっぴいえんど
(2009/02/18)
はっぴいえんど

商品詳細を見る

はっぴいえんど”ゆでめん”4曲目「飛べない空」です。

暗く重苦しいサウンドですが歌詞も重い。

嘘で固めた絵画きのぺてん師が
あのへたな空を描いたような気がする


さらに

嘘で固めた母親のぺてん師が
生まれた子供を殺すような
そんな気がする


作詞は細野さん。
いったいどのような心境でこんな詩が書かれたんでしょう

非常にヘヴィーです。

↓ライトに応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

豆知識
ぺてんとは中国で詐欺を意味する言葉が訛ったものなんだって。
tb: 0 |  cm: 4
go page top

風街ろまん ~ はっぴいえんど

風街ろまん風街ろまん
(2009/02/18)
はっぴいえんど

商品詳細を見る

1971年発表。

無人島レコードなんていう言葉があります。
無人島に一枚だけ持ち込めるとしたらどのレコードを持っていくか、
ってことなんですが
わたしはたぶんこの『風街ろまん』にするのだと思います。

理由はまじめに考えてまず言語。
やはり人恋しさからインストものより歌物がよい。
外国語よりは母国語がよい。
という全うな(まじめに考えすぎ?)理由によります。

同じ日本語なら
やはり心に響いてくるものがいいです。
しかしメッセージ・ソングは苦手です。
なにか情景が思い浮かんでくる、そんな詩がいいです。

そうなると
『風街ろまん』
私は田舎者ですがこのアルバムからは
憧れでもあった東京下町的な雰囲気が感じられます。

それぞれの詩が掌編小説になるような世界観を持っているような気がします。
説教くささもメッセージ性もラブ・ソングでもなくひたすら透明です。

松本隆さんの詩は
感性と技巧が互いに補強を行い素晴らしい世界を作り出しています。

そしてここにサウンドとしての魅力が加算されます。

松本さんのドラムの心地よさ。(非常に優れたドラマーです)
動き回ってサウンドを厚くする細野晴臣さんのベース
ロック的なギターからバッキングまで幅広い名演をする鈴木茂さん
ヴォーカルは大瀧詠一さんの陰影あるヴォーカルに
ここでは軽やかな細野さん。さらには鈴木さんも歌っています。

詩も含め名曲満載のこのアルバム。

たぶんこのアルバムを無人島へ持っていきます。

↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

リアルなむさ苦しい男四人のジャケがネックでしょうか。
美しい女性のそれにに替えてしまいましょうか。


tb: 0 |  cm: 2
go page top

今日の1曲:しんしんしん ~ はっぴいえんど

はっぴいえんどはっぴいえんど
(2009/02/18)
はっぴいえんど

商品詳細を見る

アルバム『はっぴいえんど』は
「春よこい」「かくれんぼ」と
大瀧詠一さんのなにやら念が籠もったかのような曲のあと細野さんの「しんしんしん」がきます。

軽快なアコースティック・ギターが印象的ですが
カラッとした中にも湿り気感が感じられるのが
この時期のはっぴいえんどなのかもしれません。

古惚け黄蝕んだ心は
汚れた雪のうえに落ちて
道の端の塵と混じる


大瀧さんに比べフラットな細野さんのヴォーカルが非常に新鮮ですが
しかし特徴的な声ですなあ。



其の時ぼくは見たんだ 
もっと深く韻く何かを
黙りこくった雪が落ちる


↓時期が違いますが応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 2
go page top

今日の1曲:かくれんぼ ~ はっぴいえんど

はっぴいえんどはっぴいえんど
(2009/02/18)
はっぴいえんど

商品詳細を見る

毎度お馴染みはっぴいえんどです。
この「かくれんぼ」ですがこの湿り気感はかなり独特です。

大瀧さんのヴォーカルに寄り添い奏でられるギターがなんともいい味を出しています。



曇った空の浅い夕暮れ
雲を浮かべて煙草をふかす
風はすっかり凪いでしまった
私は熱いお茶を飲んでる


この詩もやはりなんともいえぬ味があります。

お茶を飲んでる、という言葉が繰り返し出てきます。
ロックにお茶、すごい組み合わせですが
もうこの曲では熱いお茶以外の飲み物は考えられませんね。

メロディはそれほど起伏がない分
情感をつたえる大瀧さんの表現力の力量が伝ってきます。
こういった曲は意外にハマります。

↓熱いお茶を飲みながら応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

歪にゆがんだ珈琲茶碗に
余った瞬間が悸いている
私は熱いお茶を飲んでる
tb: 0 |  cm: 4
go page top

今日の1曲:春よこい ~ はっぴいえんど

はっぴいえんどはっぴいえんど
(2009/02/18)
はっぴいえんど

商品詳細を見る

記念すべき、はっぴいえんどのファーストの1曲目
はっぴいえんど臭さぷんぷん漂います。

お正月といえば
炬燵を囲んで
お雑煮を食べながら
歌留多をしていたものです


日本語ロックを追い求めた彼らの素晴らしいこの日本的な感覚。
もうこれ以上ないくらいサウンドと一体化している気がします。
松本隆の詩は非常にユニークです。

大瀧詠一の搾り出すようなヴォーカルに
それに覆いかぶさる鈴木茂の重くけだるいギター。

今聴いてもはっとする何かがありますね。

だけど全てを賭けた
今は唯やってみよう
春が訪れるまで
今は遠くないはず




↓時期外れですが応援よろしくお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 2
go page top

ライヴ!! はっぴいえんど

ライヴ!!はっぴぃえんどライヴ!!はっぴぃえんど
(2000/02/04)
はっぴいえんど

商品詳細を見る

1973年、解散後のライヴのようです。
それじゃなんなんだというと
ブックレットによりますると
”ポップ・シーンにおける新しい潮流としての
「はっぴいえんどファミリー」をデモンストレーションする”だそうです。

CDには収録されていませんが
吉田美奈子・南佳孝・西岡恭蔵・ココナツ・バンクも出ていたようです。
さらには大瀧詠一のソロではコーラスにシュガー・ベイブ!
松本隆はムーンライダース
そして細野晴臣と鈴木茂のキャラメル・ママ。ふぅ。すごく豪勢ですなあ。

そしてはっぴいえんどの演奏ですが
オリジナルでの湿り気感はうすれ
ファンキーな演奏が繰り広げられています。
ここでの松本隆のドラムもすばらしい。
このひとも有能なミュージシャンであったんですなあ。

↓ひとつ豪勢に応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
tb: 0 |  cm: 2
go page top

ゆでめん

はっぴいえんどはっぴいえんど
(2009/02/18)
はっぴいえんど

商品詳細を見る


細野さんがYMO、大瀧さんがロング・バケーションで売れたとき
ラジオ番組で二人は実は・・・といった感じで
はっぴいえんど、及び初期のソロ作品が紹介された。
「春よ来い」「12月の雨の日」にとても惹かれた。
生意気にもロング・バケーションはポップでイカンと思ってしまった。
それだけ凄いエネルギーをこれらの楽曲から感じ取ってしまったのだなあ。
アルバムは細野さんボーカルも多く その後、この声にやられてしまう のであります。

tb: 0 |  cm: 40
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話