FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

西村京太郎『名探偵なんか怖くない』

西村京太郎『名探偵なんか怖くない』




三億円事件で殺人が!? 4大探偵の推理合戦! 「三億円事件を再現し
てお見せしよう」真犯人逮捕のために大富豪が入念に計画した推理ゲー
ム。クイーン、ポワロ、メグレ、明智といった往年の名探偵たちは抜群
の能力を競い合う。だがクリスマス・イヴに予想もしなかった殺人事件
が! 驚天動地のトリックが圧巻の西村ミステリー。


30年か40年前に読んだ作品、その時はエラリー・クイーン、エルキュー
ル・ポアロ、メグレ警部、明智小五郎、これら4人の名探偵の名前は知っ
ていたにしてもそれほど作品は読んではいなかったように思う。
本作はその名探偵が登場するため作中で彼らが解決した事件に言及した
りしてミステリ好きにはたまらない。ネタバレたくさんしているのでそ
こは気を付けた方が良いです。名探偵自らルールに従った犯人でないと
解決できないといったりするところも諧謔的で面白い。

さて内容は日本の金持ちが未解決の3億事件解決のため、もう一度同じ
事件を起こさせ、それを元に名探偵に3億円事件の解決を求めようとす
るもの。途中から殺人事件も起こります。
”驚天動地のトリック”ということはないが練られたミステリで面白い。

巻末の綾辻行人さんとの対談では、本シリーズは売れてない、とぼやく
ところがまた面白い。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
tb: 0 |  cm: 2
go page top

ポールといっしょにおじいさんになろう

今日はポールマッカートニーの誕生日



ポールマッカートニー78歳か!
激しいシャウト、美しいメロディ、マジカルなベースに痺れっぱなし。
今日は在宅勤務なので自由に『Memory Almost Full』から聴きました。
See Your Sunshineのベースはやはりマジカル!

その後フラワーズ・イン・ザ・ダートやオフ・ザ・グラウンドを聴きま
したが、発馬当時はちょっと物足りないと感じたアルバムも時間がたつ
と良さがわかってきたりします。

その次はめったに聴かないライブ盤「バック・イン・ザ・US」
名曲揃いのライブですがあえて取り上げるなら Your Loving Flame
当時の奥さんに捧げたバラードですが離婚しちゃったのでもう歌わない
でしょう。でも、Maybe I'm Amazedと充分比較しうる名曲だと思います。

さて90年代に来日公演をした時の雑誌のレビューで
”ポールといっしょにおじいさんになろう”という見出しがありました。
あれから20年、
ポールはおじいさんになりましたが私もおじいさんに近づいています。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 2
go page top

アビー・ロード

アビイ・ロード
アビイ・ロード

先週ようやく50周年記念盤を購入しました。

リマスターという観点で見ると
『サージェント・ペパーズ』や『ホワイト・アルバム』のような面白み
はあまり感じられませんでした。

あまり劇的な変化はさせなかったのかな。

『アビー・ロード』こそビートルズ、という時を過ぎ、
ここ数年は『ラバー・ソール』『リボルバー』が一番と感じているから
かもしれません。

といいつつしっかり毎日聴いています。

やはりゴールデン・スランバーからの流れで泣いてしまう。

And in the end the love you take
Is equal to the love you make

tb: 0 |  cm: 4
go page top

Only A Northern Song

Only A Northern Song

「オンリー・ア・ノーザン・ソング」は『イエロー・サブマリン』
収録曲でジョージ・ハリソンの作品です。

ノーザンソングスという会社がレノン=マッカート二―作品を管理し
ジョージの曲はハリソングスという会社が管理しています。

レコードへの収録曲数の配分に不満を持つジョージが
いつもノーザンソングスばっかり!って歌ったものだと思っていました。

実は違っていて当時はハリソングスは設立されておらずジョージ作品も
ノーザンソングスで管理されていたようです。
そこでノーザンソングスの株主でもあったジョンとポールと違い、
自分はノーザンソングスの単なる曲の提供者になっている事への皮肉を
込めた歌だったようです。

さて不思議なメロディでサイケ感あふれるこの曲はハマると心地よい。
ここでもまたポールのベースがいい味出しています。

イエロー・サブマリン
イエロー・サブマリン

ジョージ・ハリスンかジョージ・ハリソンか表記で迷いますが
「ハリソングス」がソングに掛けているのでしょうから
”ハリソン”が正しい?
tb: 0 |  cm: 4
go page top

One After 909

レット・イット・ビー
レット・イット・ビー

レット・イット・ビー収録の軽めのロックンロール。
余裕たっぷりにロックしてる、という雰囲気が好き。
ギターはジョンだっけジョージだっけ?
巧いし心地よい。

”One After 909”は
9時9分の次(の電車)の意で
ナインオーナインと読みます。
そこもなんかカッコいい。

tb: 0 |  cm: 2
go page top

Old Brown Shoe

パスト・マスターズ vol.1&2
パスト・マスターズ vol.1&2

ジョージの曲で「ジョンとヨーコのバラード」のB面曲。
全然ビートルズっぽくないところはさすがジョージ。

何といってもあのベースがカッコいい。
弾いてるのポールだよね。
ウィキ情報だとジョージ自ら自分で弾いていると発言したらしい。
(ベース含めアレンジの構想はジョージのようです)

ビートルズ内のジョージ独特の曲ってかなり好きです。
tb: 0 |  cm: 2
go page top

Oh! Darling

Oh! Darling

カッコイイな。ポールの図太い声。
低音の重さも良い。
しかしメロディがしっかりしているところ、
演奏ががっちり決まっているところはさすがビートルズ。

皆、ビートルズ好きな曲ベスト10、には入れないであろうが
かならず心に残っているにちがいない名曲。

アビイ・ロード
アビイ・ロード

ところで『アビーロード50周年記念盤』英国チャート1位のようです

tb: 0 |  cm: 2
go page top

Octopus's Garden

アビイ・ロード
アビイ・ロード

アビイ・ロード収録のリンゴのナンバー、オクトパス・ガーデン。
普通にいい曲ですが、同じリンゴのドント・パス・ミー・バイに比べると
洗練され過ぎていてビートルズっぽくない気もします。

むしろソロでのゴージャスなサウンド路線に近い?
tb: 0 |  cm: 2
go page top

Ob-La-Di, Ob-La-Da

オブラディ、オブラダ。人生は続いていくのよ。

ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)
ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)

ホワイトアルバム収録。

ポールはロックでないという人はこの曲を引き合いに出しますよねえ。

ロックでないかもしれないけれどグッド・ミュージックです。
よくこんな曲作れるなあ。

「みんなの歌」で流れてもおかしくないなあと思っていたら
フォーリーヴス・ヴァージョンで流れていたようです。


あとウィキ情報

小倉久寛のラジオ番組で
「オグラでオグラだ」という番組があったらしい!



tb: 0 |  cm: 2
go page top

Nowhere Man

ラバー・ソウル
ラバー・ソウル

Nowhere Man 邦題「ひとりぼっちのあいつ」

出だしのハーモニーが素晴らしい
曲の進行とともにさらにコーラスは続く。
主メロはジョンだがエラを張って歌ってるイメージが強い。
エンディングのコーラスの音域の広がり具合も好き

そして軽快なリズムがこの曲の魅力をさらに大きくしている。

昔はそんなに思わなかったのですが
最近いい曲だなあとしみじみ思います。
tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話