03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

さてさて今月末ポール日本公演です。

さてさて今月末ポール日本公演です。

↓お願いします。お願いします。お願いします。
「バック・シート」(1971年)


素朴で哀しく美しいメロディで始まり、
立体的なコーラスが盛り上げ
絶叫ヴォーカルで突っ走ります。
ファンならだれもが頷く隠れた名曲ですが、あまりにも隠れすぎ。
皆、泣くと思う。
僕は鼻水流しながら号泣する。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


そわそわ

tb: 0 |  cm: 6
go page top

さてさて今月末ポール日本公演です。

さてさて今月末ポール日本公演です。

↓シングルです。演奏してくれてもいいんじゃないでしょうか
「プレス」(1986年)


後半の盛り上がりが異様に素晴らしい。
ここへきてこのポップさか!

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


そわそわ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

さてさて今月末ポール日本公演です。

さてさて今月末ポール日本公演です。

↓オープニングに希望します。
「ビッグ・バーン・ベッド」(1973年)


ポールだけが作れる曲調です。他にないでしょう!
ズシンとくるベースもポイントです。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


そわそわ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

さてさて今月末ポール日本公演です。

さてさて今月末ポール日本公演です。

↓意外なところでこれをお願いしたい!
「アロウ・スルー・ミー」(1979年)


メロウな曲でもシャウト系のかすれ声が出てくるところがイイ。
これってポールの歌声で大好きな部分です。


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


そわそわ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

明日への願い(It Don't Come Easy)

明日への願い(It Don't Come Easy)は
リンゴ・スター作詞作曲による1971年のリンゴ自身のヒット曲です。

プロデュースをしているのはジョージ・ハリスンです。

ジョージによるデモ音源があったのでご紹介します。


ジョージ節炸裂ですなあ。

何かの新譜時のインタビューで
「一聴してあなたの音楽だとわかりますね」
との問いに
「そう言われるのは嬉しい。今は個性的な音を出す人は少ないからね。」
と答えていたジョージ。

スライド・ギターと声質とこの歌い方。
唯一無二です。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 2
go page top

ポール、武道館でやるようです

4/27、29、30と東京ドーム公演の告知は出たものの
その公演数の少なさから何か仕掛けているとは思っていましたが
4/25(火)に武道館公演が行われるようです。

4/27でチケットを買った人は
”初日”を望んでいた人もいたと思うのでこれはいかがなものか。

”武道館”を目玉にしたこの作戦ですが
正直チケット売れるんでしょうか
私は別に武道館にはこだわらないし、
なにしろ高い。

SS席10万
S席8万
A席6万
B席4万

ポール側というよりプロモーターが価格設定しているんでしょうが
最低で4万っていくらなんでもねえ

私は29日に行きますが1万8千円がかわいく思えてきましたよ。

tb: 0 |  cm: 4
go page top

Matchbox

Matchbox

カール・パーキンスのカバー曲。
1964年シングルで発売。日本ではチャート最高位4位とは驚き。
ボーカルはリンゴ。


やはりこの声。存在感の塊。

パスト・マスターズ vol.1&2
パスト・マスターズ vol.1&2

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

ポール・マッカートニー2017セットリストその3

なんだったら

シングルB面ツアーでもいい。

そしたら

オー・ウーマン、オー・ホワイ
リトル・ウーマン・ラヴ


なんて聴けますなあ!


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

ポール・マッカートニー2017セットリストその2

イエスは名作アルバムをフルで曲順通りに演奏するツアーを行った。
『「こわれもの」「危機」完全再現ツアー』等々。

それにあやかり
『「ラム」
「レッド・ローズ・スピードウェイ」
「バンド・オン・ザ・ラン」完全再現ツアー』
でもいいな。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

ポール・マッカートニー2017セットリストその1

2015年4月27日公演のセットリストをベースにしつつ
勝手に2017来日公演セットリストを想定しました。
定番を外してでも今まで聴いた事のない曲がいい。

オープニング:Frozen Jap
これで気分を盛り上げておきたい。

1.Magical Mystery Tour→Big Barn Bed
やはり1曲目はぶっ飛んでいないとイカンので、
ぜひうなるベースで登場してほしい。
Who you gonna weep on?
who you gonna sleep on?
Who you gonna creep on next?
と一緒に歌おう。

2.Save Us→Girl's School
続けて乗れる曲ということで日本公演記念でこの曲。
はやくもユキさんは失神します。

3.Can't Buy Me Love→What You're Doing
初期ビートルズ枠ならこれでどうでしょう。
I've been waiting here for you の
”here for you” にポール節を感じる

4.Listen to What the Man Said→Jet
他の日はJetだったのを4/27は「あの娘におせっかい」に変えたらしい。
そんなわけでもう一度Jetを聴きたい。

5.Let Me Roll It→Call Me Back Again
ここはあえて定番を外すも似たタイプということでお願いしたい。
Well When I~、ときたら泣いてしまう。

6.Paperback Writer
ベースのハイ・トーンでのピッキングはマストでお願いします。

7.My Valentine→Your Loving Flame
もしかするとなかった事になってるかもしれないが実は名曲。
意味合いは同じの筈です。

8.Nineteen Hundred and Eighty-Five
これはこのまま残していただきたい。

9.The Long and Winding Road→For No One
大定番だがあえて変えてほしい。For No Oneなら過不足なしだ。

10.Maybe I'm Amazed
これはこのまま残していただきたい。というか、これこそすべて。

11.I've Just Seen a Face→Rocky Raccoon
この曲は本当にそろそろきてもいい筈だ。
アコーディオンを従えての演奏希望。

12.We Can Work It Out→Hello Goodbye
これは啓蒙活動として、コーラス時には”ドレミファソラシド”と
モニターに映して欲しい。

13.Another Day→Uncle Albert/Admiral Halsey
ソロ初期の曲ということでこの超絶名曲をお願いします。

14.Hope For The Future→Press
いろもの枠ということで、超ポップながらいろものくさいこの曲を。

15.And I Love Her→Bluebird
アコースティック系でぜひお願いしたい。

16.Blackbird→Mother Nature's Son
そして期待させつつ、これに変更するのはどうでしょう。

17.Here Today→Two Of Us
ジョン枠としてこれはなかなかいい選曲ではないでしょうか。

18.New→Tug of War
せっかくなら80年代ポールで。

19.Queenie Eye→Take It Away
同じ流れで・・・

20.Lady Madonna→Martha My Dear
大うけ間違いなし。ぜひともお願いしたい。

21.All Together Now→You Know My Name
お気楽な曲枠ならこれがいい。

22.Lovely Rita
これは残してもいいなあ。
皆で歌おう。らぶりーりーたあーみたーめー。

23.Eleanor Rigby→Back Seat Of My Car
重厚なコーラスを聴かせるならめくるめくこちらにしてほしい。

24.Being for the Benefit of Mr. Kite!→Savoy Truffle
どうせならジョージの曲をお願いします。
ポールが歌わなくともいいのでかっこいいベースを聴かせてほしい。

25.Something→Ram On
そしてウクレレ持ち出すならこれをやるべきであります。

26.Ob-La-Di, Ob-La-Da→You Won't See Me
明るいビートル・ポップ枠として。

27.Band on the Run
これはこのまま残していただきたい。

28.Back in the U.S.S.R.→One After 909
そろそろ演奏してもいいんではないでしょうか。

29.Let It Be
日本公演なのでぜひ”悪霊島”をモニターに映して欲しい。
私が喜ぶ。

30.Live and Let Die
これはこのまま残していただきたい。
お馴染みの”驚いた”パフォーマンスも。

40.Hey Jude
これはこのまま残していただきたい。
次は男の子だよ、で一緒に歌う。

アンコール1
41.Day Tripper→Helen Wheels
42.Hi, Hi, Hi
43.I Saw Her Standing There→Soily
アンコール1は問答無用の重厚なウィングスのロックでまとめて欲しい。

アンコール2
44.Yesterday→Tommorow
暴動が起きるが一部の人には受ける。それでもよいのではないだろうか。
コード進行同じだからいいじゃないか。

45.Helter Skelter→Morse Moose and the Grey Goose
同じメタリックな味わい。いいと思う。私は。

46.Golden Slumbers / Carry That Weight / The End
ラストはこれで泣く。

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 2
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話