09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

茶の間の自由 ~チャンスも経験もいらない~

ビートルズ プログレ ミステリ 近辺の話題と浅い話を繰り出します

Spiral めくるめく謎

「Spiral めくるめく謎」
Spiral めくるめく謎 ミステリー傑作選 (講談社文庫)

道尾秀介『ケモノ』
石持浅海『駈込み訴え』
乾ルカ『モドル』
澤本等『第四象限の密室』
柄刀一『身代金の使い方』
田中啓文『渋い夢~永見緋太郎の事件簿』
法月綸太郎『しらみつぶしの時計』
薬丸岳『ハートレス』

毎度お馴染み日本推理作家協会編のアンソロジーです。
本作は2008年発表の短編からのセレクトです。

当たりですね。
充実しています。

道尾秀介『ケモノ』・・これは効いた。凄まじい作品です。
法月綸太郎『しらみつぶしの時計』・・ロジック本格。
が超オススメですが、他も良い。

久々にミステリ短編集を読みましたが
うれしくなるほど面白かった。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村




tb: 0 |  cm: 0
go page top

Bluff 騙し合いの夜

『Bluff 騙し合いの夜』
日本推理作家協会編
Bluff 騙し合いの夜 ミステリー傑作選 (講談社文庫)
Bluff 騙し合いの夜 ミステリー傑作選 (講談社文庫)


疑えすべて
一流のミステリー作家たちが仕掛ける、罠、伏線、どんでん返し!

突然二人の男にさらわれ車に乗せられた“わたし”。検問を突破した後、
トランクに閉じ込められそうになるが、そこには誰も身に覚えのない大金
が詰まっていた(伊坂幸太郎「検問」)。
必ず女性の顔を傷つけてからレイプし殺害する“切り裂きタマちゃん”。
特徴的な傷の理由は(曽根圭介「熱帯夜」)。全8編を収録。


2008年発表作品から選ばれたアンソロジーです。

これも傑作ぞろいのアンソロジーでした。
伊坂幸太郎「検問」
曽根圭介「熱帯夜」
沢村凛「前世の因縁」
黒崎緑「見えない猫」
いずれも、どう話が転がっていくかわからない面白さと
それがすうっと形になる時の快感。ミステリの喜びです。

そしてトリッキーな山田深夜「リターンズ」
これはびっくり。面白い。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 0
go page top

Doubt きりのない疑惑

『Doubt きりのない疑惑』
日本推理作家協会編
Doubt きりのない疑惑 ミステリー傑作選 (講談社文庫)
Doubt きりのない疑惑  ミステリー傑作選 (講談社文庫)


十五歳の時、叔父を殺した容疑で逮捕された「元少年」。
少年院を出、姉と姪とでのつましい生活を守ろうと、
職探しに奮闘している。ある日、近所で殺人事件が発生。
少年鑑別所で担当だった男が刑事となってつきまとう…
(薬丸岳『黒い履歴』)。
小説誌15誌と、ミステリーのプロが選んだ豪華短編8編を収録。


『Play 推理遊戯』と同じ2007年発表作品からのセレクトです。

こちらも当たりが多い
黒い履歴……薬丸岳
堂場警部補とこぼれたミルク……蒼井上鷹
選挙トトカルチョ……佐野洋
その日まで……新津きよみ
点と円……西村健
傍聞き……長岡弘樹
辛い飴 永見緋太郎の事件簿……田中啓文
悪い手……逢坂剛

というラインナップです。
「黒い履歴」
重い内容ですが最後は救いがあり読後感は悪くないです。

「選挙トトカルチョ」
話がどう転んでいくのかわからなく不気味な気もしましたが
さすが佐野洋、外しませんね。

「傍聞き」
名作と云われているようですがまさにそうですね。
ミステリのお手本、というような感じ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

Play 推理遊戯

『Play 推理遊戯』
日本推理作家協会編
Play 推理遊戯 ミステリー傑作選 (講談社文庫)
Play 推理遊戯 ミステリー傑作選 (講談社文庫)


「優秀な刑事かどうかテストしてやる」四人の刑事が馴染みのバーで
繰り広げる推理合戦の行方はいかに
(今野敏『薔薇の色』)。
心を閉ざした親友のため高校生たちが破天荒な頭脳戦で勝負
(初野晴『退出ゲーム』)。
あるホームレスの死にまつわる悲しい星座の秘密とは
(法月綸太郎『ギリシャ羊の秘密』)。七編を収録。


昔からあった講談社の日本推理作家協会編のミステリ・アンソロジー。
英語題と副題をつけておしゃれな感じになっていました。

さて本作は2007年に発表された作品からのセレクトだそうです。
面白かった。

大収穫は沢村凛『人事マン』
つまらないタイトルですが中身はいい。
会社員の雇用制度に係ってくるミステリ。
リアルだなあ。これは良かった

黒田研二『はだしの親父』
これもいい。泣けます。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

アリス殺人事件

『アリス殺人事件』
アリス殺人事件: 不思議の国のアリス ミステリーアンソロジー (河出文庫)
アリス殺人事件: 不思議の国のアリス ミステリーアンソロジー (河出文庫)


世界中で愛読される『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』を
テーマに、人気ミステリー作家・有栖川有栖、宮部みゆき、篠田真由美、
柄刀一、山口雅也、北原尚彦が紡ぐ6つの物語。事件から事件へ、
現実と異世界を自在に行き来する、ユーモアと不思議が溢れる
アリスの世界へようこそ。


有栖川有栖、宮部みゆき、篠田真由美のお三方の作品が
通常のミステリにアリスネタを多少まぶしたようなものです。
いってみれば普通の作品ですがしっかり手ごたえがあります。

柄刀一、山口雅也、北原尚彦の作品になってくると
アリスをテーマに遊戯性をアップさせ、
いやがおうにも独自の世界へ連れていってくれます。
ネタバレですがどれかの作品では登場人物がこんなことを言ってます。

わしらは、虚構の人物としては、たぶん史上初めて、論理的に、
作者と読者の存在へ到達したのだからな。


なんとまあ!

同じ「アリス・ミステリ」として同じ河出文庫より下記が出ています。
不思議のアリス ミステリー館



にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 0
go page top

大きな棺の小さな鍵

『大きな棺の小さな鍵』
本格ミステリ作家クラブ
大きな棺の小さな鍵 本格短編ベスト・セレクション (講談社文庫)
大きな棺の小さな鍵 本格短編ベスト・セレクション (講談社文庫)

毎度お馴染みの本シリーズです。
2004年発表の作品からの選定です。

大収穫は

「黄昏時に鬼たちは」(山口雅也)

遊戯として隠れ鬼。テーマとしてひきこもりを題材にした本作は
ミステリとしての驚きも素晴らしいし、
その後の余韻のようなものも良かった。
本作を含む連作短編集があるようですが読んでみたい。

「二つの鍵」(三雲岳斗)
一本の金の鍵と三本の銀の鍵。
金の鍵で施錠すると銀の鍵でしか開けられず、
銀の鍵で施錠すると金の鍵でしか開けられない。
面白そうでしょう。
レオナルド・ダ・ヴィンチが活躍します。

「光る棺の中の白骨」(柄刀一)
溶接された小屋を開けたら白骨死体があった。

評論「密室作法[改定]」(天城一
読まなかった。
何故なら『天城一の密室犯罪学教程』で読んでいたから!
本アンソロジーでの作者メッセージの
57年目にやっと単行本を上梓できて、「宝石」第一期新人(扱)の
面目を保ちました。

とあるのがコレ。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村



tb: 0 |  cm: 0
go page top

不思議の国のアリス ミステリー館

『不思議の国のアリス ミステリー館』
不思議の国のアリス ミステリー館 (河出文庫)
不思議の国のアリス ミステリー館 (河出文庫)


『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』をテーマとして、
7人の作家が紡いだ、傑作ミステリー。
殺人、強盗、ホラー、パロディ、ユーモア…
謎解きと言葉遊びに彩られた迷宮館へようこそ。


本書は2015年に新装版(『不思議の国のアリス』刊行150年企画)
として出版されましたがオリジナルは1988年だそうです。

そんなわけで収録作はこちら。

「死の国のアリス」(海渡英祐)
これはオーソドックスなミステリです。

「アリスの不思議な旅」(石川喬司)
ナンセンスを増幅させたような感じ
  
「鏡の国のアリス」(都筑道夫)
怪奇小説です

「不思議の国の殺人」(邦正彦)
始めた知った作家ですが端正で独特の言葉遣い。
探偵小説芸術論争の時代の人らしい。
内容は理解できないものの味がある。

「方子と末起」(小栗虫太郎)
既読と思われ今回読み飛ばし。
ちらっと見たらとある物理トリックらしき記述があった。

「干からびた犯罪」(中井英夫)
怪奇小説ですが湿り気具合がやはり都筑氏とは違う。

「襲撃」(山田正紀)
犯罪小説です。連作短編『ふしぎの国の犯罪者たち』収録作。
これはいい。ぜひこの連作短編集を見つけ出したい。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村




tb: 0 |  cm: 0
go page top

麺’sミステリー倶楽部

『麺’sミステリー倶楽部』
ミステリー文学資料館編
麺’sミステリー倶楽部 (光文社文庫)
麺’sミステリー倶楽部 (光文社文庫)


ラーメン、蕎麦、うどん、素麺、スパゲッティ―
とにかく麺類が大好きな日本人。
当然、それらに材をとったミステリー小説も数多く、
巨人・乱歩は夜泣きそばの屋台もひいたという。
本書には、名人・古今亭志ん生の落語「探偵うどん」をはじめ、
ミステリー界の人気作家たちが腕によりをかけた逸品を収録。
読めば必ず食べたくなる異色の推理小説アンソロジー。


「探偵うどん」古今亭志ん生


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

tb: 0 |  cm: 2
go page top

オールタイム・ベスト短編ミステリー 赤

『オールタイム・ベスト短編ミステリー 赤』
『このミス』が選ぶ! オールタイム・ベスト短編ミステリー 赤 (宝島社文庫)
『このミス』が選ぶ! オールタイム・ベスト短編ミステリー 赤 (宝島社文庫)


『このミス』選者が選ぶ、珠玉の名作短編アンソロジーが登場!
約100年に及ぶ日本ミステリー史のあらゆる短編の中から、
『このミス』が誇る読書のプロが選んだ十編の名作たちを二分冊で刊行。


ということで第一弾”赤”です。

収録はこちらの太字作品で、残りは”黒”へ収録。

第一位「戻り川心中」(連城三紀彦)
第二位「天狗」(大坪砂男)
第三位「達也が嗤う」(鮎川哲也)
第四位「赤い密室」(鮎川哲也)
第五位「押絵と旅する男」(江戸川乱歩)
第六位「妖婦の宿」(高木彬光)
第七位「桔梗の宿」(連城三紀彦)
第八位「DL2号機事件」(泡坂妻夫)
第九位「第三の時効」(横山秀夫)
第十位「心理試験」(江戸川乱歩)


読んでいなかったのは「妖婦の宿」だけです。
これは探偵作家クラブの犯人あて余興に投じられた作品との事。
神津恭介モノでありいかにも本格短編の切れ味を持った作品でした。

連城三紀彦作品は2編とも最後に事件の様相がひっくり返っていくような
静かに驚いていくさすがの作品。

大乱歩「押絵と旅する男」は幻想譚で珍しく本人も認める作品。
"あれらは、生きておりましたろう"
当初は雑誌連載作品が書けなくて埋め草的に書いた作品だったようです。


泡坂妻夫はお馴染み亜愛一郎シリーズの最初期のもの。
またシリーズを読み返したくなってきます。

ということで確かにこれらはオールタイム級のミステリでした。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

大崎梢リクエスト!本屋さんのアンソロジー

『大崎梢リクエスト!本屋さんのアンソロジー』
大崎梢リクエスト!  本屋さんのアンソロジー


読書家としても知られる大崎梢が、今いちばん読みたいテーマを、いちば
ん読みたい作家たちに「お願い」して作った、夢のようなアンソロジー。
十人の人気作家による書店モチーフの新作短編集。
「本屋さんを舞台に、魅力的な物語を」というリクエストに応えてくれた
のは、飛鳥井千砂、有栖川有栖、乾ルカ、門井慶喜、坂木司、似鳥鶏、
誉田哲也、宮下奈都、吉野万理子の各氏。
大崎さんの新作ももちろん収録。


ということずっと読みたかった一冊です。

巻頭の有栖川有栖さんの『本と謎の日々』はいかにも”日常の謎”的ミス
テリです。本アンソロジーは決してミステリ集ではないのでしょうが結局
物語って何らかの謎を軸としてストーリーを引っ張っていくものなんだな
あと思いました。

この短編集、読む初めから後味の悪い作品なんて出てこないだろう、とい
う安心感もありましたし、舞台が本屋さんというのもうれしい限りです。

普段読まないような甘酸っぱい作品もあったりして面白かったです。これ
はいいアンソロジーです。

ミステリ寄りでなく、また普段よまないような下記が特に新鮮でした。

『モブ君』乾ルカ
『なつかしいひと』宮下奈都
『空の上、空の下』飛鳥井千砂

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村


tb: 0 |  cm: 0
go page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

ありがとうございます

自己との対話